遅くなりましたが、月刊「ぶらあぼ」2月号で「メランコリー」好評を

月刊「ぶらあぼ」2月号では「メランコリー」が大変好評をいただきました。
a0041150_16280882.jpg
私の好きな曲ベストワンはセヴラックの「ロマンティックなワルツ」かもしれませんが、実は裏ナンバーワンがメンデルスゾーンの「春の歌」。昔からこの曲の世間での軽々しい評価に憤りを覚えていました。メロディと調性がからみあって色合いを変えていくあたり、モーツァルト以来の天才の筆だと私は信じてやみません。同時に弾き手の能力が問われる難しい曲ですよ。メンデルスゾーンって数少ない天才ですよね。

コンサートで弾いたときに、ヴァイオリニストの金関環くんに絶賛されました。「こんな素晴らしいのはめったにない、昔のギーゼキングみたいだよ」って(笑)。私にとってもギーゼキングの「無言歌集」というのは憧れの演奏の1つ。そこが通じ合ったのでしょうね。オタクの琴線でしょうか? ホロヴィッツ、そしてドワイヤンの妹さんのジネット・・・・この辺りの演奏は素晴らしいのですが、最近はこういう味わいというか、高い技術力を駆使した演奏での「無言歌」って、全然弾かれないんですよね、残念すぎます。

金関くんのほめ言葉で調子に乗って録音してみたのですが、こうしてここがツボだとわかってくれた高坂はる香さんの慧眼にも感謝。ピアニスト仲間では近藤嘉宏くんが良いと言ってくれました(笑)。これからもオタク魂(笑)~琴線を求めてGO(笑)。

by masa-hilton | 2017-02-20 16:02 | ニュース
<< 「下校時間のクラシック」大成功にて 月刊「モーストリー・クラシック... >>