「ほっ」と。キャンペーン

エリアノール・リオンズさん、アルダ・トドゥアさん大成功!

エリアノール・リオンズさんとアルダ・トドゥアさんのコンサートは、前日に書いたように5時からでしたので、間違って前半聴き逃されてしまったお客様もいらしたようですが、混乱もなく、オペラの名曲がいっぱいの楽しいコンサートになりました。お客さまからもたくさんのお声がけを戴きました。本当にありがとうございました。

私が舞台に板つきで、お二人が交互に入れ替わるというようにしたのも良かったようで、山盛りのプログラムもサクサクと進みました。トドゥアさんは直前まで「曲順を変えようか、曲そのものを変えようか」と迷っていましたから、私がもし一緒に舞台袖に帰っていたら「次の曲変えよう!」とか言われちゃったかも(笑)。

と、いうようにトドゥアさんは、結構のどのことを気にされていましたが全く関係なく(笑)凄いお声でしたよね。「かめはめ波~!」ぐらいのパワーでした(笑)。私のメインはチャイコフスキーの有名な歌曲!これが良い曲なんだけど隅々まで良い曲だと思ったことがなく(笑)、今回はちょっと反省して「隅々まで良い曲と思えるようにしよう」といろいろ試みて、本番では(私自身)泣ける感動がありました。そこにはトドゥアさんの幅広い表現力と声量があって、やはりチャイコフスキーはセンチメンタルに!ではなく、ロシアの大地を揺らがすほどの感情エネルギーがあってこそのもの!と実感。

リオンズさんはスタイルが良く、ドレス姿が映えて美しく輝いていました。そしてどんな役でもピタリとはまってしまう、往年の達者な名ソプラノのアマーラさんのような匂いがあり、お若いのにどの歌も練れていて、ベテランのような余裕すら感じましたね。また気軽にキスしてくれるのでサイン会も熱狂したとか(笑)?私は特にバタフライの入魂の歌声が印象的でした~。これからもキャリアを重ねて、世界中の舞台で活躍されることでしょう。お二人からはとても感謝されて、私もホッと一息!めでたしでした。

そういうことで、入り時間は2時。難しい時間ですね~、おなか空かないように疲れないようにしないとです。12時ちょっと前に「三崎丸」でご飯。ちょうど良い感じです。「季節の五貫盛り」はオススメ、大トロ、アナゴの炙り刺、真あじ、ホタルイカ、はまぐり。
a0041150_1515957.jpg

オススメの真イワシ、つぶ貝、しまあじ、アナゴの押鮨などを戴きました。
a0041150_1505821.jpg

a0041150_1512022.jpg

帰りは逆に早く8時過ぎには戻れましたので、浅草で打ち上げ。エネルギーを使ったのかな?何か太い大きな海老をムシャムシャ食べたくなって「かつき亭」で海老フライ!3本で!これは旨いです!幸せ。
a0041150_150133.jpg

この日の深夜には以前共演したトーマス・オリーマンスさんがNHKでヘラクレス役でグルックを歌っていましたね~。
by masa-hilton | 2014-05-27 01:53 | 日々の出来事
<< 7月5日は青森市民ホール エリアノール・リオンズさん、ア... >>