「ほっ」と。キャンペーン

リハーサル、編曲など順調、涼しくなってきたし

ホントに無精者でございます。このネット世界では生きていけなくなって行きますね~、機動性がない!大分涼しくなってきたので、日本橋の「宇田川」さんにも楽に歩いて行けます。「ヒレカツ」とても美味しい!
a0041150_1103345.jpg

大好きですね。大好きなものは「鰻」と「ミートソース」。鰻はいつものようにご近所の「喜久川」さん。雨谷さんのお嬢さんが先日食べに来ましたが、その後ずっと絶賛していたそうです(笑)。
a0041150_1111192.jpg

松坂屋の「銀座鳴門」も行きます。少し小さめだけどタレのお味が良い。いつもの通り。
a0041150_1114985.jpg

そして新橋で「鳥かど家」の鰻!「松」です。安くて旨くてデカイ!やめられません。
a0041150_1142878.jpg

というわけで「鰻屋さんに通う」という行為のために、私は活動的な日々を送っているようです(笑)。

変わり映えはしません。ミートソースは「トーキョー・パスタ」さん。何か私の言ったことを取り入れたりして、味を少し変えたんだとか。これで頭1つリード、ミートソースでは1番のお店になりました。まずは美味しいサラダ!普通に出てくるサラダでも、ここが1番じゃないですかね?
a0041150_1154989.jpg

山盛りですね。「東京ミートソース」はより濃く甘くしたそうな。私の好みドンピシャです。もうキングです!やめられません。旨いな~~こりゃ!
a0041150_1161871.jpg

幸せなお味。これでこそ個性が光る!大満足でした。

暑い日は目の前にある「ぐるとん」、「チキン・チーズパン粉焼」のランチも重宝。これも美味しいですよね。
a0041150_1191846.jpg

ところで、9月の頭にある益子侑さんとのレコーディングの準備も順調です。演奏会では生のゆらぎやバトルチックなアンサンブルも楽しいですが、レコーディング、それもソナタとなると解釈の齟齬があってはいけませんので、慎重に。この日は休日だったので人形町、開いている店少なめ。「オステリア・ブッビーノ」でランチ。まずは大好きな「フォアグラのプリン、メロン風味」です。超旨いです!
a0041150_1211038.jpg

前菜の定番、「鯵のミルフィーユ」、アジを主体としたバリエーションを重ねたものでこちらも美味しい。そしてアボガドのタルタル。
a0041150_124439.jpg

a0041150_1243821.jpg

タルタル旨し!そうだ、ここのシェフは「イル・バンボリーノ」時代、私が「タルタル王」と名付けたんだっけ(笑)。パスタは自家製のパスタのミートソース風。ランチだから「子羊の腕肉」ではないです(笑)。
a0041150_1261777.jpg

メインは熟成肉のビーフ。そしてデザート。
a0041150_127188.jpg

a0041150_1274975.jpg

特別に注文したわけでなく、普通に頼んだランチでこれだけのものが出てくるのは素晴らしい!シュトラウスも熟成されますね。

リヒャルト・シュトラウスのヴァイオリンソナタはピアノも難しく、交響詩を思わせる音の厚さと華麗さもあり、ちょっとウルトラセブンにも似ているので(笑)、ついつい勇壮にガッチャーンと弾いてしまわれがちです。若いころの作品と言えば歌曲の「朝に」「夜に」とかに示される、崇高でいながらとろけそうなロマンティックな情感が、全ての意味で長いブレスで歌われていく、あの表現がここにもしっかり生きています。歌曲での経験値を活かしたロマンの香り高い演奏を目指したいと思います。本質的な解釈がしっかり届くと良いですね・・・・頑張ります、ぜひお楽しみに!

管理人さんが訪ねてきてお鮨の「江戸浜」。こちらも美味しいですね。この日は大将の握りで旨さも倍増。
a0041150_12965.jpg

「大トロ」も旨いけど「貝類」が充実。
a0041150_1293457.jpg

a0041150_130151.jpg

a0041150_1301659.jpg

この季節に「サンマ」「イワシ」がナマで旨い。
a0041150_1311444.jpg

「タラバ蟹」のハーフも豪華に美味しく。二杯酢で戴きます。
a0041150_132593.jpg

「宴会用」のセレクトとして銀座の「ichi-jyoji」を偵察。古民家風のバルです。行くこともあるんだけど「Aux amis des vins」(オザミ)とかも店としてあまり好きでないので、チョイ苦手・・・。この手の店は皆、味は悪くはないんですよね、美味しかったりもするんです。でも店として苦手(笑)。パテは好物、特に肉系のテリーヌは好きだし外れも少ないので、この選択は正しかった。普通に旨い。
a0041150_1342439.jpg

アサリの漁師風。パブリカ・ソースは無難、何しろアサリ、小さくないか?(笑)。
a0041150_1344954.jpg

「鹿肉のワイン煮」は無難に美味しい。ここでやめておけば良かった。「子羊ハンバーグ」はしょっぱ辛くて。
a0041150_1363633.jpg

a0041150_1365716.jpg

誉めるべきところは多く、ネットでも評価は高いようですが、フレンチならばもう少しメニューに工夫があって欲しいしソースが単純、学生の弾く表面だけが煌めいているショパンのエチュードのようで、もっともらしいが個性も理念も薄く虚しい時間を感じます。評価の高い理由の1つとして安いということはあるでしょうが。不味くないので別に良いのですが、苦手な店は面白いことに客層も苦手(笑)なので通えない。大体バルは嫌いだ。ちゃんと料理を出せっつーの。この日も少ないメニューなのにあれができない、これができない、言われました。最近は人間が円くなって、こういうときに「キツイひと言」が出なくなりました。そう言えば今時、怒ってる人も少ないですよね(笑)。それも良いのか悪いのか。

人間が円くなったのではなく、寝不足で元気がないのかもしれません(笑)。朝5時ぐらいに寝る時も多く、寝る前に「磯丸水産」に行きました。と、いうのも最近「天下一」さんのお味が、がた落ちです。かなりひどいですよ。正直なものでお客も少ないしクーラーも壊れていて(笑)、すっかり足が遠のきました。午前4時、この時間に起きている母親にたまたま電話をしたら、ピンピン元気で「あたしも行くよ」と言われ、やって来て「おおごと」になりました(笑)。お互いすごく気を遣っているのですが、親子で考えかたが完全にズレているので、いつも大変なことになります(笑)。少なくとも「早朝に誘うのはやめよう!」と思い知ったのでありました(笑)。
a0041150_138329.jpg

「蟹味噌」を頼み、とにかく朝4時半から貝を焼く親子。もう・・・・アホです(笑)。
a0041150_1392916.jpg

小魚の唐揚は悪くない。あとは「なす」などを戴きます。何かイマイチだなあ、飽きたという感じでもあるけど。
a0041150_1415938.jpg

a0041150_1425799.jpg

なんだかんだで高くなるし。しばらく再訪はないでしょうね。

こうして「天下一」に行かなくなると、牛丼の「松屋」さんとか重要になりますね(笑)。私は学生のころ「松屋があれば生きていける」と思っていたぐらいですから、わりと懐かしく食べられます。「カルビ焼肉」とか。最近だと「ガーリック・チキン」、味は濃いけど深夜だと活力もあります。
a0041150_146992.jpg

a0041150_1471732.jpg

ジャンクついでに、早朝まで我慢すれば「六文そば」で「ゲソ」「コロッケ」そばがあります。こんなんですから、私はグルメとかじゃないんですよ。偏食!好き嫌いがはっきりしているだけです。
a0041150_149168.jpg

「立ち食いそば」は学生時代よく行きましたね~。芸高生は皆でお昼は「小諸そば」だったのです(笑)。それもあって、懐かしく楽しかったりするのですよ。やはり庶民の味が良いというか、中途半端にお洒落な店は苦手。歴史を感じさせてくれる店も良いですよね。銀座でレッスンをした帰り、松屋は松屋でも「松屋デパート」の上の「上野精養軒」で「ハヤシライス」。これはお気に入りです。
a0041150_1493190.jpg

ステーキもろとも、ハヤシ・ライスに変身!ソースを思い切りかけちゃいます。
a0041150_15068.jpg

コレは旨い!普通と言えば普通だけど、何かね、落ち着くんですよね。さらに資生堂に行き、「プリン・ア・ラ・モード」、これもイイんです!こういうのが好き!
a0041150_1503776.jpg

これってお爺さんの好物シリーズじゃないの?イエス!若いやつにはついて行けんのじゃよ、フガフガ。
by masa-hilton | 2015-08-24 23:29 | 日々の出来事
<< さあて、準備は整いました 月刊ショパン9月号 好評連載と... >>