「ほっ」と。キャンペーン

文化を食べる、肉も食べる(笑)

そろそろ・・・・・お尻に火がついてきました。ま、いつものことか。打ち合わせや相談事、人の世話をしている場合じゃなくなってきましたね。

人形町、新しい店も次々出来ますが、老舗でもよく行く店と全く行かない店があります。食べ歩きが趣味の1つではありますが、私はグルメではなく、ただの偏食です。いつもいつも同じ店に行ってしまい、私の生活は変化がないとも言えます。あいかわらず鰻は食べてますよ。時間が不規則なので、富沢町の「喜久川」の小さい鰻(並)は、小腹がすいたとき重宝です。
a0041150_3242155.jpg

やはり100円値上げしましたね。消費税、物価高は確実に起きていますね。私のように自炊が出来ないと、ジワジワキツくなって行きますね。

そんな中、以前から行きたかった近所の名店「鳥安」にやっと伺うことが出来ました。合い鴨一品のお店です。明治五年の創業以来の味、素朴なお味ですね。文豪を始め、数々の文化人が食したものです。歌舞伎役者などとも縁が深いようで、芸能人のお忍びなどにももってこいの雰囲気ですね。
a0041150_3251836.jpg

前菜に続き、スープ、ささみの酢味噌和え、この流れも変わらぬもののよう。
a0041150_3254339.jpg

a0041150_3255711.jpg

合い鴨のすき焼きというが、おろし醤油をつけて焼いたお肉を食すだけです。超シンプル。すき焼きの味ではないですし、古風な感じがひしひし。
a0041150_3263297.jpg

a0041150_3264932.jpg

a0041150_327331.jpg

〆はそぼろご飯です。
a0041150_328213.jpg

こうなって来ると文化を食すという感じ、たまにはこういうものに接した方が良いですよ。良い気分です。TVなどで日本人の食文化はラーメンとか言う人がいますが、こういうものを戴くと「それは違う!」とハッキリ言えます。

ラーメンはね、好奇心を満たす探究物のように思うんです。だから好奇心のない偏食の私からは遠い。単純に寒いときには旨いと思う(笑)けど、普段ホント食べないですよ。でもワンタン麺は好き!ワンタンが好きなんですね(笑)。御徒町の怪しい中華「新東洋」のワンタン麺なら、けっこう好き。餃子も旨いしね。
a0041150_3295654.jpg

a0041150_3312098.jpg

ちょっと脱線しましたが、管理人さんセレクトで、萩原貴子さんと3人でお肉の懐石の「然」に再訪しました。うれしい!前回素晴らしく美味しかったけど、わがままをいっぱい言った私。すっかり覚えられていて、ちゃんと好みのタレも用意してありました。恥ずかしい(笑)。

まずはいつも通りタンシチューから始まります。旨いすよ。
a0041150_3332264.jpg

前菜は和牛クラシタでウニを巻いたもの、イチボでホワイトアスパラを戴きます。美味しいね。
a0041150_3334929.jpg

今回は肉のお鮨はなかった。残念です。月替わりであったりなかったりするそうですね。レアカツ。タンの芯の部分と中の部分。
a0041150_3341833.jpg

a0041150_3344123.jpg

野菜焼。蓮根饅頭、そしてシャトーブリアン。
a0041150_335821.jpg

a0041150_3352926.jpg


a0041150_3354693.jpg

和牛すき焼き!卵につけて。残った卵は卵かけごはんで。これはいつも旨い!
a0041150_3362812.jpg

a0041150_3364284.jpg

a0041150_337348.jpg

〆はカレーライス!欧風カレーで美味しい。
a0041150_337504.jpg

五反田の行列のお肉屋さんなんて全然美味しくなかったけど、ここはその300倍ぐらい旨いですね(笑)。肉ばかりだから毎日のようには行けないけれど。次はいつかな?大満足!
by masa-hilton | 2014-04-22 03:39 | 日々の出来事
<< 6月頭は郵船トラベルのチャータ... 月刊「ショパン」5月号・特集に記事が >>