「ほっ」と。キャンペーン

高松に行ってきました、またまた

武田さんのコンサートの後は、人に会ったりバタバタ。雑事もたまっていますが、コンサートも引き続きアリ。練習もしなきゃですよ。クラシックのピアニストは大変です。11月1日は「アイーダ」で来日中のスロヴェニア・マリボール国立歌劇場の歌手3人とのコンサートがあり、曲が決まってない状態・・・・歌手とはそんなものです。ピアニストは対応するのみ(泣)。あとは豊橋の3大ピアノがありますね~。まずは高松からですね。

エボラで揺れる羽田空港で、「今日も不味い空弁かあ・・・・」と思いつつ。でも最近は「アベ鳥取堂」のお弁当で、割と美味しく戴いていますね。今回はコレ!蒲田にある「ひよこ」の鳥重。
a0041150_3131443.jpg

この鳥重、なかなか良いですよ!やればできるじゃん。ちゃんと味見すりゃいいんですよ。量はチョイ少なめです。
a0041150_3141884.jpg

高松に行くと、美味しい店はココ。「水仙」。今回は昼間っから贅沢に食いまくり!
a0041150_3151353.jpg

刺身は、漁師から直に仕入れるという「オリーブはまち」「イカ」。そして「サザエのつぼ焼き」。
a0041150_3161984.jpg

a0041150_3164382.jpg

a0041150_3165918.jpg

ローストビーフと合鴨、それに焼き豚という、自家製の3部作!
a0041150_3184817.jpg

甘いタレで食べたかったカモな。鴨・・・。でも美味しい。
a0041150_3192324.jpg

マツタケご飯。炊いてます。
a0041150_3202194.jpg

ちょっと香りが少ないと思ったら輸入もの。残念なようではありますが、大量に入っています(笑)。これも良いねって感じ!
a0041150_3254742.jpg


今回は街中のホテルだったので、夜は夜で美味しい店の冒険に出かけました。いつも高松にお良いしい店が少ないと言っていますが、これは自分で歩く時間がないからですよ。何回も探検に行けば、美味しいものに当たるんです。街中の商店街で4つの選択、骨付き鶏の「蘭丸」、イタリアン(パスタ)の「ピッコロ・ヂヂ」、ちょっとアダルトなイタリアン「キッチン・フィガロ」、そしてお気に入りの飲み屋「えん家」のマスターが薦めた中華。その中華は「未来餃子館」だとばかり思っていましたが、「みらい」ではなく「らいらい」でした。「来来餃子館」。

名物の「骨付き鶏」は塩が強い店もアリ、飲み屋であることも考えパス。イタリアンは東京の美味しいところよりも、個性的なものは出てこないだろう・・・とパス。何よりもプロが薦めるというのが良いな!と思い中華へ。

名前の「餃子館」に敬意を表して「焼餃子」、あれ?これは普通だぞ?
a0041150_3211996.jpg

ニンニクを使っていないのですね。「水餃子」はセロリ入り。これは旨い!なかなか!
a0041150_32272.jpg

「酢豚」は薄い肉をパリパリに揚げて、個性的。でも旨いのです!
a0041150_3224664.jpg

残しても良いからと思って「チャーハン」。好みの感じで完食しました。さすが美味しいお店でしたね。
a0041150_3242514.jpg

いつもクレメントホテルの中華で3000円ちょっとのコースを食べていましたが、そちらが不味いということもないのですが、この「餃子未来館」のほうがいいですね。おなかいっぱい、2000円少しで安い!

次の日のお昼は、やはり「水仙」へ。定番の「天丼定食」です。甘いお味で美味しい!
a0041150_3265818.jpg

と、食べ物のことばかりですが(笑)レッスンは順調。順調と言っても、ここんとこコンクールの審査が続いたせいか、ちょっと耳の基準が厳しくなっていたかもです。普段はそれぞれのペースに合わせているのですが、今回はイライラするような時間もありました。もともと弟子入りというのは師匠のそうした息使いも学ぶもの。私の子供のころもそうだった!それは良い思い出ではないけど、そうあるべきなのかも?とも思いました。

あと子供たちが、コンクールのために「?」な曲を弾いているのも良くないと思いました。「かまきり」って曲でしたが(笑)これは・・・・(笑)。上達とはあまり関係ないお遊びジャンルながら、コンクールの課題曲。カワイの音楽コンクールなので、カワイが出版した楽譜の中から曲を選択するシステム。これはビジネス主導であって教育第一ではないような。本来は古典における様式や宗教的な表現、舞曲の演奏法など・・・・子供の時からそういうものを学ぶべきであって、上達とは弾けるようになることではなく伝統を学ぶことなのに。今のままでは大事な時間とお金が無駄になりかねない・・・・等と言ってはいけないのかなあ?ここは遠慮してはいけないと思う。学ぶべきことはいっぱいあるのだから!ぜひ心あるスタッフのかた、改善して下さいね!子供たちのために。

とか、人の心配をしている場合じゃないや(笑)。まずは自分だ!さてさて次をやらないと。また気を引き締めてコンサートへ突入!
by masa-hilton | 2014-10-29 03:30 | 日々の出来事
<< 月刊「ショパン」11月号、連載... 武田忠善さんコンサート華やかに... >>