「ほっ」と。キャンペーン

出雲大作戦

ホントに時間がなくて、ブログが止まっていますね。でも元気ですよ。普通にやってます。食べ物のほうも、毎週3回鰻食べて日々繰り返しでございます。大変だった出雲の学校コンサートも、実は今月頭のことなのに、気分的には半年ぐらい前の感じになっています。

この出雲が何で大変だったかというと、普段あまりアウトリーチやらないので、ディープな学校コンサート仕事は知らない世界!予想を超えていました。18公演というのも凄いけど、問題は楽器のことだ。普段お気に入りの調律師をよんだり、気に入らなければピアノを運んだりしてもらっているからね~、調律なし&アップライトもあり&古いピアノは30年前以上?これが当たり前の体育館の楽器(笑)、もちろん覚悟はしていたから文句はない。でも、そもそもこういう文化のあり方って誰が考えたんでしょうね?音楽教室もね、アーティストがアーティストらしい姿を見せて、初めて子供たちにも勉強になるってもんじゃないでしょうか?ピアノの楽器って寿命8年ですからね、車と一緒です。日本の教育委員会も政治家の皆さんも、まじめに予算をつけましょうよ!政治資金・領収書、散々ごまかしやがってるくせに、ね~、それを考えると嫌になるよね。滅せよ、汚れし者たちよ!(笑)でもね、演奏、必死に死力を尽くしてやってみますと、必ずしも最悪の楽器の時に最悪な結果ではないんですね。面白い。舞台人は全力を尽くすことが命だと、あらためて思い知りましたよ。頑張って良かった!やって良かったし、意義も感じた。聴いて下さる方の心に残るようにすれば、やはり何かは残すことができるようです。

また大変だった理由はもう1つ、この前日までが世界遺産のクルーズだったのです。大洗の港に夜6時半に帰ってくる・・・・この段階で、出雲の朝までに電車や飛行機で移動するのは無理。新大阪まで新幹線で行って、そこからは管理人さん運転のレンタカー作戦を計画。でもそれももし船が遅く着岸したらアウトでした。船の客室で夕方からドキドキ!
a0041150_1415063.jpg

さすがにっぽん丸!6時に着岸するという情報が!すばらしい!30分も速かった!
a0041150_1425439.jpg

でもそれでちょうどよかったんです。普通に6時半だったら間に合わなかったかも。水戸までタクシーで行って、予定通り品川駅で管理人さんと会えて新幹線に。そこにエキナカの「酢豚弁当」が用意されていた!食べ物があって助かった~。さすが管理人さんだ!
a0041150_144466.jpg

新大阪につくと雨です。深夜の高速を走るにはこれもまた障害。山の中は大雨でしたからね。なぜか車種は燃費は良いけど馬力のないスズキの車でスピードも出ない。いやはや。高速をひた走りに走っていますが、時間は遅い。コンサートは朝9時スタートなので、出雲のホテル集合は朝7時半です、間に合うかどうか。ドライブインで戴いた関西の「ぼっかけうどん」!神戸発の「ぼっかけ」は牛スジ肉とこんにゃくを出汁で煮込んだもので、癖になるお味!深夜のお夜食にはピッタリ!
a0041150_147965.jpg

次の休憩はこちら。この蒜山高原では休んでるトラックのおじちゃんたちしかいませんでした。24時間営業でも食べ物はやってませんでした。
a0041150_1492835.jpg

昼間来るときれいなところで、美味しいものもいっぱいあるようなことを聞きました。

何だかんだあって出雲のホテルには朝6時半に到着。シャワー浴びてすぐ出発。この日から1日3公演ずつ!それも午後3時には終わっている(笑)。普段から睡眠時間少ないから、強行軍の初日も意外に平気だったよ。2公演と3公演の間に学校で目立たないようにお弁当、まさに仕事してるって感じだ(笑)。ちなみに月曜日。
a0041150_151181.jpg

火曜日。
a0041150_15219.jpg

水曜日。
a0041150_1523716.jpg

木曜日。
a0041150_1533535.jpg

金曜日。
a0041150_1544685.jpg

また月曜日。
a0041150_156357.jpg

ホテルの朝ごはんこそ毎日同じで、あまり食べるべきものがない。ただし火曜から金曜までは朝カレーがあったので助かった。ある朝はこんな感じ。
a0041150_1574975.jpg

またある朝は・・・・同じや!
a0041150_1582718.jpg

カレーのない日はこんな感じ、お子様ランチのよう(笑)。
a0041150_1585581.jpg

でもホテルはとても広く快適だった。大浴場などもあったし。それに夕方からは自由行動。この辺りはのどぐろが美味しいところだし、まず着いたその日は管理人さんと慰労会!管理人さんの運転がなければ、この仕事は穴があいていました。大感謝!よくぞ無事着いたし、無事弾いた~。めでたし!で、前知識はなかったけど、やむを得ずネットの評価を信じて「出船寿し」に行きました。
a0041150_20890.jpg

a0041150_203597.jpg

のどぐろ、ヒラマサなど現地のお魚がズラリ!旨い!
a0041150_214160.jpg

a0041150_22172.jpg

白イカやアワビなども美味しい出雲!当たりで良かった「出船寿し」。
a0041150_23185.jpg

a0041150_233634.jpg

ここのお店の特徴は見た目の仕事がきれいだね。どれも美味しそうで癒される。ただし、都会のお寿司とあまり変わりないので、美味しいけど特別な感激はあまりない(笑)。
a0041150_241989.jpg

トロも美味しかったけど、たこ、ウニなども良し!
a0041150_25597.jpg

a0041150_2546100.jpg

のどぐろアゲイン!
a0041150_275026.jpg

ホッと一息の時間、ホント落ち着きました。めでたしめでたしだ。

火曜日からは管理人さんも東京に帰り、車もないので、ホテル近くで食べるように探しました。気になった店はありますが飲み屋が多い。それは困るので、やはり寿司かな?と「呉竹鮨」に行きました。こちらは松方弘樹さん風のかっこいい感じの大将で、ちゃんと好みを見抜いてくれる。お店の雰囲気も良い感じで、好きなタイプのお寿司屋さんだった。「出船寿し」も美味しかったけど、総合的に「呉竹鮨」が好きかも!魚の塩焼きや煮魚など、お料理も上手!またお醤油が九州のように甘いたまり!これが嬉しい。

もう最初の「ひらまさ」から段違いに旨い!
a0041150_84678.jpg

マグロの子供「よこわ」をタタキで。東京人には珍しい。
a0041150_8471191.jpg

結局「トロ」とかは築地からきているということで、ちゃんと近海で漁れたものを出してくれている。
a0041150_850586.jpg

鯵やカニや全部美味しいのだけど、主役の登場。「白イカ」と「のどぐろ」の炙り。これは絶品だ。
a0041150_8512930.jpg

「サザエ」と「うに」も主役だな。
a0041150_85211100.jpg

a0041150_852331.jpg

a0041150_8532237.jpg

そして「のどぐろ」の塩焼!超旨いです!!これも凄い!
a0041150_858022.jpg

お1人様なので3分の1戴きます。最後に「バイ貝」と「のどぐろ」の生!

a0041150_8572198.jpg

大将に「いつ休みか」を聞いて、ひたすら毎日行きました。今日も「呉竹」明日も「呉竹」で、大将もビックリ。ここは常連になりたいお店だし、何しろお料理が旨いのだから!気に入ったら毎日毎日同じものを!~これが「私」なのです。

日によって大将が付出しを変えてくれます。お気に入りのバイ貝の酢味噌和え。
a0041150_913665.jpg

「のどぐろ」の卵を出してくれる日もありました。美味しい!
a0041150_9181464.jpg

お寿司は私の定番通りでエヴリ・ディ。日によっては「くえ」なども出ます。
a0041150_942490.jpg

a0041150_94523.jpg

a0041150_954462.jpg

a0041150_961628.jpg

「サザエ」は外せませんね。コロコロと漁れるそうだし。
a0041150_97882.jpg

「のどぐろ」は私がしっかり注文した「生」より、大将が黙って出した「炙り」が断然旨い。というわけで大将のする通りに、毎日「炙り」で(笑)。
a0041150_9132291.jpg

のどぐろは「煮つけ」の日もあり!煮つけも旨いね。「呉竹鮨」が上手いとも言える!
a0041150_9222737.jpg
最後にヒラマサと白イカをアンコールして、「梅きゅう」で〆る・・・・いつの間にかそういう事になっていました(笑)。
a0041150_9241030.jpg

a0041150_9244641.jpg

毎日行ける店を見つけられて本当に良かった。落ち着くし、ハードなスケジュールも全くハードに感じません。一緒に行ったメンバーと懇親会?打ち上げ?で食事会となったときも、全員が私が毎日通う「呉竹鮨」を希望!毎日通うなんて、驚いたんだろうね。メンバーは若い「パパス弦楽四重奏団」。
a0041150_9591618.jpg

彼らはアレンジして「マリオ」とか「スターウォーズ」「トトロ」とかをやっちゃうんだよね。子供たちの笑顔が炸裂!でもファミリーコンサートではないのだから、音楽教室としてはどうなのだろう?と最初は思っていたりしたんだけど、どうやら音楽教室も最近は様変わりして、そういう曲が主流のようだ。むしろニーズに応えているかもしれない。そこでアレンジなどに凝って、より質の高いものを目指していく・・・・質が高ければそもそもオッケーなわけだし、お若いのにトークなども上手で手慣れていましたね。

今や教育現場も、例えばピアノのレッスンだって生徒がお客様化している。生徒のためを思って叱ったりするとパワハラとか言われてね(笑)・・・・そういう子はどうせ大成しないし、それで良ければそれで良し!と、こちらもエネルギー節約(笑)!必死でもないものを上手にしてやる義理もなし!と割り切れれば良いけど(笑)、あくまでも伝統文化を守ろうと生きちゃうから、むしろ本格的なものをより真剣にやらざるを得ない。結局自己満足なのか?ただ損しているだけか?と自問自答しちゃうけど、世代的にはそれが本能のようなものになっているので、若い優秀な人たちと共演して新たな感覚に接するのは良いよね。

というわけで、彼らとの共演も毎日楽しいし仲良しになった。この段階で懇親会でもないので、美味しいものを食べる目的に集中して「呉竹鮨」で宴会となる(笑)。私の定番を出して戴いた。せっかくだからゲソの焼き物や天麩羅も!
a0041150_1015095.jpg

a0041150_10153198.jpg

お寿司にはみんな大感激!
a0041150_1016579.jpg

a0041150_10172317.jpg

a0041150_10175310.jpg

a0041150_10182934.jpg

途中でナマハゲのようなのが乱入。お酒をごちそうされたら、謙虚に最敬礼してたのがおかしい。
a0041150_10434334.jpg

a0041150_1019129.jpg

a0041150_10193664.jpg

「斎藤さんのどぐろおかわりしていいですか?(涙目)」「どうぞどうぞ」
a0041150_10204594.jpg

「僕はサザエとバイ貝だな」
a0041150_10214761.jpg

a0041150_10224190.jpg

a0041150_10233858.jpg

のどぐろの塩焼きも、3分の1は尻尾になったり真ん中だったり。どこも旨い!
a0041150_9204138.jpg

というわけでハードではあったけど、有意義だった1週間でした。土・日は休みだったので出雲大社にお参りに行きました。次回はそれを書きますね(笑)。
by masa-hilton | 2016-10-31 10:25 | 日々の出来事
<< 出雲の休日 また~打ち合わせラッシュ >>