「ほっ」と。キャンペーン

月刊「ぶらあぼ」の取材

次回の「ぶらあぼ」には3台ピアノのコンサートと新しいCDの取材があって、インタビューが掲載されます。昨日はその取材、会社のほうにお伺いしました。インタビューアーは高坂はる香さんでしたので、お詳しいインドの話やカレーの話も出て(笑)とても楽しい時間でした。

「ぶらあぼ」は昔は神保町にあったので、その辺りの懐かしグルメも楽しかったのですが、今は九段下。また一味違う美味しいお店がある立地ですね。美味しいかどうか、食べていないのでわかりませんが、このネーミングは気に入りました(笑)。
a0041150_18135174.jpg

そして取材のあと、ここのところ時間もなく行けなかった「鳥かど家」さんにどうしても行きたくて、全部ぶん投げて駆け込んでしまいました。美味しかったです!やはり最高!
a0041150_18143836.jpg

この鰻ですよ!食べたかったのは!とてもとても立派なので、ついつい逆方向からも撮影してしまいますね。ふっくら肉厚の鰻です。そして安い!
a0041150_1815330.jpg

サイドの煮物も美味しい。肝吸や漬物も好みです。
a0041150_18152770.jpg

a0041150_18154671.jpg

a0041150_18161030.jpg

「鳥かど家」さん、新橋にあるのですが、駅からは飲み屋街&風俗街を通り抜けなきゃなりません。したら、あるヤバそうな風俗店、店の外まで男性客が並んでいました!ビックリです(笑)。あそこに並べるというハートの強さってスゴい(笑)!それも、かなり「ゆったりとした」ご様子でしたし。「ゆったりとした」と言えば、シマウマの脱走劇!捕まえようとしていた人たちの投げ縄とか・・・あれはかなりのユルさだと思って見ていましたが、そのユルさが無計画に池に追い込んで、シマウマを死なせてしまったというわけですよね・・・・シマウマかわいそう過ぎます。

ということで、「ゆるキャラ」に代表されるように昨今は「ユルい」ことが美化されておりますが、本来の退廃的な空気というか「デカダンス」をそこに感じた次第。ちなみにシマウマのニュースは世界に配信、これはまたユルさとは真逆にキツイ!!
by masa-hilton | 2016-03-24 18:19 | 日々の出来事
<< ロゼ・コンクール 本選の審査でした 月刊「ショパン」4月号 対談は... >>