おおおお、無事にこなして福山へ

ずっと「編曲」のことをここで言い続けてきましたが、ついに完成しました。「AIR」のテーマ曲「鳥の詩」、アニメおたく様たちの間では「神曲」「国歌」とも言われている、あの曲です。実に難産だったです(笑)。この前も書きましたが、この曲は「戦場のメリークリスマス」の音楽と同様、何気にメロディーを弾いてしまうと、あまりにもの「和」のテイスト!しかも単純な音パターンの繰り返し、やや強引な転調もあります。これを「洋」に転換するだけでも、かなりの力技ですが、そうではなく、今回の場合は原曲のイメージも活かし「ふくらます編曲」にしたかったわけです。

結果、かなりファンタジックな曲が出来上がりましたよ(笑)!聴いて戴いた方からは「世界観がある」と好評です。良かった!しかし3日の徹夜を要しました。おかげ様でちょっと健康的には良い調子ではありません(笑)。

中で1回鰻は行きました。まあ、いつものことですが。「炙り一徹」!肉厚のジャンボ鰻ですね。「坂東太郎重」なら上品に旨いですが、、今回はそれでなくジャンボ鰻のほうをセレクト。以前戴いた「特上」3800円。ただここは特上だと「中入れ重」になってしまいます。そこは常連の強みですね。「中入れを外出しにして下さい!!」・・・・ううう、他に良い言い方がないのだろうか(笑)・・・・プチR指定、お許しあれ!でも、おおおおお、こうでなくては!!
a0041150_3164344.jpg

「中入れ丼」が「おり重ね丼」となって登場!!やはり外出しに限りますよ(笑)!見た目にこのボリュームが嬉しいんですよね。肉厚ジャンボ鰻重。とっても旨いです!
a0041150_31963.jpg

さすがに大鰻!ここまで厚く大きいと「鰻臭い」ですね(笑)!もちろん許容範囲であるばかりか大好きです。しかし普段、お行儀よく「野田岩」なんかで、高級だけどパサっとした奴を食べている人は気絶しますね。私は幸せ。昔、水前寺清子さんは歌いました。「幸せは歩いて来ない、だから歩いて行くんだよ」・・・・「炙り一徹」から歩いて行くと「銀座ウェスト」!ここのシュークリームやエクレアもお気に入り。

店内は昔ながらの「名曲喫茶」風。クラシックが流れる、昔セレブな客層・・・・・何となく今もそんな感じ。とにかく女性比率の高いお店です。
a0041150_3201578.jpg

でもね、このシュークリームは男が好きなタイプの物です。隙間なく美味しいカスタードがギッシリ!これがホント旨い!
a0041150_3225553.jpg

あわただしい中、とても幸せな時間でした。銀座が近くて良かった!

とにかく!!編曲が出来ました。あわてて2月のレコーディングの曲を仕上げてまた旅支度。今月はまた曲もいっぱい抱えているし、事務作業も多いし大変。まずは目の前のことからですよ。今日は福山に移動です。明日の夕方からリハーサルなのでね、移動は明日でも良かったのでは?と思いつつ(笑)。

新幹線では「ての字」制作の鰻弁当1900円。まあまあでしょう。ま、物足らないとも言えるけど(笑)、他の不味い弁当に比べれば「ての字、御の字」(笑)、タレをかけて!いっただきま~~す!
a0041150_3261958.jpg

食べたあとは新幹線で爆睡!大地震の夢を見て目が覚めましたが、新幹線の「揺れ」でした(笑)。そして福山、ニューキャッスルホテルに入りました。また明日から朝カレーですわな。お部屋の窓からちょうどお城が良い感じに見えます。
a0041150_3271427.jpg

夜は前回、さんざんいろんな事を言って仲良くなってしまった「モンドヴィーノ・ソシアル・クラブ」へ。このお店、表参道にあったら絶対有名店間違いなしの「こだわり」と「お洒落」が同居するお店。イタリアンですが創作イタリアンというか、イタリアン風味のフレンチの様な・・・・・その辺りが前回ちょっと私は苦手感があったのでした。今回はイタリアチックにやりますよ!とのことで楽しみ。大体腕が良いから凝り過ぎる傾向があるわけだけど、それでいて上品な気を遣った感じのお味!とても面白い。

前回もそうでしたね。まずはガラスの大変美しいお皿で、前菜にあたる「ミニコース」が出されます。
a0041150_334438.jpg

そのガラスの下にはメダカが2匹泳いでます。地元に人には大好評だそうです。本日のメダカ君たちは仲が悪く、アグレッシヴにバシャバシャ、大暴れしてました(笑)。
a0041150_3343312.jpg

まずは「ボウズイカ」。ガーリックとオリーブオイルを使った定番の味ですが、上品で薄い感じ(笑)。もっとお味が強くても良いと思いますが、十分に美味しいです。素材は最高ですね。味つけは「女性客へのウケ」を考慮してあるのでしょうね。続くは「焼き牡蠣」。燻製の香りがしてビックリ。エスカルゴ風ではなく酸味もあって独特です。さすがに「牡蠣」の品質が違いますよね。プックリしていてミルキー!これは文句なしに旨いです。
a0041150_337186.jpg

a0041150_3373844.jpg

次は豆粒のように小さなものが並びます。あはは、何だこりゃ。真ん中に「トリッパ」があって、これをピンセットを使って自分で「パニーニ」を作ってくださいだって。
a0041150_3384825.jpg

完成がこちら(笑)。
a0041150_3394893.jpg

これ、美味しいし面白いけど、この「トリッパ」自体がとても良いものなので、もったいないかも。ワタシは普通にトマト味で大量に食べたいぞ!

ガラス皿のコースのデザートは「リコッタチーズ」に蜂蜜などをかけて。上品すぎるほどに美味しいチーズ。チーズ臭さを感じさせない心遣いがウケているのだろうけど、私などはもっとチーズ臭いものが良い(笑)。いずれにしても間違いなく美味しい。とても繊細な仕事です。
a0041150_3405038.jpg

「リコッタチーズだとプロシュートが食べたくなるね」と言うと、すぐ出してくれました。パルマ産のすっごい旨い奴ですよ。ここまで美味しく戴いたけど、このプロシュートとリコッタと美味しいジャムだけでも十分満足できるかも(笑)、もともとイタリアンってそんな感じですよね。
a0041150_3411565.jpg

さてこちらは個性的なパンも注目。今回、手前はイカスミを使ったパン。臭みがゼロの面白いテイスト。気に入りました。前回の「芋」パンも良かったですけどね。
a0041150_3433785.jpg

うるさい私が来ると言うことで(笑)、お店も色々考えてくれていました。でも「今回のメインは蝦夷鹿、お魚は今季節の・・・・・」と説明が始まったので、「お魚はいらないのでパスタ3種類とかにしてもらえない?」とお願いした(笑)。だってさ~!きっと面白いものが出てくるに違いないですよ(笑)。

最初は「白アスパラのビスマルク風」。「白アスパラ」の大変良い素材のものに目玉焼き風に卵をのせ、黒トリュフをふりかけている。ちょっとあっさりし過ぎ?ま、「白アスパラ」の風味を楽しむと言うことで。白アスパラはとても美味しいですね。味つけはカルボナーラ風にしたり、からすみをふりかけたりすれば、それはそれなりに良いでしょうね。
a0041150_3474228.jpg

第1のパスタは「白インゲン豆」を使ってぺペロンチーノ風味の平打ちパスタ。え?全然ぺペロンチーノ風ではないよ(笑)。強いお味は女性が嫌うんだそうな・・・・そうなんだ。地方だからかな~?なんせ豆の印象が強い感じのパスタ。でも、これを「ぺペロンチーノ」とさえ言わなきゃ、わからないまま美味しく戴いたですね(笑)。
a0041150_349419.jpg

第2のパスタはリガトーニ、ホロホロ鳥の白いミートソース。これ旨い!!本日のベスト!最高だね~。これ毎日でも良いなあ。第1のパスタとバランスを考えて強いテイストのもの。上品であってもイタリアンだからこういう明快でかつ香りの高い、「パスタを食べた」満足感のあるものを戴きたい。思わず「旨い!」と叫んでしまった。
a0041150_3493045.jpg

第3のパスタは、ラグーソースのパッパルデッレ。コッテリとしたイノシシ肉です。この店には珍しく味が濃い。でもそれを和らげるようにレモン風味のオイルが敷いてある。これは技あり!ここまで美味しいイノシシは滅多にないかもね、レモン風味になってしまうのが残念なくらいです。手の入れ具合がとても細やか。
a0041150_3504120.jpg

メインは鹿肉。私のリクエスト通りポルト・ソースにしてくれました。好みの味よりは辛口。お肉も私が好きな「イル・バンボリーノ」の柔らかな肉よりは、しっかりした食感でしたが、もちろん美味しい。
a0041150_3512292.jpg

と、ここで気がついたのですが、私はこうした獣の肉が平気なんですけど、苦手な人も多いわけで。だから「濃い味」か「辛口」にしてあるんですね。地元の、常連のお客さま第一!の工夫ですね。私のようなビジターにも、これだけ合わせてくれる店ですから。オープン2年ということ、とても応援してます!また来ます!

さて明日は午前はフリーなんだよな(笑)。練習したいところですけど、ピアニストは旅先ではそれが出来ないわけで。お城でも見に行く?それとも寝るか?
by masa-hilton | 2013-02-17 03:56 | 日々の出来事
<< 福山 2日目! 無事帰国いたしました! >>