「ほっ」と。キャンペーン

忙しく忙しく!あ、「イル・バンボリーノ」がミシュランへ

目が回るというか、いろいろ不備が出てしまうほど忙しく飛び回っています。昨日は編曲4曲かたづけて、今日は企画書も書いた。食べる暇がないと思って買った旭川かなんかの「すき焼き弁当」不味し~~!!なんじゃこりゃ!けっこう高かったけど、吉野屋が旨いとか言う人の気持ちも、少しわかった(笑)。これは参った。駅弁はいくつかの例外を除いて、基本的には不味いもの!という結論。

忙しいときこそ美味しいものを戴く(笑)。これ重要ですね。美味しくないとテンション下がりますからね。ここのところはリハーサルも打ち合わせも多く、実は美味しいものもたくさん戴いているのでした。

白金高輪では年末の雨谷さんのリハーサル。リハ前にいつも「ル・ベルクレイ」でランチ目指して行くんだけど(笑)、なかなか食べられず。2回ほど近所の不思議な店「ロワン」で我慢して来た。おお、今回は空いていた。「ル・ベルクレイ」の美味しいランチ!やはりこれだ!幸せ!!

まずは「鹿肉のカルパッチョ」。臭みが何もありません。上品な感じだ。手作りパンもとても美味しい
a0041150_8591678.jpg

a0041150_924959.jpg

。「豚肉の血のソーセージ」は特大。メニューからしてお気に入り!不味いはずがないよね~。ヨーロッパと違って独特な食べにくさもない。これは日本ならではだと思います。それでいて味わいも濃く!いいなあ~。もっと臭くても良いくらいだ(笑)。
a0041150_10181147.jpg

メインは「子羊」。ほうれん草やエシャロットを詰め物風にしている。最高だよ、旨し!!毎日食べたい濃厚さ!ヌメヌメ旨い!肉料理はこうでなくちゃ!
a0041150_99077.jpg

入刀すれば中身はこんなん。旨そう!!いや、旨いんです。
a0041150_10115728.jpg

デザートの「リンゴタルト」もひと味、普通のものより深いお味。
a0041150_10162698.jpg

これは良いね。また来よう!

リハーサルは甲府のディナー・コンサートの合わせもアリ!フルートの布能美樹さんとお母さん、親代わり件お目付け役の真嶋雄大さんと奥様がやってきて、大騒ぎ!うちは定員が3人だから(笑)、人が溢れた感じになるのは稀なことなんですね。お目付け役同席の中、リハーサルは楽しくサクサク終わり、その後は「イル・バンボリーノ」で大宴会。盛り上がりマジ楽しかったです!

いつもの「オマール海老とホタテの野菜のテリーヌ」「馬肉のタルタル」「鮮魚のカツのサラダ仕立て」。美味しい。定番だし!「イル・バンボリーノ」さんはミシュランの「ビブグルマン」に選ばれたそうで、これもめでたし!
a0041150_10394561.jpg

a0041150_10405262.jpg

ピザは「ゴルゴンゾーラとリンゴのピザ」、いつもながら美味しい。人数が5人だったので、ちゃんと10ピースに切り分けてありました。さすがピザ焼のクィーン!心配りも細やか!
a0041150_10421279.jpg

もう1枚はいつもの「お祭りピザ」。「海老のマスカルポーネチーズ」のピザにプロシュートを乗せてもらっています。プロシュートもきちんと5人前!クィーンよ、ありがとう!
a0041150_10465688.jpg

メインはまたまた子羊。「ル・ベルクレイ」に比べればシンプルだが、これはこれで旨い!ポルト・ソースで!皆さんもとても喜んで戴いた。
a0041150_1044368.jpg

また打ち合わせを東京プリンス・ホテルの「清水」で。本格的な料亭料理で大満足。「雲子」を使ったムースで梅肉ソースもマイルド、さりげなくキャビアもあしらってちょっと洋風ですね。この辺がホテルの和食という雰囲気。刺身はマグロ、アジ、肝をあしらった皮はぎ。
a0041150_10484379.jpg

a0041150_10493814.jpg

a0041150_10504952.jpg

皮はぎのアラもつまみ風に。薄揚げとアサリの煮浸し。焼き物は旨い「のどグロ」。鉄板の上で美味しい「イクラ」と良い感じ。
a0041150_1052549.jpg

a0041150_1053515.jpg

a0041150_1055055.jpg

天麩羅は周りに海苔をあしらって、本当に毛が生えたかのようなカニ(笑)。マジ素材は毛蟹なんですけどね。シメた鯛をポン酢のゼリーで。そして栗ご飯。お新香がとても美味しかった。
a0041150_10593418.jpg

a0041150_111114.jpg

a0041150_1141418.jpg

しかしこうやって戴いた食事は、朝が遅いので私からすれば1日のうち、2番目の食事。ディナーでも私にはお昼感覚。なので真夜中には「天下一」とか行かないといけません(笑)。前に「天津丼」の味が薄くなっちゃったと書きましたけど、あれは単なる失敗だったみたい(笑)、また元の濃い味に戻ってました。やった!今回は「ショウガ焼き」と一緒に。
a0041150_1020574.jpg

a0041150_1021641.jpg

料理も少々ジャンクな感じだけどお店の空気がまた凄い。上司や会社の悪口を言いまくり「実は俺は出来るんだ」と大声でアピールしているおじさんたち(笑)、その喧騒の中で無言でガツガツ食べるだけの我々の余裕のなさ、そこに飛び交う290円の餃子、こういう店も必要ですよ。

でもこうして真夜中に食べられるのは、まだ余裕アリのときです。そのまま朝になっちゃって、朝6時とかに食べることも。結構辛いな。そんな時は、早くからやっている「立ち食いそば」で、なぜかお気に入りの「六文そば」に行くのです(笑)。汚いですよ、ベタベタして。一回改装しましたが、もう十分汚くなりました。おまけに蕎麦はソフト麺でのびています。おつゆは濃い味。女性は行けない店ですね。でも「ここがいいんだ!」という、そんなファンがいっぱい(笑)。まず安さはぶっちぎりで、500円を超えることは難しい。そして「ゲソ天」が良いんだなあ。ジャンクの王様かも(笑)。
a0041150_11233772.jpg

「ゲソ天」「コロッケ」「卵」をいれてもらうのが定番。ゴキゲンだ(笑)。コロッケ蕎麦が美味しいと思えるのはなぜか幸せ・・・・たまに食べると「旨い」と思ってしまうつゆの味・・・・他の「立ち食いそば」に行くと、絶対「六文」が良いと思ってしまうとか・・・・懐かしさがあるのかもね。

さて昨日は土曜で、人形町は休みの店が多かったので、管理人さんと久々「銀座鳴門」に行きました。とても良いお味!
a0041150_1122133.jpg

忙しくても鰻を食べないと生きていけない。やはり鰻は旨いです!これはやめられないね~。けど、こんな日常で大丈夫なのか?(笑)
by masa-hilton | 2013-12-08 11:24 | 日々の出来事
<< 3月8日は福島でのコンサート! リハーサルで、かなり楽しくなり... >>