南紀串本地区ピティナ・ステップ

久しぶりにピティナに頼まれてステップのアドヴァイザーです。私は未だこのステップというシステムが良く分かりません。どうやらピアノを好きにさせて続けさせたい、ここに重きが置かれているので、アドヴァイスと言っても手心を加えないと炎上するようで、実際に前回は炎上しましたよ(笑)。でも私は意見を変えるつもりはないし、不心得者は滅するのみかと。何より舞台は、お遊びごとではなく命をかけるものだと思っているので、私には不向きなお仕事かも。三舩優子さんにも「やめればいいのに」とか言われました(笑)。

大体「ピアノを弾いたら楽しいよ」というのは大嘘であり、それは結果論であって、ピアノの演奏そのものは楽しいものでもないし楽しむものではない。作品に、聞き手に、芸術に奉仕するもので、そこに喜びがあります。さらにクラシックであるなら伝統の継承がなければ、意味すらないものですよ。少しでも子供たちにピアノを親しんでもらいたい、というのも大事な活動ではあると思うけど、それなら真実を教えるべきであり、そもそもピアノなんていうものは「3度の飯よりもピアノが好きだ」という人だけがやればいいのだし、それだってうまくいくとは限らないのだから。

そんな私だと知っていて、ご指名で呼ぶんだから(笑)今回は本気のステップだということなんでしょう。この地域では初めてのイヴェント。ちゃんとしたホールで行われているのが素晴らしいですね。不真面目な演奏もありませんでしたし、少しでも上達をしたいということなら、私にも多少のお手伝いができますので、一生懸命やらせていただきました。充実した内容だったと思います。めでたしめでたし。
a0041150_23353233.jpg

今回の先生方はみなさん良い人ばかりで、練習を含めたことは修業であり、大変厳しい道だということもわかっていらっしゃるご様子でした。特に最近はリーラムジカという会員制のピアノの先生用のサークルがあって、ここで対談した私のCDが予想を超えた数、出回っていて、これが言いたいことをかなりはっきり言っているので、共感して下さっている方も多いようなんですね。良かったです。

ところで私の最も大変な苦難は、単純に「人の演奏を聴く」ということ。最近はレッスンもやってないし、人の演奏を長時間聴くのに慣れていません。これで今回もイヴェント後に少し体調を崩しました。先生稼業というのもホント大変なことだと思いますよね。神経をすり減らします。

でかける朝は妙に早く、それもかなり早く起きてしまって・・・移動の1日で食事もままならぬと考えて、松屋の「カルビ定食」行きました、朝5時半(笑)。
a0041150_23363892.jpg

ちょっとおなか一杯になりすぎ!

こういう変則的な時間にしちゃうのがいけないんですよね。お昼は新幹線の中で少し遅めの「鰻弁当」、いつものやつ
a0041150_23374640.jpg

いつも食べちゃうんですが、これ、もう少し美味しいと良いね。ウナギはまあまあの大きさです。
a0041150_23384126.jpg

名古屋からレンタカーに乗って行きます。今回はピティナの實方さんがご一緒だったので安心。とくに私は慣れないステップですので、いろいろ助けていただきました。それだけでなく実際の文化面でも深い考えをお持ちなので、お話も楽しい。おかげさまで楽しい旅になりました。串本までは3時間半でしたね。私はほとんど居眠っておりましたが。
a0041150_23431252.jpg

温泉あり、風光明媚でもあり、美味しいものもあり、リゾート地のような串本でした。
a0041150_2344585.jpg

ホテルも完全に温泉旅館です(笑)。洋室タイプで良かったよ。
a0041150_2344322.jpg

この地域で一番のお寿司屋だという「松すし」に行ってみました。評価的には高くないのですが、ここは地元の意見を信じて。この地域はマグロもあり、貝類も豊富。聞いたことのないようなものでも美味しくいただきました。ただ拾ってきただけのもんじゃないの?みたいな貝もあって(笑)。何なんだ?
a0041150_2345188.jpg

とうねん貝?っていうらしい。大丈夫か?
a0041150_23463486.jpg

お、旨い旨い。ま、美味しいから良かった。その辺のごみ貝かと思ったよ(笑)。

ネタのイメージで、お店に高級感はありませんが、それはまた好印象。ほかの東京組の人は赤酢が嫌だったとも言っていました。それはあまり気になりませんでした。「金目のアラ」の煮つけが美味しそうだったので早速。
a0041150_23485390.jpg

地元の魚なら「あら」で5~6000円は高いんじゃないかな?ご主人はとても良い人ですが、自分のお寿司に自信を持ちすぎて、ほかの場所でどんな旨い鮨があるかを知ろうともせず、鼻で笑っているタイプ。清水の日本一の寿司と言われた「末廣鮨」でも、大将はいろいろなことに興味を持ち耳を傾け、ご本人も良くご存知でしたね。この辺りの突き詰めていくような緊張感が芸にないというか、浅いようにも感じられて評価にも反映されてしまうのだと思いました。

もずくは「日本一」と言っていました。九州や沖縄でも美味しいものはありますが、ここのは食感が個性的です。これは非常に良いです。またお酢のお味が甘いですね、特徴のように思います。
a0041150_23502828.jpg

「ゲソの酢味噌あえ」は生ゲソかもっと質の良いものを考えていたので残念。
a0041150_23505959.jpg

お寿司は魚はみんな小ぶり、なのでマグロも感動ナシ。カンパチも腹はナシ。魚だけならいたって平凡、日本橋・銀座近辺のお寿司のほうがはるかに良いです。
a0041150_2352775.jpg

a0041150_23522359.jpg

ただ「ぞうり海老」など珍味は美味しかった。やはり貝かな。貝は旨い。
a0041150_2352555.jpg

「とこぶし」が生で食べられたのは本当に良かった。これは珍しい。もう少し大ぶりならもっと良いけどな。
a0041150_23534397.jpg

「イセエビ」のお吸い物。味噌汁でないところが良かった。
a0041150_2355979.jpg

ラストに巻物は「海老きゅう」。巻物っていえば恵比寿の「松栄」美味しかったな~、また行こう。
a0041150_23573659.jpg

ホテルの朝食はバイキング。やはりお寿司屋さんと同じく、酢のものは甘いですね。これは好みです。美味しかったのは「きんぴらマグロ」「南蛮漬け・ミカン味」。
a0041150_23571562.jpg

「朝カレー」はちょっと子供カレーのようでした。「目玉焼き」を焼いてくれない朝食だったのはちょっと残念ですね。
a0041150_23583242.jpg

さてステップは前述のとおりホールでした。これは良いですよ。ピアノを始めて1年目、みたいな子供が多く、それがみなさん大健闘。あの年齢で1年目ならお見事。そんなこともあって評価は「S」を連発、講評は悪いところだけをメモしました。ステップと言うんだから、演奏に至る学び方こそが重要なのではないかと、私は考えます。

今回のステップでは、本当の初心者が多かったこともあって、伴奏まで神経を使ってメロディと一緒に歌って弾いていた人が少なかったかもしれません。それから基礎的なこと、例えばペダルはもっと細かく踏む、アーティキュレーションの正しい譜読みの徹底などが不足していた人が多かった。自分が楽しもうとした人と、他人を楽しませようとした人では、音楽の質に雲泥の差がつきました。ここ辺りがポイントでした。

というわけで(笑)、私はいたってまともだと思うのですが、「変わっている」と思われてしまい、先生方はいつもながら面白がってくださり(笑)懇親会は盛り上がりました、とても好意的で。特に代表の中村さんはステファンスカ家の弟弟子でしたから。きっと先生の芸術家気質を受け継いでいることでしょう。そういえば楽屋弁当もしっかり、でもちょうど良い量でしたね。これ以上あったら眠くなりそう(笑)、絶妙な量でした。すべてに心遣い細やかで感謝です。
a0041150_23593050.jpg

そして懇親会、場所はホテルでしたのでお食事もいたってオーソドックス。そして温泉旅館風。楽しげな風情が良いですね。
a0041150_002241.jpg

やはり酢の物は同じ味、甘めでした。良いです。
a0041150_015619.jpg

天ぷら蕎麦(笑)。
a0041150_025659.jpg

これは豚肉ですね。
a0041150_03452.jpg

これなんでしょうね?お茶漬けだったのかなあ?そのまま食べちゃった。このご飯だけが、ちょっと意味が分からない感じでした(笑)。
a0041150_043222.jpg

そうそう、デザートのメロンのゼリーがとても不気味で!大いに盛り上がりました(笑)。写真だとかわいく見えてしまうかもしれませんので、載せません(笑)。

帰りも車で名古屋まで、途中のドライブインで朝ご飯。「松坂牛めし」と「伊勢うどん」。さすが「松坂牛」、見た目はやや貧弱ですがお味は良い。
a0041150_05446.jpg

伊勢うどんは濃い甘いたれの「かけうどん」でした。高松の「ぶっかけ」よりは好きかな。
a0041150_063526.jpg

とにかく物事を勉強するって大変。他人事ではありません。ひたすら自分の世界にこもって深められたら、それこそ幸せ。「音楽家はバカがなるものだけど、ピアノはバカじゃ弾けない。ピアニストなんかなるもんじゃない。」とわが師はいつも言っていた!その通りですね(笑)。

体調も戻ってきたので気分転換は「太田鮨」。やはり旨い!お江戸の寿司!粋だねえ~。
a0041150_07511.jpg

たいら貝、赤貝、8~9センチはありますね。旨し!
a0041150_082328.jpg

a0041150_083733.jpg

「煮はま」も同じく。太田さんのを食べたら他所では食べられない。
a0041150_09441.jpg

日本一の「アナゴ」。日本橋には有名なアナゴ料理もあるのですが、私の最も苦手な店です(笑)。世間では高い評判ですが「太田鮨を食べているせいか全く美味しいと思えない」と言っていました。で、私の言うことを信用しなかった太田さん本人がこれを食べに行き(笑)そのあまりの貧弱なお味に言葉を失ったそうですよ。面白すぎ。だから言ってるでしょうが。
a0041150_095847.jpg

ホントに旨いんです、これで癒されました。さて明日から7月、復帰いたしま~す。
by masa-hilton | 2016-06-30 17:08 | 日々の出来事
<< 昨日は餃子パーティー! 日本一の「かきたまうどん」東嶋屋 >>