東南アジアにクルーズで、GO、GO、GO!(その3)

さて16日の夜から。この日はオフの日で夜中の練習のみ。この練習場所も他のアーティストたちとバランスをとります。陸にいる時、自分のスケジュールを自在に組めること、そんな当たり前のことにも感謝の気持ちが生まれます。

ところで「ナポリタン」のあと、短時間で夕食になりました(笑)。船っておなかすくんですよ・・・・と言い訳してみたり(笑)。今日の晩ご飯、コースは洋風。まずはお魚の「カルパッチョ」、健康を考えた感じの「コンソメスープ」。
a0041150_0593147.jpg

a0041150_103051.jpg

泡立てムースの下は「ヒラメ」、その下に「パスタ」をあしらったもの、これは大変美味しかったですね。
a0041150_12055.jpg

チーズをまぶしたサラダにメインは「鴨肉」のソテーでした。デザートは果物とタルト。とてもまとまりの良いコースでしたね。
a0041150_133821.jpg

a0041150_144022.jpg

a0041150_153293.jpg

そして夜11時、夜食は「ささ木」のプロデュースの「温麵」なので行ってみました。
a0041150_163918.jpg

が、それにも増して、にっぽん丸特製「かぼちゃくん」なる饅頭が旨い。硬めの「焼きおにぎり」も好みです。
a0041150_174110.jpg

a0041150_183941.jpg

にっぽん丸ダイニングの毎日工夫を凝らしてのお料理!私の「ミシュラン星」を差し上げたい(笑)。個人的な好みですが、「ささ木」の「温麺」より初日の「にっぽん丸温麺」のほうが好きかもしれません。

このあとは、夜中のラウンジに行って練習です。夜中の船内、香港上陸に向けて船内も色々準備中でしたね。
a0041150_1104978.jpg

17日朝、目覚めると、どんどん香港が近づいてきます。
a0041150_1125479.jpg

a0041150_1135331.jpg

私は6階で朝食。今回の女性陣は朝食を食べません。ちょっとさびしい。このリッチな雰囲気をぜひ味わってほしいなあ~と思いつつ。
a0041150_1152252.jpg

a0041150_116956.jpg

a0041150_1165291.jpg

ゆったりとした気分を味わっているうちに目の前に香港!
a0041150_1175829.jpg

a0041150_20183.jpg

寄港しても上陸をするかどうかは自由。ずっと船から出ないかたもいらっしゃれば、港直結のショッピングモールだけというかたもいらっしゃいます。ツアーであちこち周るかたもいらっしゃるし、自力で市内を闊歩されるかたも。豪華な船旅が主役だから、船の上で過ごすことが大事なんです。

私たちは自力で闊歩の選択(笑)。上陸後、すぐ江口さんの「自撮り棒」が活躍します。
a0041150_0133495.jpg

実は私が日本から、美味しいと噂の「インターコンチネンタル・ホテル」の中華を予約したのでした。まずはシーサイドを歩いていきます。文化の中心地、まずはオペラやバレエを見つけました。「トゥーランドットだ。よし、一発歌っていこう」「高野さん、これバレエですよ」「だいたい来月やし」(笑)。
a0041150_05705.jpg

古川さんは、ジャッキー・チェンの手形に狂喜し、強風の中、我々はブルース・リーの銅像に群がります。
a0041150_0155175.jpg

あちこち工事中で、ぐるっと回りましたが、やっとホテル入口に到着です。
a0041150_0553330.jpg

12時のオープンまで待たされましたが、メニューを見るとコース35000円、酢豚6000円みたいな・・・・。どのお料理も5000円以上!「た・た・高い」「斎藤さん、ここやめよう~」「魚介の煮物…12000円?」「私、ラーメンでいい(汗)。ラーメンないの?」「餃子なら、え?1個500円?」と、日本を代表するアーティストたちが我を忘れて取り乱します。見かねた店の人が「一皿4~5人分アルネ、大丈夫アル」と言ってくれて、平和が訪れたのでした~~~(笑)。

席に着いたら、けっこうお安いランチメニューが配られて「なんだ、これがあるなら最初から出してよ~」「きっとボクたち、上品な客に見えたんだよ」「そうだね、きっとそうだ」・・・とノー天気な会話が続く。結局安いランチコース(と言っても5000円以上です)は選ばずに知恵を絞って考えたアラカルトにしました。お店はとても良い雰囲気~。左利きの古川さんには、何も言わないのに左利き用の配膳!と、行き届いたサービスが。
a0041150_0532587.jpg

「お店からのサービスあるヨ」となぜだか知らないけど、ウェルカムのシャンパンが。これがまた「上物」だったので、先ほどの「取り乱し」はどこへやら~このゴキゲンぶり。後ろの中国のおじさんがウザそうに注目。
a0041150_0521654.jpg

ツマミで出された「くるみ」のスナックが実に旨い。「これ、買って帰りたいね」とツマミの段階からハイテンションに!
a0041150_0495288.jpg

「肉シュウマイ」はカニみそテイスト!本当に美味しい。そして東京で聞いた通り「海老餃子」はプリプリでした。
a0041150_048492.jpg

a0041150_0511043.jpg

みんなの総意で頼んだ「酢豚」。超美味しい。上品というか、絶妙なテイスト。さすがやねん。最高な酢豚だったです。また食べたい。
a0041150_0472413.jpg

ハタを蒸して、中華ハムや野菜をローリングしたもの。これはハタが旨いと聞いて頼んだのですが、間違えちゃったみたい。でも珍しいものでしたからもちろん満足。
a0041150_04643.jpg

やはり現場のノリで勘でチョイスしちゃおう。私のイチオシで頼んだ「鳩のひき肉」のお料理。
a0041150_0383670.jpg

これにキャビアやカシューナッツをトッピングして、レタスに巻きます。特製ソースをかけて北京ダック風に戴くもの。
a0041150_0393891.jpg

a0041150_0402636.jpg

これがベストでした!ホント旨い。これってもう食べられないよね。よそになかなかないもんね。これ絶品。これだけでも、来た甲斐があったというものです。
a0041150_0424986.jpg

海鮮の「かた焼きそば」も超美味しい。そんじょそこらの「かた焼きそば」ではありませんでした。
a0041150_0351771.jpg

ホントに大満足!幸せな一同!
a0041150_0321424.jpg

ぴったり1人7000円。東京で「7000円ぐらいかかるよ」とみんなに言っていて、それがぴったりだったので、「ぴったり男」というあだ名がつきました。ここまでイベントの時間も何も大体「ぴったり」来ていましたので、良い名前なんですが・・・妖怪ぽい(笑)。「俺の吸盤にかぶれるなよ~」とかね(笑)。

ここで、このツアーで私たちを支えてくれたコーディネーターの橋本さんとお別れ。レストランが飛行機の時間に間に合うようにしてくれたので、チップも多めにしました。そして私たちは香港自力散策に。
a0041150_0305220.jpg

まず、お茶をしようと行ったホテル「ザ・ペニンシュラ香港」は一杯でした。有名なアフタヌーンティーは無理でしたね。ここは宿泊客優先のホテルですから。
a0041150_0213591.jpg

町を歩きまわりましたが、人人人。東京でもここまで人はいませんよ(笑)。
a0041150_019281.jpg

a0041150_023637.jpg

薬屋さんもいっぱい。漢方薬、怪しげな精力剤など売られています。
a0041150_0255720.jpg

日本語がついている薬がまた怪しい。男性の精力剤には「男のソース!」と書かれていました(笑)。かゆみ止めのムヒ、もちろん偽物です。
a0041150_0271011.jpg

サロンパスもどき。しかし我々がつける英語のタイトルなども、こんなもんなのかもしれませんね。
a0041150_028820.jpg

正露丸は偽物を4種類発見しました。本物はもちろん「ラッパ」のマークですが、「トランペット」のもの(笑)。漢字だけの絵なし。胃袋の絵が書いてあるもの。もちろん大幸薬品ではなく「日本強力剤」です。でも一番すごいのが「サックス」!
a0041150_0293180.jpg

正露丸「ジャズバージョン」マジ書いてありますよね。本物より美味しかったり、飲みやすいかもしれませんけど(笑)。これらは高野さんが購入していました(笑)。そして古川さんの高額な買い物意欲に、マジ驚く江口さん!
a0041150_1252781.jpg

「アフタヌーンティー」は結局「シェラトンホテル」のにしました。
a0041150_1275491.jpg

a0041150_1285136.jpg

こちらでも十分に美味しく満足。
a0041150_1295527.jpg

そして私が飲んだメロンジュース!人生最高「メロンジュース」でしたよ。とても濃くて、良いお味でした。
a0041150_1505512.jpg

リッチな人も多いのでしょうね。モデル級の美女たちが闊歩していて目の保養です。でもそばに行ってみたら、ナフタリン臭かった(って、そばに行くなよ~笑)。高野さんも思い切りナフタリン攻撃を受けダウン(笑)。

その後は全員が持っている香港ドルをうまく使い切るべく、私は中国のヤクルトを買いました。江口さんと高野さんがガス入りのミネラルウォーターを買って小銭までぴったり無くなりました。そしてまた「ぴったり男」と称賛を受ける私!ところで中国のヤクルト、飲むとちょっと薄い。そしてちょっと大きい。本物かいな?
a0041150_1542058.jpg

忙しい町の香港、こちらは楽しく過ごせました。
a0041150_156237.jpg

船に戻ると気分にピッタリの和食が待っていました。「ブルーチーズ、ビーフパストラミ、昆布巻」の前菜、お刺身は「カンパチの2種盛」「鶏肉の野菜巻」、天麩羅は「精進揚」。
a0041150_34624.jpg

a0041150_325989.jpg

a0041150_345412.jpg

a0041150_354485.jpg

この天麩羅が良かったです。食べたいな~という感じでしたのでドンピシャ。ウルイ、たらの芽、蓮根、ふきのとう等です。梅肉和えは「ホタテとアスパラガス」。筍ごはんに赤だし、「抹茶わらびもち」のデザートです。
a0041150_2135836.jpg

a0041150_2155399.jpg

a0041150_218081.jpg

a0041150_31529.jpg

とても美味しい、バランスの良いコースで大満足。そうそう、この日はブログも書きましたね(つづく)。
by masa-hilton | 2015-02-07 03:07 | 豪華クルーズ旅演奏会
<< 東南アジアにクルーズで、GO、... 東南アジアにクルーズで、GO、... >>