チョイまとめ&カティアのグリーグ

しつこいですが、それにしてもデーター飛ぶの恐ろしい!!落ち込みそうなところを、人形町の温かなお店に支えられました。いつものように天麩羅の「中山」さん。この「海老天丼」は私のオーダーだけで作っていたものが、お店のメニューになったものです。自分が好きなものだけに、いつ食べても旨い!
a0041150_0222039.jpg

もちろんお刺身もね、とても美味しい。
a0041150_023846.jpg

そしてこの「天丼」を食べたら、当然「おが和」さんの「鳥重」です。上の「鳥」を大盛にも出来ます。これで100円増しとはお得だ。
a0041150_0235588.jpg

これも美味しいね!絶品。これはお昼のメニューですが、さすがに皆さんよく知っていて混んでます!

タレが旨いと言ったら「銀座鳴門」の「鰻重」も!いいですなあ~~。
a0041150_0242715.jpg

そして今回の徹夜作業を支えてくれたのは、夜中の「天下一」夜中の「松屋」(笑)。ここに書くほどのことはないかもしれないけれど、お世話になった。このお店がなければ、徹夜の編曲はできない。感謝。「天下一」さんは「餃子」「半チャーハン」「酢豚」あたりは毎日のように。
a0041150_025630.jpg

a0041150_0252267.jpg

a0041150_0253953.jpg

冷やし中華」もずいぶん食べた。平均的な味を目指す大衆店!でもその後、食べられないくらいに不味くなった。どうしちゃったんだろう。
a0041150_0255851.jpg

「なすの味噌炒め」は見た目がしょぼいですが、こちらのお味は良かった。硬いけどお肉もちゃんと入っていました。
a0041150_0283342.jpg

意外に自分的に好評なのは「松屋」の「ガリチキ」。ガーリックチキンですね。これ、どこか懐かしいニンニク醤油味です。鶏肉は中国産でしょうから(笑)、その手の心配はありますがこれは旨い!
a0041150_029961.jpg

「すき家」が人出不足で閉店多数と聞きましたが、こちらの「松屋」も日本人の店ではないです。とても一生懸命なので不満はないですけど、見ているだけで大変そう。

変な時間の「三崎丸」というのも重宝ですね。メニューが秋物に変わりました。まずはサンマの刺身。
a0041150_030494.jpg

「季節の5貫盛」にも「さんま」が!前回の「5貫盛り」のほうが私は好きかな。単品の「そい」旨し。「イワシ」もね。
a0041150_0303586.jpg

a0041150_031696.jpg

お料理でオススメは「イカの天麩羅」。ボリュームもあるし美味しい。
a0041150_0325213.jpg

迷っているんだったら行くのが早い浅草や上野。御徒町のトンカツの「山家」も割と遅くまで営業しているので、よく行きましたよ。「ひれかつ」の「大」は大きいのが3枚。
a0041150_0351321.jpg

最近は「アジフライ」と「海老フライ」がトッピングできるようになったので、「ひれかつ」と「アジフライ」をセットにしてもらいました。1100円ぐらいだったなあ。
a0041150_0355015.jpg

安いしボリュームあるし、感じがいいし・・・・お客さんは後から後から絶えることがないお店ですね。人気店になってきました。ちょうど福岡の天麩羅の「ひらお」を思い出します。

食欲がないときもあります(笑)。そういう時は「東嶋屋」さんの「かきたまうどん」!「中山」さんのが「黒天丼」なら、こちらは「黒つゆうどん」!関西人なら卒倒しますね。また卵の感じがいいんだなあ~。

a0041150_0372067.jpg

「東嶋家」さんも夜、結構混んでます。温かい「天麩羅蕎麦」「すき焼きうどん」も私は好きです。

・・・・というわけで、仕事が立て込んでくると「ゆっくりコース料理」みたいなことが出来ません。手軽なお店でガツガツと。おまけにエネルギー不足や頭を使いますので、やたらに食べる。太りました!10月に向けてダイエットしてみようかな。とにかく編曲などのデスクワークが太るのです。

編曲の息抜きにちょっとわき見をしていたんですが、カティア・ブニアティシヴィリの演奏を初めて良いと思いました。彼女はとにかく才能があり過ぎで、テクニックに関しては「そこまで弾けなくても良いのではないか?」と思わせるほどの超人的なものを持っています。何となく今までは、それを本人が持て余しているような感じで、個性というよりは作為的であったりした印象でしたが、いよいよ本領発揮ですね!森の中のリサイタルは、その状況も不自然だからあまり心に響かなかったけれど、グリーグのピアノ協奏曲!これは良いです!もともと女優のように演技のはいった演奏スタイルですが、それが板につき音楽の表情までもふくらませてくれます。1楽章の第2主題を弾く前の悪魔のような天使のような(笑)魅惑的な表情(3分15秒あたりの)。ある人曰く「吸いつくように寄ってきて、全てを舐めとられてしまうような」な感じ、それに続く予想以上に美しいピアニッシモの主題にも参った!女性じゃなきゃできない表現ということ以上に、こんな人を相手にですよ、若い日本の真面目ピアニストさんたち、どうするんだろう・・・・・と他人事のように思ふ。クラシックはますます大変?やれやれ・・・・と今日も中華に!ダイエットはもう少し先・・・・
by masa-hilton | 2014-09-08 01:32 | 日々の出来事
<< 米沢に行ってきました ご心配かけましたが >>