「ほっ」と。キャンペーン

デザインK国際ピアノコンクール、セミファイナル終了でコンサートに突入

デザインKのコンクール、初日に書きましたように恐ろしく充実した内容になってしまいましたよ(笑)。このワークショップは、私の考えたことではあるんですが、これは画期的ですし、かなり自画自賛してよいかも。でもこれは審査員の先生方のご協力がなければできないことでした。心から御礼申し上げます。
a0041150_0341818.jpg

責任あるから最初は私だけが弾いていたんですけど、段々皆さんもノリノリになってきて、ハードな公開レッスンばかりでなく、岡崎さんはもちろん、金子先生も上野先生もガンガン弾き出しました(笑)。そして楽しそう。ピティナのステップじゃ、なかなか見れない光景の数々。先生方のポイントの押さえ方も、それぞれ個性があるので、見ていても面白かったはずです。

あ、私!1つお詫び。ラヴェルのソナチネの指遣いについて、核心を突くやりやすいものを伝授したんですが、どこで覚え違いをしたんだか、それを「ペルルミュテールの版にあった」と言ってしまいました。完全に間違いだし、どの本に書いてあったのかも・・・・・(笑)。ごめんなさいね。でも弾きやすいことは間違いないから。そうは言っても現役ピアニストですから、責任は私自身がとれますので(笑)、だから大丈夫。

受験者のお1人はちょうど前日、学生音楽コンクール東京大会で1位をとったばかりというような人もいて、なかなか聴きごたえのあるコンクールになっていました。

お昼は両日とも泉ガーデンタワー。初日は「四季七草」の「豚しゃぶ」。たくさんある泉ガーデンタワーのお店のランチの中で、ナンバー1の人気を誇るものらしいですね。
a0041150_036222.jpg

ま、普通です(笑)。もともと「しゃぶしゃぶ派」ではないので感動はやや薄く(笑)。翌日は前回、ナポリタンを出して来たイタリアン(笑)の「トラットリア・イタリア」。サラダとラザニアとパスタのランチ。私、ラザニア大好きなので飛びつきました。
a0041150_037261.jpg

a0041150_0382197.jpg

申し訳ないけど、この「ラザニア」は戴けないね。自分で選んだんだから仕方ないけど(笑)、真面目に作ったんかな?乾燥そぼろ肉の佃煮?の出来そこないみたいな感じ。みなさん残してましたね(笑)。これなら「ナポリタン」、ずっと良かったよ(笑)。

お洒落な空間なのにもっと美味しい店がはいってて良さそうな泉ガーデン。実はこのイタリアン、うちの近くにもあります。ほら、三越の前の地下ですよ、行きませんけど(笑)。

初日の夜は帰ってから「三崎丸」の閉店時間に間に合いましたので、こちらで。お手ごろなお寿司ですが、安堵感もあり落ち着けます。でもね、最近は身元がばれてしまい「コンサートの帰り?」などと聞かれてしまいます(笑)。まずは季節の「土瓶蒸」。
a0041150_0394266.jpg

ちゃんとマツタケはいってます。香りもするし、これは悪くないですね。
a0041150_0402910.jpg

「あじ」「いわし」「つぶ貝」「大トロ」「かんぱち」などなど。
a0041150_0405528.jpg

a0041150_0411327.jpg

あと「ほうぼう」なども食べました。2日目は「龍盛菜館」で「なすの味噌炒め」になりました、かなり遅い時間だったので。ボリュームはたっぷり。
a0041150_042548.jpg

人形町はちょうど「人形市」のシーズンでした。あまり見るべきものはないですね、例年通り。
a0041150_0431444.jpg

何割引とか言われても新鮮さがない。もともと高い値段がついていて、なんかねえ・・・・ピンと来ないんだよね。ちなみに私は人形好きなんですよ。「良ければ買いたい!」クチです。

そうそう、「べったら」さんもありますね。こちらのほうがずっと楽しい。今日はまた玉川上水で武田忠善さんと合わせ第2回目だったのですが、その前に富沢町の「喜久川」で鰻。いつもながら肉厚でふっくら。美味しい!
a0041150_045765.jpg

「ベったら」さんということで、「ベったら漬」がサービス。さすがに本物!「お江戸のベったら漬」は旨い!
a0041150_0453569.jpg

おばさんに「いつもこのほうがいいよ」って言ったら「そうはいかない」って言われた(笑)。そんなこんなで国立音大に行ったら、今井顕さんにバッタリ。これも楽しかった。

毎日なんだかんだで大変ですが、がんばります!!
by masa-hilton | 2014-10-21 00:46 | 日々の出来事
<< リハーサルが続く、声明コンサー... デザインK国際ピアノコンクール... >>