月刊ぶらあぼ・5月号のことなど

月刊「ぶらあぼ」5月号の巻頭のインタビューのほうに取り上げていただきました。(写真はディスクユニオンさんからお借りしました、学生時代から通っているCDショップです)
a0041150_3252945.jpg

まだまだ老け込んではいられない(笑)。未来に向けて頑張ります!

また同時に、プロデュースさせていただいた益子さんとのCDも、各紙にて大変好意的な評をいただきまして、厚く御礼を申し上げます。本当にありがたく皆様からお力をいただきまして、若い人との内容のあるCDの制作も、一つのライフワークとして続けてまいります。

そしてあらためまして、九州の地震、お見舞い申し上げます。地震おさまらず、想像を超えた大災害に膨らみつつありますね。私たちの職業、私たちの存在は、皆様の幸せの上に成り立っていますので、このブログで活動状況などを書けば書くほど、空気が読めていないような誤解を受けそうな感じもあります。通常の「これ食べた」みたいなノー天気な記事はしばらく自粛したいと思いますが、こういうときこそ、それぞれの立場で自分のできることを、全力でやっていくしかないとも思うのです。ですので活動のことやイヴェントごと、対談のご報告などはいつも通り、前向きにアップしていこうと思います。また私で被災地にお役に立てそうなことは、ここで報告することはなく、個人的に考えていきたいと存じます。

情報としてテレビなどでも全く言っていませんので、有効なものを1つだけ。エコノミー症候群は私も長い旅があります上に、血圧の問題なども抱えていますので、いつも注意と準備を心がけていますが、アスピリン(バイアスピリン錠など)を飲むことが有効です。もちろん健康に良いかどうかは別問題、副作用もありますので大きな声で言えることではありませんが、エコノミー症候群による不慮の死は回避できるので、ピンポイントで私は必ず服用しております。これは友人のお医者さんが「裏技として」教えて下さいました。
by masa-hilton | 2016-04-20 23:26 | ニュース
<< 月刊「ショパン」5月号 桜も盛りころ 結婚式 >>