「ほっ」と。キャンペーン

普通な人形町ライフに戻る

ややひと段落。実は重大な編曲1曲と武蔵野の大事な「水車小屋」をかかえています。シューベルトの「美しい水車小屋の娘」はおそらく私にとっては、フランス歌曲のもろもろ、シューマンのリーダークライス等と並んで得意なレパートリーかも。しかし調子に乗ってはいけません(笑)。プロは普段は必ずしも好きな曲を弾いているわけではないから、自分の好きな曲に当たるとつい調子に乗っちゃうんですよね。さ、ひきしめて細心の神経をはりめぐらせて!(笑)

編曲のほうは(笑)、今取り組んでいるのはアニメの世界では「国家にすべき」とまで崇められているAIRの「鳥の詩」です。これにクラシックの香りを出すのが難しいんだなあ(笑)。静かなワルツにしてモダンにするのは可能なんですけどね。でもそれだとかなりイメージが変わってしまうので、少し原曲の感じも残したいかなと思うのですよ。歌をなくしてしまうと「戦場のメリークリスマス」のように、とても東洋的なラインの曲になるので、そのアジアンなテイストとの戦いです(笑)。ムズカシイ。

さてさて二日ほど休むことが出来ました。遊び呆けて(笑)時間にもとらわれず、普通のいつもの人形町ライフに戻った感じです。お昼を時間に食べはぐり、通しでやっている鰻「喜久川」に行きました。今回は蠣殻町、リガーレのほうですね。今日は大きめの鰻の「上」がありました。ダイエットを開始したので(初日で2キロやせた!やった!)、「特上」でなくてもいいかなとこちらを選択。「特上」は「並」の鰻の数が多いだけですから、本来はこの「上」の鰻が美味しいのです。
a0041150_12132910.jpg

ちょっと焦んがりですね。でも美味しい。ここは割とさっぱりしていますが、薄味でもないので私としては許容範囲で通います。ひさしぶりの鰻になりました。満足!やはり鰻は良いですね。

ブログには書くことはありませんでしたが、パン屋さんの「まつむら」。よく行くんです。山田邦子さんも絶賛のとても有名なお店。そしておじいちゃんたちが素敵!イートインもあり大好きなお店なんです。特に大好きだった「こばやし」が「スタッフ全員高齢のため・・・」ということで閉店しちゃいましたから、今は特に大切なお店です。有名すぎるくらい有名ですが、イチ押しは「クリームパン」。他のパンも美味しいですけどね。
a0041150_12141352.jpg

鰻を小さくしましたから、その分でイートインで戴きました。今ではケーキよりも好きかも!です。最近のケーキは凝り過ぎですよ。元祖「焼きそばパン」はまだ食べたことがないです(笑)。

また久しぶりにフレンチの「シェ・アンドレ・ドゥ・サクレアーレ」にも行きました。家族的なフレンチを出す、カジュアルな普段使いの良いお店です。もちろん最高のフレンチを追求するような人には向きませんが、私は嫌いではありません。むしろお気に入り。ただし個人的な好みで、時々メニューの当たりはずれを感じるので慎重にセレクトです(笑)。で、今回は当たり!前より美味しくなったかな?テリーヌ!良いじゃないですか。こういう肉々しいシンプルなのは大好きですね。
a0041150_12145110.jpg

a0041150_12151767.jpg

日替わりは鴨?だったか鳩?だったか、入り口の表記では絶対「鶏」ではなかったと思うのですが、ちょっと鶏っぽい胸肉が出てきましたね。でも大丈夫です。無難に美味しい。この「無難に美味しい」というのがとても大切!かなりな誉め言葉です。日替わりランチだと質を落としたり、フレンチと思えないような種類のメニューだったりと、がっかりさせられることも多いです。並びのフレンチ「プチ・ニース(今はまた名前が違う)」でも、ガッカリしたことが数度ありましたよ。なので、こちら「シェ・アンドレ」のほうは随分工夫されて頑張っているイメージです。また行きますよ!お蕎麦屋さんのほうもね(笑)。けっこう幸せです。
by masa-hilton | 2013-01-23 17:28 | 日々の出来事
<< 音遊人3月号にインタビュー記事! おかげ様で大成功!VIVA!J... >>