福山に泊まれば

またまたこの写真ですね(笑)。
a0041150_4314485.jpg

あはは、毎度でございます。しつこいっ!たらありゃしないでしょ?ニュー・キャッスルホテルの朝ご飯、朝カレーです。けっこう好きなんです。「偏食ピアニスト」ですから仕方がありません、お付き合いください。

今回の朝カレーはとてもコクがあって美味しいですが、具が何も残ってなかった(笑)。具なしカレーです。となりにチーズオムレツを頼んでいるということは・・・・・そうです、シェフは女性。何回も書いているように、彼女以外の人の作るやつは残念ながらNG。

実は大坂での加羽沢美濃さんとのデュオの、ちょっと見づらい楽譜があって、毎日深夜まで楽譜を作り直しています。相変わらず夜遅い。でもリハーサルは夕方なので、たっぷり寝られました。逆にたっぷり寝たから、今全然眠くない(笑)。チョイ参りました。空調があまり良くなく、のどが乾燥してむずがゆく咳が出ちゃう。本番は良い調子でトークできると良いけど。

そんなこんなで昼過ぎまで二度寝して、ランチは「いろはのゐ」。こちらも地味にお気に入りな店です。寿司ランチ980円、前回も戴きました。少し見た目は冴えない感じですが、これ結構美味しいんですよ。魚は新鮮だし、酢飯のお味もよい。サバも美味しかった。若いスタッフがきびきび働いているのも良いですね。東京の飲み屋チェーンみたいなよどんだ空気はないです。
a0041150_4341791.jpg

お味噌汁も、茶碗蒸しも定食のサイドで地味な感じですが、ぞんざいなものではなく、美味しく戴けますね。小鰯の天麩羅も美味しかった!しいて言えば寿司ネタが「やや薄切り」ではあるものの、味は良いし、この値段としては十分でしょう。質は良いしいつも楽しみ。

練習はあっという間に終わってしまい、本番用のテンションはなし(笑)。より楽しくスリリングな舞台が作れそうです。よかったよかった!

夜はいつものお気に入りのイタリアン「モンドヴィーノ・ソシアル・クラブ」に。毎回凝ったお料理が出される楽しいお店。今回のコースはこのときと似ています。というか、コースのメニューは大体決まってしまっているのですね、ちょっと意外な感じがしました。ご存じメダカのお皿(笑)。私は楽しくて好きなんですけど、東京の女性陣に聞けば料理の清潔さを損なうと評判がよろしくない。ホントに人の好みは色々ですね。メダカは元気で大暴れしていました。
a0041150_435542.jpg

まずは1の前菜はミニ・フルコース。生ハムメロンをイメージし、プロシュートとメロンのジュレにリコッタチーズ。リコッタチーズのせいでやや甘い感じになっていて、複雑なババロアケーキ風。プロシュートがちょっともったいない感じ。魚は「みる貝」を使ってキャビアなどとの繊細なハーモニー。こちらのほうが好き!美味しい!ただしこれはもうフレンチですね。次は「子牛のミラノ風カツレツ」をミニサイズで。これは脂っこさもなくカラッとしていて文句なし。スタイルとしては邪道ですが、とても上手です(笑)。フルーツソースやタルタルでも食べてみたいですね~ますます邪道ですが(笑)。とにかく質の良さを感じさせます。ブルーチーズのアイスクリームで前菜コースは終わります。
a0041150_4381295.jpg

a0041150_4391296.jpg

a0041150_4401961.jpg

a0041150_4411395.jpg

次が前菜2で、これがメインの前菜になります。以前も戴いた温泉卵風なトリュフとカプチーノのソースの味付けが個性的なアレ(笑)。これは苦手です(笑)。ごめんなさい。私は普通にテリーヌがずっと良い。何しろとても複雑なテイスト。卵と巣のイメージは面白いですけど。
a0041150_4441831.jpg

a0041150_4464497.jpg

次は私の好みのものがでてきました!良かった。何度も戴いている、マイタケのピューレーにフォアグラとホロホロ鳥の肉をあしらった前菜。スープ仕立てに見せています。これもフレンチの一皿のようですが、濃厚な味わいはとても素晴らしい。美味しい!毎日でも良いです。

パスタは魚介類のもの。オマール海老、ホタテがつかわれていて、こちらは強いテイストながら、強烈なガーリックなどはないから、とてもサラッとしていますね。タリオリーニとの合わせもの、素材を活かしたもののせいか、とても日本人的なテイスト。上品。
a0041150_4554586.jpg

お魚はさわら。火山灰隠し味に使うという(笑)またまた複雑なお料理。ウニと合わせてあります。いつもはこのお魚をスキップしてパスタを2種戴いていましたが、今回は食べてみました。これもフレンチのお味ですね。凝っている割には平均的なお味で、食べやすいです。そしてメインは牛フィレですが、炭をつかってコーティング、苦味が飛ぶほど炭化させてトロ火でゆったりと焼いたもの。これはお気に入りです。メチャ旨いです。ただ灰とか炭は、美味しくても基本的には発がん物質なのでたくさんは戴けませんよね。ちょっと残念ですが、お肉もっと食べたい(笑)。いつもお魚スキップするのは、そんなことも考えてです。
a0041150_521613.jpg

a0041150_4583955.jpg

デザートもいつものものでした。チョコやひきたてのコーヒーやアイスなどで、気がつくとティラミスの味になっているという技ありのものです。
a0041150_552186.jpg

相変わらずのお料理で満足。明日はアラカルトで食べられるので、さらに楽しみ。ミシュランの星がつくか、今待っているところらしいのですが、そんなこと関係なく、引き続き頑張ってほしいお店。世の中、ミシュランなんか無縁でいながら「旨い」店こそが一番!なんて私は思うけどね~、ランク付けは型にはまっているようでつまらないじゃないですか。ぜひ皆さんも訪ねてみてくださいね。
by masa-hilton | 2013-05-01 05:07 | 趣味&グルメ
<< 福山のコンサート大成功にて! またも福山へ、充実した旅に >>