美味しいものを食べる?

私の新年会の多くは気のあうお友達と「美味しいものを食べる?」ということですね。もちろん美味しいものは1人でも食べられますよ(笑)。

今日は神田で途中下車して、鰻の「きくかわ」で特撰丼を食べました。また値上がりしてました。4000円。でも今どき、この大きさなら、その価値はありますよ。

洗面器のように大きな丼ぶりが!!
a0041150_2324268.jpg

顔ぐらいデカい鰻が!!(笑)
a0041150_2341397.jpg

これは大満足です。美味しい!私の鰻はこうでないとダメです。

昨日は、昨年来からお仕事の打ちあげをしよう!とお約束をしていたジャーナリストの伊熊よし子さんと「アンジェロ・コート東京」に行ってきました。ここはお気に入りだった「カノビアーノ東京」の後継店。以前行ったときよりも、お味は一皮むけて洗練されていました。これは美味しい!大満足!ぜひまた行きたいと思います。

「真ダコのボイル・バジル風味・季節野菜のスパイス煮込みとクスクスを添えて」と書いてこの写真だと、結構平板なお味を連想しがちですが、これが凄く美味しい!!ハーモニーが上品で幸せな情感を思い起こさせるほど。
a0041150_2361963.jpg

「低温調理した鱈のカルパッチョ、カボチャとオレンジ、クミンのソース」はクミンの香りが印象的で、通常のカルパッチョのような安易な感じがしない。「カペッリーニを巻いた赤座海老のグラティナータ、人参ソース」はパリパリ春巻のようにくるまれているが、人参のソースとともに控えめな感じ。海老が非常に旨いから、ここにも美しいハーモニーを感じますね。
a0041150_2311382.jpg

a0041150_2383515.jpg

パスタはカザレッチェ。「豚もも肉のラグー、リコッタチーズのアクセント」。私はパスタはもう少しイタリアの強くて開放的なお味が好き。シンプルなボロネーゼ風なものだと、コースとしてのバランスは崩すから難しい選択だったのだろう。しかし全てに細かい配慮がとられた一皿!
a0041150_2394828.jpg

1番最初の「真だこのボイル」と並んで、コースのベストは「サーモンのポワレ、ウイキョウとミニトマトのソース、根セロリのピュレを添えて」。サーモン自体が特別に美味しいものだったけれど、ウイキョウを使ったソースも根セロリも、美味しくないものが1つもない。それが上手く絡み合っているのだから、名手たちの楽しい室内楽のようだった。美味しい!
a0041150_23121522.jpg

メインは「子牛のロースト」。子牛ならではの上質な肉の美味しさが満載!このお肉でミラノ風カツレツを作って欲しいくらい!レモンのシャーベットが来て「ガトーショコラ」。上のアイスは何と、プラネタ社のEXヴァージンオイルのジェラートだ。何とも香り豊か!!
a0041150_23133034.jpg

a0041150_23144971.jpg

a0041150_23153490.jpg

真嶋雄大さんとは新大久保の「栄寿司」。面白いところが大好きな真嶋さん、ということだけれど、さすがにビックリされていました~(笑)。相変わらず個性的な栄寿司のマスター!大好きです。とてもお元気でした「イエッ!」。「大トロ」「赤貝」「あなご」などを「イエッ!」
a0041150_23175551.jpg

「イエッ」「イエッ」「イエッ!」
a0041150_2320172.jpg

「イエッ」「イエッ」「イエッ」「イエッ」「イエッ!」
a0041150_23211623.jpg

マスターが「イエッ」と言うたび「ビクッ」とされてました(笑)。気合一発!!初めての人は驚きますよ。大きな声ですし。でも美味しい!行くかたは「すじこ」も忘れずに!!相変わらず楽しいお店です。

デザートに寄った新宿「カフェ・トロワグロ」のケーキも印象的。ピスタチオの「エクレア」。まさにピスタチオ100%なお味(笑)。
a0041150_23223233.jpg

もちろんいつもの「太田鮨」でも。こちらは活動方針について語り合う会!
a0041150_23233433.jpg

「太田鮨」さんは昨日も伺いました(笑)。こちらは打ち上げでした。楽しかったです。
a0041150_23333241.jpg

a0041150_23344114.jpg

a0041150_23352654.jpg

新年会、銀座「華味鳥」もいつものメニュー!「水炊き」は温まりますね。「唐揚げ」がまた旨い!
a0041150_23375260.jpg

a0041150_23384380.jpg

a0041150_23395893.jpg

遅い時間の打ち合わせは「イル・バンボリーノ」。こちらももちろん美味しい!いつものスープに始まり、いつものアスパラ、いつものお祭りピザ。
a0041150_23411358.jpg

a0041150_2342643.jpg

a0041150_23425910.jpg

結局は同じ場所をぐるぐるですから、同じものになってしまいます(笑)。ここで管理人さんのひと声「きのこのパスタ」!これは選んで良かった、美味しいです。
a0041150_23442963.jpg

ディレクター氏のチョイスでは築地の中華「プープールー」に行きました。こちらは初めて。「歩歩路」と書きます。和食?フレンチ?と思わせるほどの繊細な心のこもったコースでした。難を言えば「これが中華?」というところで(笑)、普通に中華を食べたい人には向かないかもしれませんね。東京らしいお洒落なお店。

カルパッチョ風な「築地のひと皿」というアミューズからして驚き。さらにすばらしいのが前菜群。
a0041150_23454463.jpg

a0041150_2347118.jpg

細かく1つ1つ美味しい。これは手が込んでいますね。特に良かったのは「牡蠣のオイスター・ソース」「あん肝のジャン」「わかさぎの甘辛煮」、「蛸の青さ和え」「巻海老の甘辛揚げ」「ホタテ・数の子の紹興酒漬」等々。
a0041150_23502546.jpg

a0041150_23511930.jpg

通常のコースに「あわびの姿煮」をプラスしました。これが美味しい!!
a0041150_23522888.jpg

この「あわび」と前菜の「アラカルト皿」が一番だったかな。

スープのように見えますが茶碗蒸し!
a0041150_23534927.jpg

殻がついた海老にアヒルの卵ソースをかけたもの、おこげ付。ワタリガニのチリソースみたいなものだけど、手はこんでいますよ。ちょいとクセもありますがお味は良い。ただ食べにくいかもですね(笑)。海老の足が舌に突き刺さって痛かった(泣)。
a0041150_23545827.jpg

「牛肉の山椒煮こみ」はピリ辛。辛いのは苦手だから、私はちょっと困りました。お粥が来て、デザートも中華とは思えない感じで、お洒落。
a0041150_23561926.jpg

a0041150_23571175.jpg

a0041150_23582472.jpg

好きなものを自由に注文できなさそうなのがちょっと残念ですが、厨房では寡黙なご主人が1人で作っていましたから、わがままは無理でしょう。カウンター客がほとんどだから、笑顔のパフォーマンスは必要かもですね。誠実なかただと思うのですが、これではきっと誤解されてしまうかも?と心配です。またいつか行ってみたいですね。

最近また美味しいと思っているのが「ダロワイヨ」のパン。以前凝ったことがありますが、最近はカレーパン。これは私のカレーパンの中ではトップクラス!
a0041150_23592012.jpg

クリームの「コロネ」も旨いですよ!おやつを食べたりするのはいけないんだけどね(笑)。
by masa-hilton | 2014-01-23 23:28 | 趣味&グルメ
<< 蕎麦のお気に入り店「うさぎや」... 月刊「ショパン」2月号の特集記... >>