「ほっ」と。キャンペーン

セダ・オルタックさんに会う

13日のコンサートのために、ソプラノのセダ・オルタックさんが来日、早速リハーサルです。いかにも強い声をお持ちの感じ。ヴェローナのアイーダや、トゥーランドットを歌われる方ですからね。今日は時差で結構参っておられる感じでしたね~。プロは大変です。

歌はさすがのロング・ブレス。のびやかで、高音も素晴らしかった~~。ご本人はとても柔らかな方です。プログラムが暗く重い曲のせいか、キャピキャピした感じは全くないですね。落ち着いた感じです。とてもほめて下さったので、私としてはまずはひと安心。トルコの曲も「とても良い!」とのことで(笑)、あはは、良かった良かった。めでたしです。

イタリア語しか話されないので、ちょっと大変な部分もあるかと思いますね。帰りも、ホテルまでの道がちょっと心配そうだったので一緒に行きました。そしたら「私は美味しいビーフが食べたいんだけど…」みたいなことを言われて。う~ん、人形町ならともかく三鷹はよくわからないしなあ(笑)。「とりあえずホテルのフロントに聞きましょう」とホテルまで。で、ホテルに着いたは着いたのですが「ノン、ノン、リストランテ」って言って、入ろうとしない(笑)。ああ、そうか!私がついてきたのはレストランに案内するためだと思ったのか~~。しかし午後3時では良いレストランはランチの後のお休みでしょ~。万事休す!近くのファミレスに行って「どうしようかな?」と思っていたら、「高いのは嫌よ!」のひと言アリ!じゃここでいいか(笑)、いいことにしよう。で、ファミレスに入って店長に「イタリア語しか話せませんからヨロシクね」と頼んで帰ってきました。

ファミレスとはいえ、ちょっとメニュー見たら4000円近いな~、ステーキ。これって高いのか安いのかわからないけれど「セットでサラダがつけられるよ」と言ったら「サラダはいらない、お肉お肉」と言ってました(笑)。さすが外国人。明日感想を聞きましょう(笑)。合わせも楽しみです~。

私は家の近く富沢町のほうの「喜久川」で上2600円を。鰻を少し小さめしたと言うだけあって、これだと3100円のほうがやはり美味しいかなあ。でもね、とてもふっくらしていて充分です。大満足!
a0041150_192873.jpg

鰻がどんどん高くなって、高くなるだけでなく小さくなってしまうのは哀しいですね。鰻屋さんの皆さん、踏ん張って下さいね。

お店の位置はその「喜久川」さんのすぐ後ろにあるのですが、あの高級「手打ち冷麦」で美味しかった「志な乃」には夜の再訪。昼間は天麩羅など何もないので、「天せいろ」を合盛にしてもらいます。2100円!
a0041150_1115238.jpg

天麩羅は量がたっぷりです。海老も2本。ただし私には合わなかった。ちょっともたれちゃった。
a0041150_11428.jpg

お店のせいではないと思います。人形町の名店「みやび」の天麩羅も私はダメですし、あと「谷や」さん。とても人気のようですが、あの天麩羅は絶対ダメだ、もたれて気持ち悪くなります。それは私個人の体質との相性であって、お店のせいではないです、呉々も。再訪できず残念です。
a0041150_117067.jpg

合盛は「蕎麦」はとても良いけれど、「うどん」がちょっと好みではありませんでした。私はもっと太くてコシが強いのが好き。讃岐うどんの普通だったら充分過ぎるぐらいのものでも、私には足らないことが多いので。ま、好みの問題です。さて「志な乃」さん、蕎麦のほうは手打ち感満載!太めで田舎蕎麦のようなテイストで美味しい。前回の「冷麦」とこの「蕎麦」を目指しての再訪は、またあるかもしれません。

ところで外国の人は冷房を嫌うので、今日も暑い部屋のリハーサル!明日ってすごい暑いって?
by masa-hilton | 2013-09-11 23:44 | 日々の出来事
<< セダ・オルタックさんの曲目 「ぶらあぼ」9月号「ぴっくあっ... >>