トマシュ・ヴィヤさんたち、4人の歌手と会う(笑)、そして曲目

a0041150_10293926.jpg昨日はソーニャ・シャリッチさん、シュタイン・マリエ・フィッシャーさん、アッティリオ・グラセールさん、トマシュ・ヴィヤさんたちに会ってきました。実はこの4人の歌手は、ベルリン交響楽団の公演の歌手として来日されています。それも栃木!

「いいよ。リハなんかしなくて」と、そこまでハッキリ言ったかは分かりませんが(笑)、ほぼそんなノリだったのですが、今回のガラコンサートは、それこそ「バタフライ」や「トスカ」やナポリ民謡じゃなくて、この人たちがドイツ系ということもあり、モーツァルトやワーグナー満載のプログラム!そういうわけで「せめて1回は合わせてね」と栃木までお出かけしてきました。9時16分の新幹線。

思ったものと調が違っていたり、レチタティーヴォの有無など!合わせて良かったですよ。彼らも「ブンダバー!」と安心して、当日は6時からのゲネプロになりました。歌の人はみんなこんな調子ですね(笑)。でも今回の4人はさすがにドイツ系なので、同じように少ないリハーサルでも「出たとこ勝負」ではないんですよね。そこが面白いとこです。鼻歌リハーサルみたいなことはないし、やり出すとテンポの指定などは細かい。プログラムの変更もなくキチンとしていました。そういう面では安心とも言えます。

県庁の近くにある栃木県総合文化センターのホール。そこのリハーサル室にお邪魔いたしました。リハーサル室と言ってもオーケストラやバレエも出来そうな、とても大きなお部屋ですね。
a0041150_1101221.jpg

歌手の皆さんは、写真とはかなり違います(笑)!!皆さん優しい感じのいいかたで、ホントに良かった。ソプラノのシャリッチさんは豊かな体格から、伸びやかな声が響き渡ります。まだ凄くお若いんですよね?貫禄のワーグナーでした。メゾのフィッシャーさんは背が高く声は低め、スケールの大きな品の良い表現力!グラセールさんはお髭で(笑)、リリックな軽やかなテノールになるのでしょうけど、日本だったら充分ドラマティックなものも歌える感じでした。ヴィヤさんは話し声からバス歌手ですが、歌われると軽やかな感じ。見た目もピクニックに来たヨーロッパ人という感じで(笑)とても楽しそうです。

プログラムは以下の通り。こりゃゲネプロだけじゃ厳しいでしょ。

モーツァルト「フィガロの結婚」 より『すっかり用意ができた~眼をちょっと見開いて』 (フィガロ)-バス
Mozart: Le nozze di Figaro / Figaro: Tutto è disposto...Bass
モーツァルト:歌劇「ポントの王ミトリダーテ」 より『私は罪びとです』(ファルナーチェ)-メゾ
Mozart: Mitridate / Farnace: Son, reo l'error confesso Mezzo-soprano
モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」から『カタログの歌』(レポレッロ)-バス
Mozart: Don Giovanni / Leporello: Madamina Bass
グルック:「オルフェオとエウリディーチェ」から『エウリディーチェを失って』(オルフェオ)-メゾ
Gluck: Orfeo ed Euridice / Orfeo: Che farò senza Euridice Mezzo-soprano
モーツァルト:「魔笛」から『なんと美しい絵姿』(タミーノ)-テノール
Mozart: Die Zauberflöte / Tamino: Dies Bildnis ist bezaubernd schön Tenor
ベッリーニ:「ノルマ」から『清らかな女神よ』(ノルマ)-ソプラノ
Bellini: Norma /Norma: Casta Diva Soprano
ドニゼッティ:「愛の妙薬」から『人知れぬ涙』(ネモリーノ)-テノール
Donizetti: L’ elisir d’ amore / Nemorino: Una furtiva lagrima Tenor
ヴェルディ:「リゴレット」から『どうもあなたにはいつか~美しい恋の娘よ』-四重唱
Verdi: Rigoletto / Un di, se ben rammento mi ... Bella figlia...Quartett

ビゼー:「カルメン」から『恋は野の鳥』(カルメン)-メゾ
Bizet: Carmen / Carmen: L'amour Mezzo-soprano
グノー:「ファウスト」から『この清らかな住まい』(ファウスト)-テノール
Gounod: Faust / Faust : Salut! Demeure chaste et pure Tenor
オッフェンバック:「ホフマン物語」から『舟歌』(デュエット)-ソプラノ&メゾ
Offenbach: Les contes d'Hofmann / "Belle nuit..." (Barcarole) Soprano – Mezzo-soprano
ニコライ:「ウィンザーの陽気な女房たち」から『聞け、森で雲雀がうたうのを』(フェントン)-テノール
Nicolai: Die lustigen Weiber von Windsor / Horch die Lerch singt im Hain Tenor
R.シュトラウス:「ナクソス島のアリアドネ」~『愛も、憎しみも、希望も、ためらいも』(ハルレキン)-バス
Strauss: Ariadne auf Naxos / Harlekin: Lieben, Hassen Bass
R.シュトラウス:「 ぼくの頭の上に広げてくれよ おまえの黒い髪を 」 6つの歌 Op.19より-テノール
Strauss: Breit über mein Haupt Tenor
R.シュトラウス:「 献呈 」-テノール
Strauss: Zueignung Tenor
ワーグナー:ヴェーゼンドンク歌曲集より『悩み』-メゾ
Wagner: Wesendonck-Lieder - Schmerzen Mezzo-soprano
ワーグナー:「タンホイザー」から『おごそかなこの広間よ』(エリーザベト)-ソプラノ
Wagner: Tannhäuser / Elisabeth "Dich teure Halle..." Soprano
ワーグナー:「タンホイザー」から『夕星の歌』(ヴォルフラム)-バス
Wagner: Tannhäuser / Wolfram "Das Lied an den Abendstern" Bass
ヴェルディ:「トロヴァトーレ」から『静かな夜』(レオノーラ)-ソプラノ
Verdi: Il trovatore / Leonora: Tacea la notte placida...Di tale amor Soprano


彼らは4人で分担ですし、もともと体力のある外国人なので楽々ですが、私は休憩なしでのリハーサル、疲れましたね(笑)。とても宇都宮餃子を食べまくって帰る余裕はなかったです。でもひと安心。私としては朝も早かったからなあ~。朝ご飯は新幹線の中で「うなぎ弁当」1800円。高いのにまずい!
a0041150_1132737.jpg

鰻が希少なのに、こんなまずい料理にしてはいけません!
a0041150_11323690.jpg

大体駅弁で「ひもを引っ張ると熱くなる」ものはキライです。やはり駅弁はなかなか良いものがない。地下で売っていた「深川飯」の鰻だってまずかったからな、それでも、あのほうがかなりマシですね。

そういうわけでお昼は宇都宮ではなく、帰ってきて上野で。上野の大好きなトンカツ「武蔵野」に行きました。高級風な柔らか、そして分厚いトンカツがランチだと1000円で食べられるミラクルなお店です。昔から行っていました!最近思い出して通っています。肉厚なヒレカツを戴きました。旨い!
a0041150_1133568.jpg

店内写真禁止なんですよね。夜のメニューだと「トンカツの大」というのもあって、これがまた凄いのです。規則違反で撮影した写真が食べログには載っています。チェーン店でもないのに、こんな美味しいお肉を安く提供するのは、ただただ「お客さんのため」という心意気!それ以外はないと思うのです。それなのに「旨い」とか「まずい」とか「衣がどうの」だの勝手なことを言われ頭に来るぜ、全く!そんなところなんじゃないでしょうかね(笑)?

家に帰ったら爆睡!そして夜10時ごろから起き出してゴソゴソ。夜は夜中の「ジョナサン」に行きました。また新しいメニュー。ファミレスもがんばってますね。
a0041150_11352278.jpg

a0041150_11354237.jpg

a0041150_1136524.jpg

a0041150_11371660.jpg

定番のミネストローネに続けて、マッドシェルのフリット、蟹さんです。旨い!メインは赤海老とアボカドのトマトソースのパスタ。なかなか美味しいですね。バリラ社のパスタだそうで、この食感が良い。イタリアンのお店もウカウカしてられないですね。そして桃シャ-ベット&ソフトクリームが旨い。ぐっと沁みるね~。思いの外シャーベットも美味しかった。なんか暑かったからな。幸せなひと時でした(笑)。

夜中、静かなファミレスでこんな風にソフトクリームに至るまで(笑)、心いくまで自分の好きなものを注文しているおじさんって・・・・どうだろう?やっぱりやばいかな(笑)。TシャツのEA7がEATに見えてくるって?
by masa-hilton | 2014-06-22 12:14 | 日々の出来事
<< ガラ・コンサート盛り上がりまし... いつものように、です >>