「ほっ」と。キャンペーン

高松に行ってきました、またまたまた・・・・そして危機一髪

例によって高松に行ってきました。いつもの生徒さんたちと楽しくレッスン。みなさんしっかり努力されてますから、伺うのも楽しいですね。とまあ、今回は全く疲れることもなく良いレッスン、良い時間を過ごすことが出来た上に美味しいものにあたってこちらもラッキー。あまり美味しいものに出会えなかった高松でしたが、いよいよ解消の見込み(笑)。

今回はそれ以外にハラハラドキドキもありました。自分が悪いのですが危機一髪です。それは前の晩、遅くまで事務処理やこのブログを書いたりしていたので、ほとんど寝ないで高松に行くことに・・・・これはいつものことですが、朝、時間的に早く仕度も整ったので「たまにはタクシーじゃなくて京急で行こう」と電車で出発。これが間違いでした~~(泣)。タクシーだと8000円かかるけど空港まで15分・・・・楽だというよりはコンサートのときは大荷物なので、必須なことです。レッスンだと泊りでも荷物が少ないですから電車でも良いんですよ。

電車では当然・・・・寝ますよね(笑)。早めに出たので空港でゆっくりしようなどと思いつつ「次は京急蒲田」というアナウンスを聞いたような気がしました。ほどなく目を開けましたら、あまり知らない名前の駅に止まっています。そして発車後また「次は京急蒲田です」というアナウンスが。は~?さっきは電車が動いているときに京急蒲田だったですよね・・・・「これは!」と飛び起きてよく見ると、周りの乗客の顔ぶれも変わっています!つまり私は(笑)!!終点の羽田空港まで1回行って戻ってきた?爆睡して!!超ヤバイじゃないですか!1番に考えたのは「間に合うか」ということですが、京急蒲田で飛び降りて、羽田空港行きにすぐ乗れてのアナウンスでは、空港まで7分ということ。間に合います~~!出発の20分前までには着きます!セーフ!!!

大馬鹿でしょう?やばいでしょう?でも相変わらずの強運ですよね。目が覚めたのが泉岳寺や人形町だったら、確実にアウト!大馬鹿でもやばくても、もしかして運が悪いにしても、京急蒲田でよくぞ目が覚めた!気がついた!まさに奇跡です!!実はしょっちゅうですよね。こういう奇跡に救われています。霊能者によると私には93人の霊がついているということですが、しっかり働いてくれているのでしょう、マジ。皆さんありがとね。

しかし終点で、誰も起こしてくれなかった!!これもひどいというか凄いというか。大抵おせっかいなおばさんの一人や二人いそうなものですが。さすが東京です。どんな様子で寝てたいたのやら(笑)。

そしてほぼ5分前には出発カウンターの前に座っていましたが、「最終のご案内を申し上げます」のアナウンスを聞きながらも、がんばって崎陽軒の「シューマイ弁当」食べていました。おや?崎陽軒のシューマイは朝だと美味しいじゃありませんか・・・・って?そこまで余裕はありません(笑)。
a0041150_22141995.jpg

こんなときでも、早く食べられるサンドイッチにしないのが、われら音楽家です。ワガママでございます。でも4分ぐらいで完食さ!いよいよ最後のお客さんと思える人が、搭乗するそのころに私も飛行機に乗りました。結果的には何も不都合なく出発です(笑)。

さて高松、お昼はいつものように「鳴門水産」に行きました。お世話係のUさんは不満げですが、無難にお刺身が大量に食べられるわけですから、私としてはOK。嬉しい。いかにも美味しい話を聞いた「海辺のレストラン・かね荘」とか大外れでしたから(笑)、「不二家」のファミレスでも良いし無難なのが一番。「鳴門水産」は悪くないんです。前回も割と美味しかったけれど今回も良かったですよ。
a0041150_22195013.jpg

刺身盛りはかなりの大きさです。この写真からは伝わらないですね。お刺身は「イカ」がとても美味しいし、ハマチ・カンパチの類も厚切りで美味しい。とても満足です。天麩羅なども最上ではないですが、もたれないしOK。
a0041150_22292543.jpg

あとナゴヤフグの大宣伝がされていてそれも美味しそうです。「讃岐でんぶく」といわれて特産品のようですね。新鮮な特産品を食べないとですよね。研究しましょう!やはり「うどん」をメインに印象付けられてしまったのが大きな誤りです。

夜はリーガロイヤルホテルの辺りまで歩いて行きまして、お気に入りの飲み屋さん「えん家」。ここは板前さんも上手で、美味しい海の幸が戴けます。自分で高松を歩いて初めて美味しいと思えたお店でしたね。探せばいっぱいあるはずです。今回も「オコゼの活き造り」。コリコリシコシコ、フレッシュに戴けます。美味しい!残りの部分は唐揚げに。もちろん食べられる部分は少ないですが、美味しくしゃぶります。
a0041150_22333888.jpg

a0041150_22345971.jpg

アナゴの活き造り。東京ではなかなか「なま」では戴けない「アナゴ」。別物のように美味しいです。コリコリシコシコ!広島もそうですが、お寿司や火を入れて戴くようにすると、カリカリ(でもないけど)な感じに焼かれてしまうので、東京人の「ふっくらトローリアナゴ」のイメージには程遠く、相容れません。やはりこちらに来たら刺身だよね。旨いです!大満足。
a0041150_22515268.jpg

タコの天麩羅、これも何となく定番。本当は目の前に泳いでいる鱧を天麩羅にしてお寿司にして・・・・とも思ったのだけど、量が多そうだったから断念。最後は鰻のお寿司3貫で。

a0041150_22533696.jpg

a0041150_22544581.jpg

泊まりはいつもの駅前クレメントホテル高松。良いホテルだしお部屋もキレイです。でも食べ物はイマイチ。最初の全日空から経営がよそに移るたびに低下しちゃったんだよね。特にバイキングは。今回も朝のは「ハム」が美味しくない、ひどいレベルかも。そしてお米のお友達の皆さん「めんたいこ」「のりのつくだに」「かまぼこ」「おしんこ」・・・・この類がとても良くない。これが改善されれば問題なし。前も褒めましたがパンは美味しい、またメロンなどのフルーツもおざなりではなく、吟味され糖度の高いものが置かれています。以前よりは良い感じになっていますね。
a0041150_2258225.jpg

お昼は前回の寿司「さとし」は悪くないけど、身が小さいからやはりやめる(笑)。もう1軒気になっていた「水仙」。個人のこじんまりした和食屋さん。おばちゃんと話した瞬間に良い店の予感。寡黙なご主人。おおお!旨い!予想的中でここは良い!普通に1000円以内のランチの天麩羅も、専門店のようにちゃんとしています。こうじゃなくっちゃね、ダメだよ。小皿のホタテの味も良い。満足満足!こういう店を探していました。稚鮎の唐揚げを追加!
a0041150_2353228.jpg

a0041150_2375136.jpg

a0041150_2318473.jpg

ホントに稚鮎かな?と思うような小ささ。苦味があって美味しい。ここは名産ナゴヤフグの刺身を食べましょう。「ブツ切り」の「フグ」。これは絶妙に旨いものです!上出来。
a0041150_23205538.jpg

「ヒレカツ定食」もありますが、このお店はケーキも作っていて、和食シェフのケーキということで話題。コーヒもいちいち豆をひいて出しています。新しいお気に入り。誰に推薦しようか、「水仙」(笑)。実際、これまでの高松の和食では一番美味しかった(笑)、もうここで良いです、決定。

前回と同じようにハシゴして「不二家」。チョコレート・パフェのチョコレートアイスをバニラに変えてもらって。魚の後はこれが旨い!これも定番?
a0041150_23414840.jpg

毎度のことですが、なぜこうするかというとチョコアイスは苦手。じゃ他のパフェにすれば?というところですが、バナナが入っているのはチョコレート・パフェだけ(笑)。アイスにはバナナでしょ。おじさんは。そんなこんなで。

レッスンが終わりいつも空港ではお寿司、「瀬戸」ですよね。いつも見た目不味そうですが、食べるとそうでもないという(笑)、そんな店ですが、Uさんがおなか空いていないと言ったのでパス。早々と搭乗口に、お土産(空弁)の「さわら寿司」を購入。以前この手の感じで広島空港で「あなご鮨」を買って、微妙な感じだったことを思い出しましたので、期待はせず。でもこれはなかなかでした。美味しいじゃないですか!身も厚く魚をいっぱい食べた感じで満足しました。
a0041150_23453552.jpg

とまあ、とてもゴキゲンだったのですが、最後に飛行機の機種が787に突然変更された!ゲゲゲゲ!やだな。欠陥飛行機のイメージですから、乗ると何となく安普請な感じがします。私のように人の意見には影響されないタイプでも、こうして先入観を持ってしまうのですからね、世の中恐ろしいです。でもあの飛行機はみんな敬遠してますよね。
a0041150_23504926.jpg

あ~~~イヤだイヤだ!と言いながら、離陸と同時に爆睡。ダダダダーンという、かなりヤバそうな大仰な着地のその時まで、何も知らずに夢の中でした。危機一髪も無事生還(笑)。
by masa-hilton | 2013-06-11 23:56 | 日々の出来事
<< 打ち合わせが続いています 人形町に美味しいお蕎麦!注目の... >>