マウロ・ペーターさん お客様熱狂!

マウロ・ペーターさんとのコンサートは大成功!水車小屋でこれだけ熱狂されるか?というほど盛り上がりました。ありがとうございました。

全曲終わった時の空気が良かったです。この空気で終われることが、すなわち成功を意味しています。彼は26歳とかそんな年齢。不安のない声。若いから暗譜などの失敗もないし、すばらしい出来でしたね。彼は10年後?15年後?うまく行けばペーター・シュライアーのようになれるかもしれないとプロデューサー氏。既にウィーンやドイツではひっぱりだこで、もう大物ぶりが垣間見られます。

終わった後、客席に沁み渡るこの作品の芸術的な空気とは別に、舞台袖にはいるや即高い声で大笑いして「ビールが飲みたい!」って(笑)、相変わらず明るい人でした。このタフさが良いことですね。「ブラボーブラボー、グレートプレジャー」とはしゃいでほめてくれましたが、息子のような年齢の彼です。大成を心から祈りたいと思います。私はお客さまからも「ますます充実しているね」とほめられ、これも嬉しい。温かく応援して下さっている皆さまのおかげです。年とともに良い演奏をすること、これこそが演奏家の最大のチャレンジですからね、またがんばります。

何となく長かった1月!これからは編曲して(間に合うかな~)、真冬のウィーンに飛びます。あちらでは2月後半のレコーディングのリハーサルもしようと、イタリアとも連絡。3月のレコーディングの準備も片づけて戻って来れれば良いなあ。まずは準備準備~!
by masa-hilton | 2013-01-29 00:48 | 日々の出来事
<< 事務的なこと マウロ・ペーターさんに会う >>