笑われましたが

結構北のミサイルを気にしていると、笑われちゃったんですけど。天気が悪くても、私だけは会場に行きつけるのも、この危機管理能力のおかげ?かな。まだ心配はしてますよ。「じゃ、何か最後の晩餐は食べたの?」と言われたので、サササとリガーレのほうの「喜久川」に行って「特」3600円を戴く。ここは気に入ってはいるのですが、時々ムラがあるんですよ。頼むよ、今日は焦がさないでくれ~。
a0041150_4245472.jpg

おお、大丈夫、美味しいです(笑)。ちょっとコンガリだったけど。夜お客さん私一人?みたいな。そう言えば人形町、けっこう空いてますね。

鰻は実は珍しく久しぶりだったのです。ほとんど禁断症状で頭がおかしくなってました。この前食べたのは1週間前です。1週間も!!その週はまずは手軽に「鮒忠」の丼ぶり、これに「鰻の肝」をつけました。これで2000円だから、とてもリーズナブル。もちろん鰻は小さいですけどね。だから、とついでに「牡蠣フライ」も食べたけれど、これは多すぎた(笑)。
a0041150_4261710.jpg

a0041150_4265458.jpg

そのあと1日置いて上野松坂屋の「銀座鳴門」ではじめて丼ぶりのほうを食べてみました。お重だと3000円ですが、丼ぶりだと2300円、期待しなかったのですが意外に大丈夫!お手軽に戴くならやはりここです。
a0041150_4283429.jpg

最近のお重のほうも美味しくなったし安くなったし、よく通っています。ところがここから1週間あいてしまった。この間何をしていたのかな?というと何をしてたんでしょ?

あ、そうだ!肉三昧だった。いっぱいお肉を戴きたくて、また行きましたよ、「新日本焼肉党」。なぜかこのご時世で生肉を出す焼肉屋。ユッケもあります!ここは大のお気に入り。皆さんもそうらしく、混んでいます(笑)。今回はランチ。まずはちょっと食べてみたかった「牛カツ」。
a0041150_431484.jpg

ナマっぽい肉!焼肉屋のカツです。悪くはない!ボリュームもあるし!好みとしてはデミグラスソースが多いかな。注文を受けて「揚げた」というよりは「焼いた」ような(笑)。鉄板だしね。ちょっとジャンキーだけど好き。とてもお安いし。そして焼肉のランチプレート。お肉が2種のっています。
a0041150_4332590.jpg

a0041150_4335749.jpg

さすがにこちらは旨い!お肉の量で値段が変わる。多めにしてもらって1300円。これはゴキゲンですね。また来ます。ここは最近のアタリの店!毎日でも良いですな~。

お肉と言えばステーキの「仁」さん。調律をかねてヤマハの皆さんがいらして下さったので、お店に頼んで大好きな「仁コース」を出して戴いた。懐かしのお味がするフォアグラソテー、伊勢海老のマヨネーズ焼、そしてお肉と強烈ガーリックライス!こうでなくては!ね!いつもの味に大満足!
a0041150_4355495.jpg

a0041150_4362454.jpg

a0041150_437387.jpg

a0041150_439291.jpg

食後は「つくし」に行って人形町プリン!これが定番!いつもの流れ。ゴールデンプリンみつ豆!ですね。
a0041150_441322.jpg

これもいつもながら旨い!ゴキゲンですね。あと最近のお気に入りは銀座「岡半」のビーフシチューです。再訪してみました。面白いことにこんな美味しいのに「ビーフシチュー」、誰も食べていませんね。焼いたお肉は薄いし、ヒレはヒレで貧弱な気がするのに。ま、ランチだから仕方がないと思うのです。そこへ行くとこのビーフシチューはお肉も厚いし、とにかくお味が良い!大好きです。これを食べないのはどうかしている。
a0041150_4444173.jpg

a0041150_4452052.jpg

2500円!お得だと思いますね。セットですし。管理人さんも絶賛していました。ところで今月は「太田鮨」さんが再開されるというお話でした。一日も早い全快をお祈りしています。去年の暮れ以来ですよね、大変なことです。便宜的に行っていた「三崎丸」も美味しいときもありましたよ。
a0041150_4462554.jpg

a0041150_4465649.jpg

a0041150_4485620.jpg

生ニシン、ナマゲソ、その日のオススメのネタは大丈夫。普通にあるレギュラーの鯛などはやはり良くないです。アジは職人さんによっては美味しいです。いずれにしても、お寿司に関してはランチやセットではダメですよね~。全く満足できません。

で、ホントにミサイル来るんですかね?とりあえずは鰻の食べ溜めでもしますか。まったくもう。
by masa-hilton | 2013-04-12 05:05 | 趣味&グルメ
<< 広島へ 4月13日はひろしま美術館 >>