ユリアナ・アレクシュクさん、圧倒的な声と実力を発揮!大成功!

ユリアナ・アレクシュクさん、圧倒的な声の威力とすばらしい実力を発揮しまして、会場を熱狂させました。すばらしい!アレクシュクさんはコロラトゥーラと言っても、普通の軽い感じではなく、充実した声量でしっとりと情感豊かに歌って行きます。凄いですね。お国柄でしょうね。それにお人柄や仕草もかわいらしいので、お客様にも大人気でした。ほとんどリハーサルがなかったのですが、歌う前にサイズや音型を変更されたりと、度胸も満点。まだお若いので、これから将来大ソプラノになって行かれるのではないでしょうか?私も大変感謝されて、汗だくで申し訳なかったのですが、そこをためらいもなく(笑)キスしてくれました!

それにしても声というのはあからさまです。前回のエリア・ファビアンさんもそうですが、絶対普通に日本人ではなし得ない声量と表現力。スケートなど、日本人が頂点に立つ時代が来ていますが、オペラはなかなか難しいようですね。「色々な事情で」ではなくて、本当に実力のある人をもっと評価してほしいですね。よろしくお願いします!

ところで私はずっと昔、ウクライナの「キエフ音楽祭」に招かれたことがあります。会場にいらしていたアレクシュクさんのお友達でウクライナの歌手のかたと、当時の貨幣「クーポン」の話をしました。すると「クーポン」はロシアからウクライナに移行する1年ぐらいのお金の単位だったことを教えてくれました。私、すごいタイミングで行ったんですね。また「ソーヤンカ(サルヤンカ)スープが大好きだ」という話をすると、本当は「ボルシチがウクライナのもので、サルヤンカがロシアのものだ」ということでした。スープを根本的に間違って認識していたのを初めて知りましたよ(笑)。でもその歌手の人が「あなたはウクライナの曲がすごく上手ですね。とてもすばらしい!」と誉めて下さったので、プロデューサーのヤマネさんが「斎藤さん!スープは間違っていましたが歌曲はオッケーですよ(笑)。これはブログネタですね」と大爆笑されてました。

そのウクライナの曲は手書き楽譜で、また印刷も薄く見づらい!大変なものだったのです。というわけで譜めくりの管理人さんには早めに集合して戴き、まずは「喜久川」さんで「鰻」。
a0041150_2341169.jpg

だって鰻食べると目が良く見えるって言うじゃないですか(笑)。

この日は風が強くてお客様は大変だったのではないでしょうか?帰りには雨も少しおさまりました。私はこれで終わりというわけではないですが、CD録音からのハードスケジュールはひと段落。安心したか、妙におなかがすいて久々「香港美食園」へ。管理人さんも言っていましたが、なぜか「チャーハン」が食べたくて(笑)。まず「ピータン」「餃子」300円安い!
a0041150_23414866.jpg

a0041150_2342142.jpg

このお店、行くたびに味が変わったりするんですが、「餃子」とても旨かったです。「キクラゲの炒め物」はやや味が濃かったです。500円!
a0041150_23423087.jpg

そして好物の「海鮮チャーハン」。これはいつ食べても(夜は)美味しいですね。味が濃くないんですよね。
a0041150_23425418.jpg

このお店、オールシーズンで「冷やし中華」があるんですよね。近々に食べたいです。そして久しぶりにゆっくり寝ました。あ~~~ふやけてしまいそう(笑)。1日ゆっくり休みまして、今夜は「太田鮨」さんでリラックスです。
a0041150_23431931.jpg

良いですよね、このマグロの焼き物!最高です!
a0041150_23434348.jpg

「海老きゅう」巻いてもらいました。車エビ美味しい!
a0041150_2344544.jpg

常連仕様の「ゲソ」も旨し!「アナゴ」は日本一ですね!
a0041150_2344268.jpg

a0041150_23444338.jpg

今日はご近所さんがいらしていて、お話も楽しく癒されました。次の仕事は5月4日ラ・フォル・ジュルネのコンサート!菊地裕介くんとの共演ですから楽しみです。入場無料です!また告知しますね。
by masa-hilton | 2015-04-21 23:49 | 日々の出来事
<< 月刊「ショパン」5月号 対談&... ユリアナ・アレクシュクさんの曲目 >>