ボケていますね、まったく

ホントに大ボケこいてます。打ち合わせの日だと思って恵比寿まで出かけて来ましたが、何と打ち合わせは翌日でした。ああああ。また行かなきゃ。

でもボケてはいても、相変わらず運強い。ちょっとですが打ち合わせもできたし。それよりも何よりも、早めに行って恵比寿でお鮨でも食べようと出かけて行ったから。「お鮨を食べに行ったんだ!」と言い切ってしまえばOKじゃん。そういうこともあるよ。銀座にだってよく食べに行くわけで(笑)。

伺ったのは恵比寿にある有名店「松栄」。六本木にも支店を出す人気のお寿司屋さん、客すじの感じも美味しいものをわざわざ食べに来た人たちって感じ。「バラチラシ」みたいなものもあって、お昼はお手軽値段でも戴けるから、常連さんも多そうだし。お店の感じやお鮨のテイストも女性客にウケそうです。

私はお昼の12貫のコース。5400円のにしました。たっぷりと量もあるしバラエティにも富んでいましたね。几帳面な感じの仕事ぶりで「良質のお鮨だぞ~」オーラも十分感じられました。正直には「普通に美味しい」という印象。最近、日本橋以外では、どこでもそんな感じで・・・・ちょっと困る。特別な感動はなくても、この内容なら高くはないと思いますよ。大体ランチで判断してはいけません!勝負は夜です。ちなみに夜は1万円から、だそうです。

まずはワカメの先付け。よく冷えていて旨いですね。甘すぎずキリッと、爽やかな感じです。
a0041150_121035.jpg

鮨はまず「しまあじ」「いさき」から。「しまあじ」からスタートというのが良いじゃないですか。もう少しネタを厚く切ってもらうほうが好みですが、見るからに美しい。
a0041150_12104429.jpg

「白海老」「とり貝」は普通には出しませんね。上品に手が加えられています。素材の良い「赤貝」「あじ」に続きます。
a0041150_1211775.jpg

a0041150_1211213.jpg

「カマス」って聞こえたけど違うかもだよね(笑)?「トロ」は生ハムみたいに薄切りにしてくるりと巻いて。技とアイデアが洋風ですね、だけど普通に戴いた方がもっと旨いかもよ?
a0041150_12114919.jpg

途中でお味噌汁が出て来ましたが、これが旨い。超旨いです。「ガリ」も美味しいので嬉しい。仕事は確かですね。「うに」「いくら」で「ヅケ」「アナゴ」。「ヅケ」はサッパリした感じ、「アナゴ」はふっくらですが身を中にして握るので、ふっくら感はやや殺される感じ。でもきっとわざとでしょうね。
a0041150_12121346.jpg

a0041150_12122982.jpg

シメのサッパリした「卵焼き」に続いて、最後の巻物は「ひもきゅう」。これは他の人もそうだったのでコースで決めてあるみたい。このあたりが良いところで充実感がアップ。
a0041150_12125218.jpg

a0041150_12131357.jpg

都会的な感じのお寿司屋さん、その割にはシャリが大きい。上質な感じも満足度も高く、悪いところはありません。ゴキゲン!楽しめました。

もし気に入らないことがあるとすれば、最近の鮨屋同様「塩で食べろ」と言ってきたり、醤油をハナから塗って出すことぐらいかな(笑)?お鮨に限らずですが、何でも「塩でどうぞ」と言うのは何?お洒落なの?と全く理解できないですね。むしろ印象は逆で、芸がない気がするんだよね(笑)。もともとその料理をきちんと味わう気がないから、味あわせる自信がないから、途中で味を変えたいとか思うんじゃないかな?音楽だったらそんなとこだよね、気の迷いだ。あと醤油は自分でつけたいんだけど(笑)ダメなの?どう(笑)?とか言いつつ、こちらの「松栄」さんには通いたい。ホントに美味しいお店なんですよ。
by masa-hilton | 2015-06-17 12:20 | 趣味&グルメ
<< ボケた「ツケ」をバシバシ払う(笑) トリオ・ドゥ・ラヴァンチュール... >>