人形町に美味しいお蕎麦!注目の「うさぎや」に行く

蕎麦ほど好みが分かれるものもない。人が熱心に勧める店というのは大抵はダメなものだ。私などはさらに偏食だから、名店名人の蕎麦でも、何じゃこりゃ?みたいなことも多い。人形町には「仁行」という名店があって、多くの人が絶賛しているのだけど、全く美味しいとは思えなかったから面白い。もう絶対行かないと思う。

私の好きなのは中野の「さらしな」。ここに尽きるのだが、次に銀座の「田中屋」あたり。大衆店でも浅草の「尾張屋」もけっこう好き。さらに偏食ぶりを発揮して、色々好みがうるさい割にはこだわらずに、安い店にも立ち食いもどきにも通う。東銀座の「桂庵」も平凡な店なのに何か好きだ。

人形町では普段使いでお気に入りは、温かいお蕎麦は(天麩羅・たぬきなど)「東嶋屋」、冷たいお蕎麦は「甲州屋」。そしてちょっと本格的に旨いせいろを食べたいときは「花乃蕎麦」にも行く。「花乃蕎麦」は女性が打つ蕎麦で、これがなかなか旨い。ただし何回か行くうちにムラがあって最近は伺えなくなった。近くにはミシュランの星持ちの「むとう」という蕎麦があるが、こちらは私にはつまらない感じで好みではない(笑)。

4月に、やはり女性が蕎麦を打つ店「うさぎや」がオープンした。清洲橋通り、明治座から馬喰町に向かって左側、ジョナサンを超えてガソリンスタンドの陰にある白いお店だ。
a0041150_4272121.jpg

a0041150_4295695.jpg

a0041150_431479.jpg

オープンしたてだし、女性の店らしく美しく落ち着いた良い雰囲気。大人の店の風情は、それだけでもごちそうかもしれない。メニューは雑多ではなく、種類やたらなそばは食べられない。ここの「せいろ」がとても旨かった!最近では大ヒット!とても好きな感じでうれしい!
a0041150_4355382.jpg

ちゃんとお江戸を意識した濃いつゆだが、甘みが好きな人も薄味が好きな人も、みな許容範囲で食べられるのではないか?と思う上質なさわやかさが何しろ良い。蕎麦はコシがあり味も食感に深みがあって、さらにキレがある。「田舎そば」とは見た目の通りの差。
a0041150_4374491.jpg

太めの「田舎そば」ではないので「なあんだ」という感じもある。そういうの大好きだから。できればつゆも蕎麦に対応して味を変えて欲しいとも思う。でも「せいろ」、超美味しいから全然平気!田舎蕎麦のほうは「とろろ蕎麦」や「山菜蕎麦」にしたら、実力発揮しそう!!

つゆや薬味はおかわり100円。2枚めの蕎麦は割引いてくれるから一緒だ。これから通うことになると思うが「花乃蕎麦」のようにムラがおきないことを祈りたい。いつも同じ質の物を出せるということは、何よりも大事なことだから。次はいつ行こうかな?ちなみにランチ以降、夜までは甘味の店となる。

後日談~天麩羅なども上品だった。その後機会があるたびに行っている。こことかこことかこことかここ。いつも同じメニュー(笑)。
by masa-hilton | 2013-06-09 04:39 | 趣味&グルメ
<< 高松に行ってきました、またまた... そしてつらつら、10日間は・・・・・ >>