「ほっ」と。キャンペーン

高崎に楽器を見に行きました

家の楽器をそろそろ何とかしなくてはいけないことになり、時間が空いたときに楽器を見に行っています。楽器は人間と同じ。スタインウェイだから良い!ということは絶対になく、個別の個性とこちらの好み、人間の恋愛と同じです。相性ばかりではないですが、とりあえず個人的な好みは優先されますね。とにかく絶対に触ってみないとわかりません(笑)。足をマメに運ばないとね。

私は楽器選定や楽器会社の制作のアドヴァイスもしていたので、楽器は5秒で判断できます。その第1印象が絶対に正しい。弾いているうちに、こちらはプロですから自然に対応しちゃうんですね。長く弾いちゃうと何でも大丈夫になってきてしまいます(笑)。

既にあちこち見ているのですが、ピアノの台数が多いのは高崎のピアノプラザさん、野田のピアノプラザさんかな。新品からヴィンテージのアンティークまで、面白いピアノをいっぱい扱っていらっしゃいます。今日は友人のピアニストの朴敬二さんにお願いして、高崎のピアノプラザさんを案内して戴きました。楽しかった!

朴さんとは久しぶり。何回も一緒にコンサートをしていますし、長年親しくさせていただいている友人。本当に素晴らしい人格者で、彼がウィーンに滞在している間、彼にお世話にならなかった人は1人もいないんじゃないかな?高崎を拠点にコンサート活動も大展開!大御所として地元でも尊敬を集めています。

まずはランチ。同行した管理人さんも朴さんも関西人なので、美味しそうかな?と思える和食を設定。ホテル・ココグラン内にある「WABI・やまどり」さんです。オープンな厨房のお洒落な店。
a0041150_9333093.jpg

少しひねったお洒落な和食でした。本ワラビ粉豆腐、うるいのおしたし、白和え。白和えが美味しかった。お椀は海苔を足して戴くという凝ったもの、これもなかなか。ちなみに単独だと微妙な味がしています(笑)。
a0041150_9343083.jpg

a0041150_9353530.jpg

a0041150_938389.jpg

a0041150_9394950.jpg

お造りは梅肉のタレにつけて戴く。これは一番気に入りました。
a0041150_9481477.jpg

焼き物はくるんで出てきます。
a0041150_9494349.jpg

中身は赤城牛を使った和風ハンバーグといった感じ。
a0041150_9504521.jpg

タコの煮ものも美味しいですが、この間には絶対に揚げ物があった方がいいですね。多少お味の流れが一本調子になっています。ご飯はバラチラシで。
a0041150_9515156.jpg

a0041150_9523832.jpg

もう少し煮物の味を薄くして、揚げ物をくわえ、最後は凝った炊き込みごはんを出すようにすると、もっと一流店のような味わいが出てくるかなあ?という感じでした。凝っているのは表面だけで、中味はさほど洗練はされていない普通な印象なのは、きっと不本意なのでは?と思うからです。戴く側からはそこはどうでも良いことであり、普通に美味しければ十分満足、今日も大変良い気分でした。ともあれ和食は難しい。

楽器屋さんは広い場所をいかした展示力が何よりすばらしい。以前演奏会のときも、調律でお世話になったところです。自然な響きの心地良いサロンもあり良いお店ですね。驚いたのは「ペトロフ」の最近のピアノ。チェコのピアノですが、我々が学生時代のヨーロッパで見たペトロフなんて・・・・・ホントにクズみたいなピアノで(笑)どうしようもなかったのですが、目を疑うほどとても上質でした。ビックリですね。ユーロ圏でもないのでお値段もお得。こちらはスタインウェイの正規店でもあるので、その数も多く見ごたえあり。プレイエルなどもあって楽しかった。良いピアノがあったら、もう海老彰子さんがいらして選定済(笑)・お買い上げだとか、おおお!さすが。みんな来てますね。

私なりに良いピアノ3台にツバつけて(笑)帰りました。朴さんにも大変お世話になりました。まあピアノってさ、芸術品ではあるけれど消耗品だから、高くつくよね(笑)。最後は疲弊・劣化してしまうのが残念、仕方がないけど。

上野についてからはお気に入りの「TGIフライデーズ」に行きました。今回はオニオンフライとジャックダニエルズのハンバーガー!当然旨し!
a0041150_954789.jpg

a0041150_9551148.jpg

オニオンフライも旨いし、ハンバーガーの甘いソースがメチャ旨い!こんがりベーコンも良い感じだし。これで大満足!
by masa-hilton | 2014-03-22 09:59 | 日々の出来事
<< 驚くべきは改造ピアノなり 華麗なる駅弁地獄(笑) >>