「ほっ」と。キャンペーン

フアン・ホセ・デ・レオンさんと会う

今日は若きテノール、フアン・ホセ・デ・レオンさんとのリハーサルでした。まるでコンサートのように、スカッと通して終わりました(笑)。いや、すんばらしいテノールです。これからのキャリアの積みようによるのでしょうけど、世界最高のテノールになれる可能性を充分に持った人です。これは楽しみな人ですね~。そう言えば、あのカウフマンも最初武蔵野に来て歌ったんですから。そのときけっこう不評だったとか(笑)ですが、慧眼正しく今や最高峰のテノールです。デ・レオンさんはきっとこの武蔵野でも絶賛され、ドンドン成功を収めていかれることでしょうね。応援しましょう!

高い声が出るテノールは、軽いということでフニャフニャ声の人が多いですよね。私の個人的な好みだとフローレスみたいな声よりは、コレルリとかモナコが好きだから特にそう感じるのですが、デ・レオンさんは話す声こそ高い声ですが(笑)、歌声は何ともブリリアントで力強さもあり、輝かしいんです。テノールを聴く醍醐味も味わえます。例えば2010年のまだコンクール時代の映像がこちら、これでもそれが十分わかりますよね。

今回はドイツリートやフランス歌曲の繊細きわまりない表現や、女心の歌やオーソレミオなど、ご本人も「ピアニッシモや大声出したりで、声帯おかしくなっちゃうね~」と笑っていましたが、さらに「こんなアリアばかり歌うプログラムなんてありえないよ」と言いつつ、カットすることなく全部歌うようです。今日もフルヴォイスでガンガン歌っていましたので、リハで調子を崩されても困ると思い「テンポさえわかればフルヴォイスじゃなくて大丈夫だよ」と言いましたら「これは、僕自身のためにやってるんだよ」と、本番でどこまで出来るか試してるように、見事なハイCを連発していました。いや~若いっていいですね。疲れを知りません。

早口だしせっかちなのかも知れなくて、振り向くとそこにはもういなくて、どこかへ闊歩して行っちゃいました(笑)。元気いっぱいです。本番もホントに楽しみですね。

ところで、今日のリハーサルは18時半からだったので、遅めのお昼ご飯、日曜だしそうした時間の自由がきくのは人形町では「三崎丸」しかないんです。「三崎丸」さん、久しぶりだったのですが、ここ最近銀座や恵比寿などで高級寿司を食べて、「オススメ」でさえあればそんな負けてないかも?という印象。この値段で大したもんです。近所の「鮨芳」さんとかにもランチ行きましたが、「赤貝」とか特別な「サバ」とかは仕方がないですけど、「オススメ」のものであれば、こちらも大差なく感じました。
a0041150_0333531.jpg

とっても旨い「しまあじ」、そして「つぶ貝」。次は「金目鯛」「真あじ」「シイラ」で、その何かよくわからない「シイラ」って美味しい。
a0041150_031237.jpg

a0041150_0342035.jpg

季節の五貫盛、「ヒラマサ」「イカそうめん」「生しらす」「車海老」「鰻」、これも悪くなかったです。「しまあじ」と「シイラ」をおかわりして「たこの唐揚げ」、これで2000円ぐらい。JRのスイカでも払えます(笑)。
a0041150_035245.jpg

a0041150_03550100.jpg

リハーサルはそういうことで7時半過ぎには終わったので、武蔵野近辺で探検に行くことにしました。素晴らしいテノールだったので気分も爽快です。前回は怪しい中華の「大黒屋」さんに行きましたので、その時にちょっと気になっていた「鰻」「ふぐ」などが看板の割烹「一力」に行ってみました。バス通り、文化会館の近くです。
a0041150_0371727.jpg

「鰻」を食べに行ったのですが、「お刺身もオススメよ」と女将さんに言われました。ご夫婦でやっているお店、アットホームな感じ。きっと常連になったら何でも作ってくれる(笑)、私の大好きなタイプのお店でした。鰻定食2160円、これにお刺身がつくと3300円の定食になります。滅多に来ないから、この際オススメは食べてみましょう!お刺身つきです(笑)。
a0041150_0363420.jpg

こんな感じで来ました。左はお新香と、サービスの煮物。この煮物がまず美味しいですね。温かみのある家庭の味です。お刺身も種類豊富に、マグロなどもネタが良い。
a0041150_0375141.jpg

マグロの隣がアジだとわかりませんでした。そのぐらい身が厚かったんです。当然旨しです。生タコも良いですよ。シメサバも美味です。なかなか良いじゃないですか。家の近くにあったらしょっちゅう行きますよ。で、鰻も来ました。
a0041150_0381910.jpg

いわゆる「飲み屋の鰻」ではありません、良かった~めでたし。むしろ上品で「野田岩」のような方向性です。脂ものっていますが、ちょっと薄い?ちょっと小さい?それは値段を考えればあたり前。今どき2200円でこの鰻だったらかなり良心的だと思いますよ。肝吸いにも大きな肝が!
a0041150_040415.jpg

お刺身もとったからちょうどいい、いや、かなりおなかいっぱいになって(笑)ヤバイです。コレ「鰻弁当」とかにしてもらって、楽屋で食べられたら(笑)とても嬉しいかもですね~~。山本一力氏の色紙も物語っています。
a0041150_0384819.jpg

「一力」さん、温かな気持ちになりますし、ぜひぜひ再訪したいと思います。鰻にこだわったからだけど、普通に「天麩羅定食」「お刺身定食」もあって、リーズナブルにも食べられます。また仕入れによっては「大鰻定食」というのもあるようですね。
by masa-hilton | 2015-07-05 23:46 | 日々の出来事
<< フアン・ホセ・デ・レオンさんの曲目 筆不精!まずは・・・・高松に行... >>