レコーディング、あと3曲

3日間のレコーディング・セッション。2日終わって最終日に3曲残すのみになりました。良いペースめでたしめでたし!これがピアニストだと、明日は朝からやって午前中であげて、明日中に帰ることを考えますが、歌手だと逆!ゆっくり起きて午後からのんびり、さらにゆっくり(笑)。まあそんなもんです。

福山3日目がレコーディング初日。朝は早めに起きてニューキャッスルホテルの「朝カレー」戴きました。おおお、またしても!具がありません(笑)。多分「お客さんが多く、食べられてしまった」と考えるのが筋でしょう。でもやはりコクが足らないような気も。オムレツは運良く女性のシェフ!彼女だけが美味しいオムレツを焼ける人でしたね。美味しいチーズオムレツ!ありがとう!
a0041150_251508.jpg

リーデンローズの小ホールは響きはOKでした。いいですね!これなら無事に行くでしょう。ただピアノが古すぎ。50年もたったものにオーバーホールを重ねていて、きっと「古いほうが味があって良い」というご意見をどなたかが持っているのでしょうね。実際はそれは間違いです。どんなに整形手術をしてパーツを変えて、80歳のお婆さんを30歳の女性によみがえらせても、子供は産めないのです。ピアノも輝きを失いモノクロームな感じになります。でも弾き方を工夫すれば大丈夫ですし、確かに「こういう音が好きだ!」という人がいるのも事実(笑)。さ!がんばろうぜ!この程度のことはまだまだ楽勝の部類です。
a0041150_2522352.jpg

歌手の人は声が命です。そして声は生身。レコーディングは連続でやりますので、休憩をどう使うかが大切です!そんな楽屋にはお弁当の山!お菓子の山!楽譜の山(笑)!まずはお弁当!
a0041150_2525945.jpg

差し入れに「海苔巻き」があって、異常に長い。海苔巻きというか海老巻きというか。まさか1本に1匹だけではないですよね。
a0041150_2532688.jpg

どれだけ長いかと言うと、斜めになったあなご鮨、5貫分ナリ!!
a0041150_254837.jpg

そんなこんなで夜遅くまで、ゆっくりやりました。だから夜ごはんはそこそこに、サササと。となると昨日も行った「いろはのゐ」でしょうか?便利ですね。ただ今回は以前のように楽しいメニューはなかったです。ちょっと残念。「ちイカの天麩羅」、「やりイカの刺身」、「アカニシ貝のお造り」、「カキフライ」。
a0041150_2544497.jpg

a0041150_2591023.jpg

a0041150_2592952.jpg

a0041150_2593247.jpg

「ちイカの天麩羅」は身が小さい分だけ衣のサクサク感が目立ち、酒の肴かな?って感じ。ヤリイカは博多のようなものではなく普通です(笑)、これこそ天麩羅にしてもらえば良かったかもだ。「アカニシ」はGOODです。「カキフライ」も美味しい牡蠣だったけど、その場で最初から作った感がしないのは飲み屋だから仕方ないかな。でも全てにもたれなかったし大丈夫。3000円弱だから、東京で食べる2割安ぐらい?もっと?まずまずでしょう。

レコーディング2日目、すなわち今日ですが、昼からスタート。朝カレーはパスで寝ました(笑)。というのはパソコン持参でパート譜作りとか、次の仕事を朝方までやっています。寝たのは6時です。私は実は働き者なんです(笑)。

11時近くに起きて、11時半にこれも昨日行った駅ナカのお蕎麦屋さん「大市」に行って、気になっていた「特上鰻重」と「牡蠣蕎麦」をいっしょに戴きました(笑)。これはセットではありません。単品注文です。もちろん量のほうは調節してもらって、いかにもセット風に同じお盆に。
a0041150_324132.jpg

「鰻」はさすがに東京のようではなく、焼き過ぎた感じの南日本の苦手なアレです。おまけに山椒がたっぷりかかっていて。で、隣の人も食べていましたよ。「俺、ここの鰻が好きで」とか言っていました(笑)。本当に美味しい鰻に出会ったときに、この人はどういう反応をするのでしょうか?

本物を知っているというのは運の良いことであり、親に感謝すべき事なり・・・・・誰の言葉だったかな?とりあえず「にゃんこ先生・語録」(笑)

ラ・カンパネラを抒情的な曲だと思って愛聴している人とか、外国人で腕に漢字で「足」とか「魚」とか刺青している人(笑)・・・・人の好みは自由です。私だって変な物の1つや2つ(笑)。私の大好きな鰻にしたって、いわゆる食通の人が絶賛するのと違いますし(笑)。この「大市」さんの「鰻特上」に関しては、佃煮のようではあるけどお味は甘すぎず、ギリギリ悪くはなかった。2000円は高いか?駅弁を考えれば許せる?「牡蠣蕎麦」はプリプリ牡蠣が多くはいっていて良いのですが、お汁が関西風!讃岐うどん風?でした。牡蠣のエキスが溶け込んで美味しくはありますが、江戸っ子には耐えられません(笑)。1000円足らずでリーズナブル!でも「大市」は絶対「冷たいお蕎麦!」ということで(笑)。冷たいのはお江戸風なんですよね、面白いですね。実は変な店なのかも~~ちょっと好きです(笑)。

録音も2日目になって来ると歌手のかたは体力勝負!何せ生声のオペラですから、声が枯れて森進一のようになったらオシマイです。自己管理!これも芸のうち!無事終了して、やはり夜ごはんが・・・・・ということでホテル内のフレンチ「ロジェ」に。ここは以前、昼に行ってブログに書けないくらい驚愕したので、恐る恐るでしたが・・・・やはり驚愕かな(笑)。ごめんなさい。フレンチ?って何?「ほぼステーキしかない」メニュー?! それにお高い!5000円からみたいな!やむを得ず数少ないアラカルトから「フォアグラのソテー」と「本日のお魚」2品だけを注文しました。
a0041150_393523.jpg

a0041150_355511.jpg

フレッシュなフォアグラは無理なんでしょう。注文する人も少ないのでしょうし、結婚式用のストックも必要です。でもこれで単品4000円は悲しいほどにもったいない(笑)。お魚は「ほうぼう」「ほたて」あとは手長海老をパイ生地にくるんだもの。お味はとても平凡ですが、「ほうぼう」のポアレは素材的に美味しかった。これで良しとしましょうか。「お料理はいかがでしたか?」と聞かれてマジ困った。「ありがとう」だけ言って失礼しました。個人経営の東京の店じゃないから、つぶれることもないですし、何か言ったところで諸事情で改善も難しいと推察したからです。お気に入りのホテルですから、ホントはがんばって欲しいところです。

さあ、あと3曲!油断しないで行きましょう!と言いつつ、現時刻、まだパート譜作りの最中!左手にあるコンビニのチキンライスのオニギリが旨い(笑)!
by masa-hilton | 2013-02-20 03:17 | 日々の出来事
<< 東京帰還しました! 福山 2日目! >>