「ほっ」と。キャンペーン

レッスンに行ったり、打ち合わせをしたり、編曲をしたり

いよいよお尻に火がついてきました。編曲類は間に合うのかなあ。ちゃんと計画的にやってはいるのですが、単純作業とは違うので、思いつかないと進まないんですね。ちょっとした作家気分ですが、うしろからつつかれているようで、おおらかな気分が必要な演奏家には良くないかも(笑)。

もちろん演奏だっておおらかな楽しい気分ではなかなか(笑)。フィギュアスケートの選手ほどではないにしても。それを超えて、全然平気な人とか、鼻で笑っていられる人は演奏家向きでうらやましい・・・・しかしそういう人の演奏は安定しているけどつまらなかったりもする。一体神様はどうしろと言うのでしょうね~~と日々酒場に行き、愚痴をこぼし、自堕落な生活をしながら芸術家気分を維持している人多数(笑)。

それにしても寒くなりましたね。あっという間にです。人形町には「石焼きイモ」が来てました。もう冬景色ですね。
a0041150_243363.jpg

さて私は12月のディナーショーの打ち合わせで高輪へ。パレスホテルで30000円!!ホテルの偽装問題が勃発中、ディナーショーにも影響がないと良いのですがねえ。偽装問題はもともと想像が出来るような問題ですよね~。普段からホテルやデパートは、個人の美味しいレストランに比べれば平凡だし、精彩を欠いていたりします。むしろ美味しいところの方が珍しいかなあ。そんなものですよ。

打ち合わせ前は前回も伺った「ロワン」。フレンチ?というか何と言うか(笑)、不思議な折衷料理が出てくる心温まるレストラン。チキンのソテー、カクテルソースの定食。前回のほうが良かったなあ。
a0041150_239841.jpg

a0041150_2402213.jpg

すっぱ、ピリ辛ソース、つけあわせの野菜は温野菜ではなく漬物、ご飯にはシソのふりかけ、サイドは「ひじき(ちょっと洋風)」(笑)、社食のような定食でしたね。普通だったら再訪なしと思うところですが(笑)、なぜだか食後はイヤな気分が何もしない。そう、バックハウスのピアノのような全てを超える温かさ。何だこれは(笑)!こういうのこそ無敵というのではないでしょうかね(笑)。また行きますよ(爆笑)。

打ち合わせはアイデア勝負。けっこう疲れますね、難しい。がんばってうまくまとまりました。そして編曲がさらに増える~~。

翌日は山野楽器のワンポイント・アドバイス・レッスン。クリスマス・シーズンの気配、銀座は楽しいですね。
a0041150_2443419.jpg

生徒さんは5歳の子から大人のアマチュアさんまで。皆さんとても真摯でしたね。ちゃんと小さい子にもきちんと基礎を教えている先生もいらっしゃって。こういう先生なら安心ですね。クラシックですから基礎がなければ、仮にどんなに弾けても、必死に長時間練習しても、全てが無駄無駄になってしまう。その先生は「機会があったら色々な先生に聴いてもらおうと今日も来ました」と。ちゃんとしている先生は、全てが建設的です。

山野楽器、入口のところではミニ・コンサートが。寒い中、さらに多くの雑音が耳に入る場所で、笑顔でちゃんとトークをしての仕事!立派です。簡単ではないですよ~、ぜひやってみればよろしい。プロの仕事とはこういうことなんです。邪魔しないように3階から撮ってみました。
a0041150_249614.jpg

翌日からは高松でレッスン。羽田空港では「ヨシカミ」の「カツサンド」、写真ナシ。正直美味しくない(泣)、残念です。名店が出しているお弁当、あまり良くないことが多いですね。量産と質は同居できないものなんですね。

高松に着くと、美味しいことがわかっている和食の「水仙」に直行。女将さんも楽しい。まずは特産の「オリーブ・ハマチ」!オリーブを粉にして餌にしたハマチ。悪い感じの脂っこさが抜けて上品な味がするということですが、美味しい!!充分脂もあり、甘いお味が最高。これはベストです!
a0041150_2582157.jpg

a0041150_30054.jpg

続くは「丸ハギの造り」。横にあるのは肝ですよ~、これも旨かった。たっぷりの「あんきも」に、「ワタリガニ」も戴きます。甲羅の上に山積み(笑)。ポン酢でしたが、東京人としては三杯酢のほうが好きかな。
a0041150_311027.jpg

a0041150_325259.jpg

シメは天丼。東京風の甘いお味。ここのお店は天麩羅が美味しいので文句ナシに旨し!そして脇に見えるのは前回お土産に買って帰った「からし漬」。やはり旨い!
a0041150_342248.jpg

食後は大将が豆を挽いてコーヒーをいれてくれて、これがまた美味しい。

レッスンは順調。しっかり上達して戴きます(笑)。最近の子供たちはコンクール漬けの子が多いようですが、たまには落ち着いてゆったり勉強して、外国に行ってレッスンとか受けてきたらどうかなあ?ずっと楽しいしためになるのに。昔は片道でも30万ぐらいかかったけど(笑)、今やへたに九州行くより安く往復できるヨーロッパ。行かない手はないと思うけど。そして楽しいだけではうまくいかないのがピアノ。レッスンのたびに、こんな大変なものを何でやるんだろう?などとも思います。ピアニストになろうっていうのは「魔法少女」になるくらい大変なことです(笑)。我々も含めて、みんな一生懸命やっているんですが、あのポリーニでさえ失敗したりするんですからイヤになりますよね。あんなに素晴らしい人が失敗するんじゃ、どうすりゃいいんですか。まあ、誰しも頑張るしかないんですが(笑)。

夜は「えん家」。飲まなくても怒られない飲み屋さん。お食事も美味しい。新鮮なお造りがオススメ。まずは讃岐でんぷく。ナゴヤフグっていうやつですね。これは以前戴いた「水仙」のが旨かったなあ。
a0041150_361362.jpg

a0041150_375137.jpg

a0041150_384731.jpg

さらに次に戴いた鮨5貫、オススメのブリ、シャコ、タイ等の「地のもの」がとてもとても美味しかったから、お造りもオススメの「地のお造り」にすればもっと良かったかな?と思ったり。続くは「たらの白子」の天麩羅。
a0041150_310357.jpg

a0041150_311157.jpg

「ホルモンの鉄板焼」、こちらは野菜炒めのような感じでバランス良く。美味しかった。

宿泊はいつもの「クレメント高松」。朝食のパンは美味しい。バイキングも以前よりは改善されています。ホテル偽装の話があっても、お客さんは減らないですね。この日も混んでました。そしてレッスンの続き。帰りは何となく焼肉が食べたくなって、つい衝動的に入ったお店が「すたみな太郎」。
a0041150_312645.jpg

この店は!!スゴ過ぎる。全部バイキングの店(笑)。焼肉だからお肉はもちろんロース・カルビからホルモン・レバー、ポークや鶏、イカまであります。また唐揚、チャーハン、マーボー丼、カレーライス、五目ごはん、寿司、ミートソーススパゲッティ、焼きそば、たこ焼き、ラーメン、うどん、おでん、サラダ、フルーツ、ケーキ、みたらし団子、アイスクリーム、コーヒーまで(笑)、何でもかんでも。昔あった田舎のドライブ・インのような(笑)、温泉旅館の出店のような、そこそこのお味で安くジャンクに楽しくって感じ。ま、いいですよ。東京にもあるんですねえ。

ここで「あ、ピアノの・・・」とお声を掛けられました。大体お声がけ戴けるときは寝起きの人形町や買い物中の三越など、ひどい姿のときが多く(笑)、きちんとした身なりのときは少ないんです。ヤバイじゃん。この日もお皿いっぱいに肉とカレーライスの野良ネコ・モード(笑)。でもこの場に出かけなければ「出会い」はなかったわけですから、運が呼んだというか、これは嬉しい!有難いことです。

さてこの11月、キチンと予定だてて過ごさないと大変。と言いつつ本日の目覚めは午後2時半。気が重い(笑)。とりあえず時間が外れてしまったので、午後3時に戴く「朝ご飯」は「天下一」で!朝から・・・・ニラレバ餃子。とりあえず元気にはなれる?
a0041150_315726.jpg

a0041150_3162799.jpg


by masa-hilton | 2013-11-13 03:20 | 日々の出来事
<< まずは初詣の前倒し 音遊人12月号にインタビュー記... >>