「ほっ」と。キャンペーン

デザインK国際ピアノコンクール・予選終了

台風でどうなるかと思いましたが、無事にコンクールも終了。有難いことでもあるのですが、最近はマスコミが「台風台風」と大騒ぎするので、家の中にいると「外はどれほどのことになっているのか?」と恐る恐る外出をするような感じですよね。何と!!人形町はお祭り!人出もけっこうなもんです。
a0041150_10294666.jpg

甘酒横町のイヴェント。チョイわびしい?
a0041150_103114100.jpg

そんなこんなで、受験者にも審査員にも「台風の影響なし」でまずは良かったです。「良いところを見てあげて・・・・」という感じで、今回の審査はやってきましたが、いくらなんでも全員通してしまうことはできません(笑)。ということで残念な結果に終わったかたもいらっしゃるのですが、次に向かって頑張って下さいね。挫折というのも1つの「バネ」!チャンスでもあるわけで。

とにかくヨーロッパ音楽は伝統と様式が基礎。ここがおろそかだと、仮に完璧にうまく弾けているようでも、存在意味がなくなってしまう。無駄な練習と努力も虚しいですよね。セミファイナルはどんな演奏が展開されるか、とても楽しみです。

さて、このコンクールは終日の審査ではなかったので、随分体力的には有難かったですね。私は普段、他人の演奏を聴き続けるのは慣れていないので、異常に疲れてしまいます。今回は大丈夫!でも体内時計は狂ってしまって、やたらに早起きしてしまいました。

せっかくの「早起きしたチャンス」なので、「ゲソの天麩羅」がお気に入りのディープな「六文そば@人形町」に行こうと思ったら祝日だった~~お休み。仕方なく「福そば」に。オープンしたてに行きましたが、中途半端な感じで再訪していませんでした。久しぶりに行くと進化していましたね。お蕎麦は立ち食いにしては上質!また朝早くだったので、天麩羅もアツアツの揚げたて。とてもラッキーだったのですが、このゲソの天麩羅・・・・ゲソは少ない。
a0041150_10262365.jpg

具沢山にした覚えはないけど、普通に500円越え。300円台で戴ける「六文そば」!清潔感ゼロで居住性悪くても、男なら「六文そば」かな。

夜は近所の「肉屋直営・小松屋」に行ってみました。ずっと気になっていたお店です。ナマのお肉ではなく、熟成させたお肉でステーキを出すお店と聞いて、さらにソーセージが旨いという噂も気になります(笑)。オーナーはお肉屋さんでシェフはイタリアで修業された人。外国的な塩味メインの店でした。たれ味もあったら嬉しいかな。あと必ずドリンクを注文しなきゃないというのも、飲めない私にはちょっとね。そんなこと以外は全てオッケー!とても美味しかった!大満足!
a0041150_1025262.jpg

まずは「馬肉のタルタル」と「焼きトマト」、「スティック・サラダ」。「馬肉のタルタル」はもっとユッケのような柔らかい舌触りの良いものを想像していましたが、ワイルド系。ガーリックも強く、肉も噛みごたえあり。「焼きトマト」は普通に旨い。馬肉とも良く合います。
a0041150_10231427.jpg

a0041150_1023367.jpg

a0041150_10235033.jpg

「サラダ」はバーニャカウダ風なアンチョビソースで戴きますが、このソースがとても家庭的な味で良かった。お気に入りです。期待の「ソーセージ」は抜群に旨いですね!これは良い!
a0041150_10224445.jpg

お肉のステーキは前述のように、熟成肉を焼く「タリアータ」。熟成するので、「とろけるような」「ジューシーな」というものではなく、噛みごたえもあり、肉らしい肉に「ねぶりつく」というイメージ。これはこれで良いです。肩ロース400グラム!
a0041150_10221855.jpg

これを料理してこのように!!地味ながらつけあわせのマッシュ・ポテトが旨い!こうでなくては!
a0041150_10214334.jpg

旨いです!大満足!「然」と並ぶ人形町自慢の「肉のお店」といえますね。ただ居酒屋だからうるさい(笑)!この店に限ったことではないけど、何であんなに無意味に大声を出し騒ぐのか?私にはわからない。自分の家ではないのにね。これじゃ行儀の悪い子供を叱れないよね。
by masa-hilton | 2014-10-14 10:32 | 日々の出来事
<< 声明コンサートの合同リハーサル デザインK国際ピアノコンクール... >>