「ほっ」と。キャンペーン

高松に行ってきました、以後おこもり(笑)

ブログなんか書いている場合ではありません。譜読み、暗号のような手書きの楽譜の。ああ、時間がかかる。閉じこもり状態ですが、そうはいっても用があって外出はしますからね。時間がないよ~~。ちょっとつまんないし。だって近眼老眼!そりゃ疲れるわ、白旗(笑)。

その前に高松に行ってきたのです。前日にちょっと美味しそうなお店に行きました。管理人さんが見つけたのですが神田「伊勢」の支店の「伊勢ろく」。上野御徒町にあります。お昼しか行っていませんが焼鳥屋。マスコミにも出演多数のお店です。お昼は「親子丼」。珍しいほうの「鶏モツ丼」のほうを戴きました。濃くて甘い・・・・と連想したよりは上品な感じでしたが十分です。卵トロトロ、「モツ丼」にして正解。モツのお味、質が良いですね。味もよろしいです。
a0041150_3154622.jpg

でも美味しいのはこのかかっている卵と鶏の部分だけ。あとは?です。お汁もお新香も全く風味もなく(笑)。でも安いから仕方がないですね。750円とかでした。鶏肉を倍にも出来ますね。次回はそれだな。夜の「鶏のすき焼」にも挑戦したいですね。

ちょっと物足りないから、上野広小路から脚を延ばして、日本橋三越のクラブ・ハリエに行きました。時間も悪かったですけど混んでいましたね。アルバイトの女子たちの仕事ののんびりしたこと、昔はもっとテキパキしてたような。パワハラだの体罰だのと、教えるほうがビクビクやらざるを得ないから、この手の人間が増えるでしょうね。これからの人生、イライラしないように生きるためには我々の世代、修練が必要ですなあ。多分ムリ。
a0041150_3174911.jpg

お味は美味しい。バウムクーヘンふわふわり~、文句なしです。

夜は何を食べるか迷って「イル・バンボリーノ」にしました前回いろいろ頑張ってくれて、本当に美味しかったよね。今日は「馬肉のタルタル」!おおお、旨い!目が覚めました!
a0041150_3185354.jpg

前回も魚のタルタルを3種も作ってくれたけど、あれは超旨かった。こちらは生肉の喜び。アクセントもあって良いお味です。ここのシェフは本当に腕が良いのだけど、これからは「タルタル王」と呼ぼう!!日本一のタルタル王!では王様、次は「海老とパンチェッタのピザ」「ペペロンチーノ」をお願いします。
a0041150_3194154.jpg

a0041150_320666.jpg

あっと、少し炭水カブティーだったかな(笑)。このピザも以前私が特注したものです。今度お店のメニューに載せるって!美味しいものね。少し貢献できてうれしいです。「ぺペロンチーノ」も特注で本式。パンチェッタとオリーブオイルとガーリックの強いお味!こうでなければ!美味しいかった。すばらしい!

そしてこの翌日が高松のレッスンでした。皆さんホントに上達されてました。幹事のUさん!今回上手になっていましたね(笑)!そのぐらい弾ければ、私のまわりのピアノの先生おばさまの中では1番上手い!ピアノはちゃんと正しき道を努力し続けること!継続は力なりですね。他の人もドンドン弾けるようになってますね。そのまま外国に行ったらどこの学校でもバッチリ入るだろうし、先生たちにも喜ばれるだろうし、国際コンクールだってはいるだろうに・・・・と思える人も。でも高松でのんびり暮らし続ける様子だし(笑)。もったいないような意味がわからないような。それも幸せかもしれないような。

最近レッスンすると疲れるんだよね。編曲とかがあって睡眠が2時間みたいな生活がずっと続いているからね。それに普段レッスンしてないから、人のを聴くのがまず疲れる。でも今回は安心&楽チンのレッスンでした!ありがとうございました(笑)。

さ、ご飯のほうは、いつもの選択肢。外国に行った後だし、福山はイタリアン三昧だったので「鳴門水産」で良いでしょう。ドカーン!!
a0041150_3211658.jpg

お、今日は新鮮だ。ハマチなんかもプリップリ。大漁盛りも楽しいですよね。いつもこのぐらい活きが良いといいなあ。けっこう満足です!
a0041150_3221873.jpg

a0041150_3224333.jpg

天麩羅も最善ではないけど十分です。何しろ、もたれることがないので良いです。コーヒーも飲めるし。

夜は夜で日曜だったし、外出せず、ホテル・クレメント内の食べられる所に行きました。面倒臭くてね~。前は中華が大丈夫だったのだけど最近美味しくない!上階のイタリアン、バーのような雰囲気の「フィオーレ」、こちらの宿泊者コースが割と良かったような。で、これにしました。
a0041150_326452.jpg

a0041150_3263249.jpg

a0041150_327387.jpg

a0041150_3274533.jpg

a0041150_3282650.jpg

3種のマリネとキッシュの前菜、ミネストローネ・スープ、鶏肉とトマトのパスタ、ヒレステーキ、プリンのデザート。特別に何かというのものではないけれど、想像通りのスタンダードな「普通に美味しい」という言葉がピッタリのもの。3000円とかだし、ええやないか?言ってみれば、美味しいファミレスの上級編のような。でも普段嫌いなキッシュなどもけっこう美味しく戴けるから、なかなかですよ。今回はお肉はレアでお願いできましたし。良かった。

高松二日目は、パソコン持ち歩いているせいで夜中ずっと部屋で仕事してしまって、朝起きられずにプチ遅刻。イカンね。朝ご飯は食べはぐりです。だからっていうわけじゃないけれど、お昼は「美味しくなくても良いから近所にする」とレッスン会場最寄りの鮨屋に行きました。寿司「さとし」。常連さんがメニューにないものを食べているぞ(笑)。そういうワガママがきくの好きだなあ。とりあえず様子見で「贅沢御膳」みたいなのを戴きます。
a0041150_330247.jpg

白身の刺身は3種、旨い。旨いけど何となく全てが小ぶりな感じですね。もっとデカネタであればさらに旨いのになあ。ま、仕方がない、値段のこともある。タコの酢の物も、タコは十分に新鮮。こちらは身も大きい(笑)。あはは、鮨屋だもんね(笑)、新鮮さはあたり前。ちゃんと生け簀もありました。天麩羅も何となく小ぶりだった(笑)けれど「イイダコ」の天麩羅とか旨い。印象的には悪くない。やはり常連になれば美味しいものが食べられそうだね。
a0041150_3311117.jpg

a0041150_3313458.jpg

a0041150_3315911.jpg

これにチラシ鮨がつきます。チラシでは「イカ」が旨かった。けれど私にはちょっと寂しいかなあ。
a0041150_3324066.jpg

大将は若く、とても感じの良い人で、いろいろとお話が出来ます。「うまづらハギの造りはいくら?」「4000円ぐらいかな」「赤貝は?」「2000円から2500円」「じゃお願い」という感じで出てきたのがコレ。
a0041150_3332368.jpg

ちゃんと活きてる貝からやってくれて美味しい。けれど小ぶりだよね(笑)。普段日本橋でネタが大きい旨いのを食べているからね。もしかしたら、高くならないようにしてくれたのかな?「牡蠣フライとかもできるよ、何でもできる」というので(笑)牡蠣も。これも小粒(笑)。さすがに福山の「モンドヴィーノ」のような牡蠣は出てきません。でもお味は大丈夫。
a0041150_3341910.jpg

最後にあなごを握ってもらう。この辺りだと「蒸し」ではなく「焼き」になるんだそうだ。「ツメ」じゃなくて「タレ」をつけて焼く。広島で戴くアナゴ丼みたいなテイストだね。
a0041150_3372359.jpg

日替わりランチは600円の世界だったけど、6000円以上になった。コーヒーも頼めて結構美味しい。今日は最初だったけど、いろいろお願いすればきっと好みのものを出してくれるようになるだろうお店。アットホームだし良いね。また来ます。高松でも、これからは楽しい店を発掘して行こう。

さあてと、そんなこんなで、今日もこれから仕事の山ですよ。あ~~眠いです。
by masa-hilton | 2013-02-27 03:38 | 日々の出来事
<< おこもり続行中 東京帰還しました! >>