「ほっ」と。キャンペーン

さらにバタバタ走ります(笑)!!

結局忙しくなってくると何にしわ寄せが来るか?というのは、多分ピアニストによって個人差があると思うけれど、大体の人はこう言う。「そりゃピアノだろう」って。ピアノ以外はすべて順調というか、ピアノ以外は全部準備が出来た・・・なんてことが結構ある。後回しにするのはヤバイようだけど、自分の人間力としては、自分の中でピアノが一番得意なんだから、そういうことになる・・・・とも言える。あとピアノは、心があわただしいと弾けない気がしてしまうのだ。例えば会社?みたいなところで働いて帰ってきて、あわただしく規則正しく練習するとかで、良い音楽が生まれるはずもないよね(笑)。体操したりジョギングしたりも、それも音楽には結びつかない。理屈で考えたってそうだ、音楽はファンタジーなのだから。不幸せなほうが良い音楽が出来るというのも嘘!演奏家に関しては、毎日が幸せなドリーミーな生活でなければ、素敵なフレージングなんて生まれてこない。絶対。

だから私は同業者と会うのが大好きだ。みんなフワフワとしていて(笑)楽しそうに輝いている人たちだから。お互い様に良い影響を与えられる。月刊「ショパン」の連載は、今月は近藤嘉宏さんが相手。見た目と違い、よくしゃべる楽しい人なので面白いこだわりについてもしっかりと!バッチリの内容。以前書いたように、実際は4時間話して2時間半以上紙面に載せられないような(笑)。これもメチャ楽しい。来月号は高橋多佳子さん。スケジュール調整がうまく行ったので、せっかくだからご主人の下田幸二さんとの3者対談!豪華にやります。これも楽しかったね。
a0041150_6148.jpg

今回は載せられそうな話が多くて(笑)、編集の天才ウナ子さんもひと安心。高橋さんが「ひつまぶし」を希望したので「備長」に行ったのだけど、ウナ子さんお気に入りの店だけにさらにゴキゲンなご様子(笑)。

最初の話に戻すけど、音楽に気持ちを戻すためにも、雑用は出来るだけ早く終えなければならない。さらに走りまくりでマジ時間がない。体もスタミナ料理が欲しくなる。今日はちょっと歩いて、久しぶりの「新日本焼肉党」でランチ。ちゃんとナマ肉も出してくれるお気に入りの店。
a0041150_615897.jpg

あいかわらず柔らかく美味しい山形牛を使っているのだけれど、安い。カルビ中落ちランチの普通盛りにレバー、ホルモンを追加して。
a0041150_623660.jpg

レバー、ホルモンの追加はそれぞれ300円増し。良いよね~~~!
a0041150_631288.jpg

全景がこちら。1800円ぐらいだから上等でしょう?
a0041150_645142.jpg

休日ランチで焼肉をたくさん食べるなら、この辺りならまさにこの店。夜は生肉のお鮨などもあって、さらに嬉しい!

このあとはクルーズのメンバーが全員集合。リハーサルの始まり。忙しい一日だったね。リハーサルは、とてもゴージャスに素晴らしい内容だった。これは本番も楽しみ。

なんとソプラノの江口二美さんが「自撮り棒」を購入してきて盛り上がっていた。これが初めての一枚。うちの電球が光ってご自身のお顔に「Xファイル」のような謎の光が(笑)。ピントといい、リモコン持ってる手も見えてるし・・・・江口さん、もう少し習練が必要かも(爆笑)。
a0041150_550775.jpg

さて、リハーサルはサササと、思いの外に早く終わったので「龍盛菜館」に行って宴会を。中華だから何かもうツアーが始まったような感じ。定番のワンタンスープから。これが旨い!
a0041150_5423740.jpg

前菜も大盛。「豚肉のいためもの」は見た目よりもずっと美味しい。
a0041150_5431233.jpg

a0041150_5432888.jpg

海老チリソース、酢豚、カニ玉、好きなものばかりだね。
a0041150_5435355.jpg

a0041150_544773.jpg

a0041150_5442637.jpg

a0041150_5444434.jpg

a0041150_5451699.jpg

さらに小籠包とチャーハンがついて、実はこれ、2000円のコース(笑)。驚くほどにリーズナブル!!で、量も大量、けっこう旨いし。大人数で行くならオススメの人形町の中華だね。話も弾んでとても楽しかった。良い仲間がいるって本当に幸せなことだ。
by masa-hilton | 2015-01-12 06:15 | 日々の出来事
<< ツアー前日 バタバタ走ってます! >>