長野のサロンコンサート、おかげさまで大成功

長野のショパン協会支部でサロンコンサートにお招きいただきました。本当に昔の貴族の館のサロンのような、アットホームでピアノを愛する人たちの集いでした。過去には外来演奏家も訪れています。
a0041150_1515216.jpg

サロンですからお話ししながら、曲も結局直前まで決めきれず、1時間15分、時間が来たらそこでやめるみたいな形式で楽しくさせていただきました。演奏しました曲は以下の通り。

ファリャ/火祭りの踊り
ショパン/雨だれのプレリュード 作品28-15
ショパン/スケルツォ 第2番 変ロ短調 作品31
ショパン/マズルカ ロ短調 作品33-4
ショパン/ノクターン 嬰ハ短調 遺作
ショパン/アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ
ショパン/別れのワルツ 作品69-1
ショパン/英雄ポロネーズ 作品53
ドビュッシー/奇人ラヴィーヌ将軍(前奏曲第2巻)
ドビュッシー/月の光(ベルがマスク組曲)
ドビュッシー/グラドス・アド・パルナッスム博士(子供の領分)
ドビュッシー/水に映る影(映像第1集)
ラヴェル/道化師の朝の歌(鏡)
ラフマニノフ/前奏曲 嬰ト短調 作品32-12
ショパン/ワルツ第7番 嬰ハ短調 作品64-2


ずいぶん弾いたかも(笑)!おかしいな?子供の領分あたりで終わるはずだったのに(笑)。お話もいっぱいしたんですよ。楽しい時は疲れ知らずですね~。
a0041150_16424621.jpg

というわけでめでたしめでたし!でした。本当にありがとうございました。心から感謝です。
a0041150_16434086.jpg

さてさてこの日は日帰りでした。でも長野は新幹線ですぐですね。近くて便利。朝も早くなく余裕です。
a0041150_1644346.jpg

初めて乗った!グリーン車よりも上の豪華なグランクラス。ほうほう、飛行機のようですな。
a0041150_16443427.jpg

グランクラスは軽食も付きます。行きも帰りもありました。
a0041150_1645188.jpg

でも私は!「鰻弁当」ですよ!この「ウナ弁」、いつものとは違いますね。ちょっと安い、1800円。
a0041150_16452994.jpg

やはり鰻は小さいな、いつものよりもさらに小さい。1800円でこれは少し悲しいぞ。でも鰻だから大丈夫、好きなものは何でも食べられる。
a0041150_16455643.jpg

実はね、前の日も鰻だったんですよ。日本橋の三越のイートイン「いづもや」に行きました。でも翌日朝に「鰻弁当」食べることを予想してましたので、いつもの松ではなく竹で。ワンランク小さいのにしました。ほぼ2500円。開けてみれば半身でした。
a0041150_16463213.jpg

「いづもや」の鰻はいつも書きますが、質は良い、大きさもでかい!でも薄味なんですよね。だから大きい鰻でご飯が見えないくらいだと、美味しいけれど、味の薄い身をいっぱい食べることになるので、少し飽きるんですよね。だからこのぐらいのほうが正解かも?「三越では半身にしよう!」(笑)と、新たな食べ方に満足(後日談、やはり半身はちょいつまらないことに。鰻はやはり多いほうがいいですね)。

話は戻って・・・「新幹線移動中」グランクラスでゆるり。椅子が良すぎて眠れません(笑)、にゃはは。
a0041150_16472312.jpg

そんなで、元気いっぱいに長野に着くと、主催の皆さんがホームまでお迎え!最初から最後まで、本当に細かいお心遣いにあふれた対応をしてくださり、大変恐縮してしまいました。そして豪華な楽屋弁当も(笑)!ホントにありがとうございました。
a0041150_16475422.jpg

演奏会が終わると屋上で懇親会。恒例だそうです。こちらも楽しい。
a0041150_16483174.jpg

ショパン協会長野の支部長の奥村美佳さんです。私が何年も前に、上田でコンサートしたときに来てくださっていて、今回のようなサロンコンサートをずっとあたためていて下さったんだそうです。奥村さん自身ピアニストで、日本だけでなくポーランドなどでも積極的に演奏活動をされています。
a0041150_16492372.jpg

その奥村先生門下のみなさんがコンサートのアシストを。良い環境、心が通じる学び舎で音楽をされている方々は、みなさん素晴らしいお人柄です。音楽をやることによって性格が悪くなった人もいろいろ知っていますが(笑)、それは絶対おかしなことで、温かな心にだけ音は宿ります。本当にそうです。
a0041150_16501953.jpg

そして大騒ぎののち、あわただしく東京へ帰ります。帰りもまたグランクラス、洋食弁当のサンドウィッチ・アゲイン。食べてみます・・・な~んちゃって、実は行きも食べちゃってました(笑)。十分に美味しい。
a0041150_1651993.jpg

早く東京に帰れましたので、夜中まで仕事や片づけをして閉店時間間近の「龍盛菜館」。本日は食べすぎなので「あ、そうだ。今年の冷やし中華はどうかな?」と注文。サイドに「春巻」も。
a0041150_16521837.jpg

わ、わ、わ!そうだ、チャーハンもついて来るんだった~すっかり忘れていたっけ。こりゃ大変な量だ。「冷やし」はゴマ味です。悪くはありませんね。例年よりは麺が柔らかめかもです。お醤油味で、もっとモチモチ麺のほうが好きですけどね。
a0041150_16533100.jpg

「チャーハン」は味が濃く、ご飯が柔らかかったかな。ここのお店はやはり「あんかけご飯」か「酢豚」ですね。甘いお味は美味しい。
a0041150_16534436.jpg

「春巻」は上手にパリッと仕上がってました!
a0041150_16545686.jpg

なこんなで、「いっぱい弾いて」「いっぱい食べた」1日で充実していました。CDも「いっぱい」売れました(笑)。ホントにありがとうございました!今日も大感謝。
by masa-hilton | 2016-06-14 16:58 | 日々の出来事
<< 月刊「ショパン」7月号、対談は充実 リハーサルからにぎやかに!超楽しく! >>