月刊「音楽の友」10月号にインタビュー記事!

a0041150_104446.jpg音楽雑誌の老舗「音楽の友」10月号にもインタビュー記事が載りました。演奏会のことや、新しいCD「神曲・秘曲・ダンディ・鳥の詩」についてなどです。本当にありがたく、感謝いたしております。

新しいCDについてですが、「音友」には天才アレンジャーの清水一登さんについてもお話しました。クラシックのクラリネットもできる方ですが、作曲やピアノ、キーボードに至るまで、またはヒカシューのメンバーになっていたりと、まさに鬼才!!とても多才な方なのですが、ご自身の活動の中にはポピュラー・フィールドであっても、とてもアグレッシヴな現代音楽的な要素があったりと、円満なお人柄でいながらアーティストとしては燃えたぎるものを感じさせます。

1つだけ(笑)、楽譜は手書きで、その天才的な楽譜が(非常に丁寧に書いて下さったのですよ!)どうやっても判読できずに、何回も気絶しました(笑)。「ここは何の音でしょうか?」みたいなメールを数多く送ってしまいました(笑)。その都度、優しく丁寧に対応して下さり大感謝しています。結果、奥行きの深いCDが出来上がりこれも大満足です。

そしてCDはいよいよ本日リリース!!ありがとうございます!ぜひ聴いてくださいね。
by masa-hilton | 2013-09-25 10:18 | ニュース
<< 月刊「ショパン」10月号のイン... 月刊「ぶらあぼ」10月号にイン... >>