さあて、準備は整いました

ヴァイオリンの益子侑さんとのレコーディングにむけて着々。ナミレコードの満川さんとは新橋の「鳥かど家」さんで打ち合わせ。
a0041150_14152874.jpg

あいかわらずでかく旨い「松」。素晴らしい!美味しい。あと「鰻の汽車ポッポ」というショウガの煮つけもサービスしてくれました。
a0041150_1416751.jpg

a0041150_14165420.jpg

リハーサルのほうも充実してきて、音楽的な内容豊かなものになって来てます。スレンダーでセレブな益子さんとのランチは、イメージとは違うヘビーなものもしばしばで(笑)鰻もあったね。それは私に合わせてくれている?のかもしれませんが(笑)、実はご本人が「スタミナがつくものが食べたい」と言ったからです。もちろんこちらは願ったりかなったり(笑)。例えば「燈花」さんで。希少部位を集めたランチです!
a0041150_14173349.jpg

美味しい。スタミナも付きますね。「宇田川」さんでは「トンテキ」。
a0041150_1417583.jpg

こちらはランチのキングです。すばらしい!旨いし。ここに来ると当然デザートは三越に行って「クラブ・ハリエ」のバームクーヘン。
a0041150_14191580.jpg

これも旨いですね(笑)。そして私のダイエットはレコーディングが終わってからですね。

今回は有名曲ばかりですが、例えば初めて見るような未知の曲でも、ちょっとでも表現に曖昧なところがあれば、楽譜を見直してみるとすぐ解決。楽譜の読みだし方、基礎力というかヨーロッパ音楽の伝統をちゃんと勉強しておいた賜物ですね。全てがスッキリ解決して中身を濃く成熟させることが出来ます。恩師たちに感謝です。

私のレッスンに来る人は、とても実力がありながら成果が上がらない人とか、間際でリサイタルを成功させたい人、今度こそコンクールで入賞したい人など、理由のある人たちばかりで、そのほとんどが私の所に来ると目標を達成させています。それは私が魔法使いで才能に溢れているのではなく(笑)、悩める人たちの多くが基礎と伝統を忘れてしまっているだけの話なのです。それを思い出せば大抵は解決です。中には才能がない人もいて(笑)、「そりゃ無理だ」と私になじられて、実際私の予言通りに成果を上げられない人もいますが・・・。それはそれで人生を見きわめる必要があります、マジで。

アマチュアの人もよく訪ねて来ますが、この人たちはちょっと「たち」が悪い。せっかく教えても「アマチュアだからそこまでやりたくない」とか「そう弾くと楽しみが薄れる」とか言うんですね(笑)。そんなおかしな解釈で弾いていて「楽しい!」と宣言していること自体、極端に才能か知性か感性が欠如している表れですから(笑)、もともと救いがないのかもしれないけど、さらに本人たちがそれを「良し」としているのでオーマイゴッド!基本的に独創的なものが良いことであることは少なく、例えば日本では「個性的なピアニスト」と言われるサンソン・フランソワでも、オールド・スタイルのフランスのピアニズムの継承者であって、実は異端児ではないんです。もっと伝統を学び敬意を払うべきだと思います。

おまけにこの人たちはとても紳士的であって、東大や京大を卒業されて、現在も「日本の頭脳」ともいうべき最先端を行く有名人ばかり。なのに「そんなふうにいくらやっても無駄なんですよ」と正論を言っても(本来ならば中学生でもわかりそうなことなんだけど)納得してくれません(笑)。私はこういう性格なので、直接彼らに「先生たち、本当はバカなんでしょう?(笑)」とかハッキリ言っているんですが、彼らも爆笑するだけで流しちゃう・・・・困ったもんです。頭が良すぎて、普通のことが理解できないのかなあ?普通にちゃんとやれば上手くなるのにさ(笑)。でも和気藹々ですよ(笑)。彼らは日曜日に来るので、イタリアンが満席でなければ美味しいものも食べられますが、大抵は普通に中華になってしまいます。「香港美食園」。高級中華ではないけど美味しいですよ、何しろ安いし(笑)悪くないです。話も弾みました。
a0041150_14204181.jpg

a0041150_1421288.jpg

a0041150_14212243.jpg

a0041150_14214699.jpg

a0041150_14221875.jpg

a0041150_14224799.jpg

a0041150_1423236.jpg

お料理もそうですが、演奏も自分のためのものではない、誰かに楽しんでもらう「奉仕」の行為なんです。アマチュアだろうがプロだろうが、子供だろうが大人であろうが、この気持ちなくして舞台に立つのは迷惑行為の何物でもない。さらにクラシックは伝統芸術であることを忘れちゃアカンし・・・だからそんなに「面白い」というものではないんですよ、ピアノは(笑)、もともと。

そんな私でも「世界陸上」は楽しみました。凄かった。もちろん努力もですが潜在的な身体能力の差はありありですね。こういうように結果がシンプルなものは残酷でもあるけど、明快で良いと思います。そして日本のオリンピック、競技場も含めて心配ですよね。エンブレムにしたって!!デザイナーさんたち、これこそもっと個性的で、独創的であるべきでは?そもそも誰にでも思いつきそうなものを作り過ぎ。って・・・・この場合は絶対イカンでしょう!そうそう、アマチュア・ピアニストの皆さんはこの分野に行かれたらいかがでしょう(笑)?独創的なことが命!ってジャンル、まさにここにアリ!いかが?
by masa-hilton | 2015-08-31 14:46 | 日々の出来事
<< またしてもホロヴィッツ秘蔵録音が! リハーサル、編曲など順調、涼し... >>