高松に行ったりと

ダイエットをしているとリバウンドがあるわけですが、それも一応なく進んでいます。ただ宴会や打ち合わせが入るので、ダイエットの進行は速くない。でも何となくひもじいのか(笑)、思いつきでいろんなものが食べたくなります。

で、食べたくなったのが「ジャンボ海老フライ」。そこそこに大きいのではなく、名古屋で有名なような、赤ちゃんの腕ぐらいの大きさのやつ。我が家の周りでは「海老フライ」なら断然「小春軒」です。海老も美味しいし3本だし、1400円は他所の店よりお得。値段のほうは現在わかりません、ここの所、行ってないんですよ。

甘酒横丁の入り口にあった唐揚げ屋さん「とり多津」が閉店になって「かつ竹」というお店が出来ました。同じ資本らしいですね。唐揚げもイート・インはイマイチだったから、店が変わるのもやむなしです。「かつ竹」さんはランチには安いカツもあって、一部では「紙のように薄い」という評価もあるし、値段からいけばそれが当たり前でしょうから。ここで「海老フライ」を食べてみました。お味噌汁でなくて肉団子汁というのは面白いね。
a0041150_10411895.jpg
a0041150_10414502.jpg

でも海老はヒョロヒョロしてますね。衣の感じも苦手なタイプ。これで1300円は嫌かな。再訪は無しでしょうか。

検索すると上野・御徒町に「ジャンボ海老フライ」というか特大の海老フライで有名な洋食屋さんがありました。これは行けますね!「宝亭」さんです。ランチタイムでも特大エビフライ食べられます。2200円!2本ついてくるから・・・・ま、そんなもんかな。
a0041150_10421837.jpg

確かに普通よりは大きいし、腕も確か。美味しいと言えば美味しいのだけど、求めているものとは違う。少し太めの大きめの海老。人形町には美味しい洋食屋さんもあるので、わざわざここまで食べにくる理由もナシかなあ?この海老フライならば「ボントン」さんで良いね。

そんな中、高松にレッスンに行きました。土曜に移動だったので混んでいましたね、空港。いつものように崎陽軒の「シュウマイ弁当」にしようかと思ったのですが、ふと気まぐれに空港特製の別の「シュウマイ弁当」。以前これ、ものすごく不味かったんですよ。最近どうかなと思って。
a0041150_10424637.jpg

あああ、ヤバイ。見るからに不味そうや!
a0041150_10430832.jpg

やはりかなりイケませんでした。私には買ってはいけないお弁当の1つかもです。そういえばどこかの給食で、生徒たちが不味いと言っている上に異物混入のニュースがありましたね。ガキンチョに身勝手に生意気を言わせるのは良くないと思うのですが、これは話が違う!子供の時には美味しいものを食べるべきですよ。文化を理解できない大人に育ってしまいます。大体、癒着しているのか何だか知らないけど、不味いものを出す業者って(笑)ダメでしょう?他の業者に切り替えるも、遠慮して?力関係で?引き受けてくれないとか・・・・こういう話には腹が立ちますね~。

さてレッスン、なんか久しぶりな感じ。というか、久しぶりに自分じゃない人のピアノを聴いた感じで、ちょっとショッキング。別に突き詰めて上手じゃなくても良いけど、音楽に対してずさんな受け止めが不思議(笑)。音楽は最終的には素敵なものなんだし、もともとはそれが好きでやっているわけなんでしょうから、そういうことを感じないで弾いている人がいる!というのを、久しぶりに思い出しました。大事なことは、音楽にほれ込んでいるということですよ。フランスに一緒に行った子なんかは、一皮もふた皮もむけて成長。やはり文化的な環境というのも必要ですね。

お昼はいつもの「水仙」に行きました。ここで「極み」という「海老天丼」があって、それを「海老フライ」にしてもらいます。常連の特権。1本1200円!これを2本(笑)。
a0041150_10433610.jpg

これはでかい!かなり満足!満足なんだけど、もっと太くて大きい海老も食べたことがある。なかなか望み通りにはいかないけど、ま、いいか。

夜はこちらもお気に入りのイタリアン「ミオ・パエーゼ」。創作イタリアンという感じで、個性的なメニューでハズレがない。高松で一番のお店だと思いますよ。本当に美味しい。今回はここの「ピザ」が目当て。いわゆる「おつまみピザ」みたいな感じなんだけど、これが本格ピザに負けないくらい旨いんだなあ。とりあえずダイエット中だから、何を頼むかは熟考して。

で、地元のコウイカの種類のハリイカの「朴葉バター炒め」。美味しいね!食感も素晴らしい。
a0041150_10440199.jpg

朴葉の香りが豊かで、生臭さやバター臭さなど嫌のものが何もなく、お味もマイルド。好みで言うとニンニクがジャガイモのようにローストして入っていてもいいかな?って感じだが、それなら!次は「アヒージョ」。地ダコとムール貝を使ったもので、これもまた絶品。
a0041150_10442932.jpg

ムール貝の臭みもなく、そして何とガーリックもあんまり感じない。感じないのに味わいが良くて、本当に旨い!素材との相性もバッチリだ。たぶん女性客のために臭わないニンニクの使い方をしているのだろうけど、それをうまく補えるっていうのがお見事
!さすがだ。そしてお目当ての「ピザ」。
a0041150_10445545.jpg

さぬきの夢という地元の小麦を使っているのだけど、その生地がマジ旨い。4種のチーズにしたけど、それも正解。チーズのバランスも最高だった。

今回は「クレメント・ホテル」で、この辺では一番の良いホテルできれいだけど、こうして外で食べるには遠いんだよね。歩いた歩いた。このホテル、いけないのは朝ご飯が不味いことだ。正しくは1階のバイキングが不味い、だからお昼に来ても不味さは一緒。地方に来たら必ず食べる「朝カレー」も、ふた口しか食べられなかった~参った。
a0041150_10451535.jpg

唯一良かったのは、このあたりだと朝ご飯に「讃岐うどん」が置かれているんだけど、薬味のほかに天麩羅も置かれているのは、なかなか良いね。
a0041150_10455286.jpg

昔はパンの種類がいっぱいあったんだけどね、最近はこれもショボい。でもダイエット中だからオッケー。

二日目のお昼はまた「水仙」に行きました。この日は「天麩羅の盛り合わせ」。普通のサイズの海老ですが、とても美味しい。やはり大きければ良い!というわけではないね(笑)。
a0041150_10461780.jpg

サイドにとったのが「アジの三杯酢」。お刺身ぽい生のアジの酢の物を考えていたのだけど、何と!塩焼きサイズのアジが3尾!のどに骨が刺さった!(笑)
a0041150_10464227.jpg

美味しいけど、ちょっと・・・これはもういいかな!って感じだった(笑)。「こちらではアジの酢の物はこんな感じなんだよ。驚いた?」って女将さんは楽しそう。

東京に帰って、時間ぎりぎりで「江戸浜」さんには入れた。「江戸浜」さんは先日の「下校時間のクラシック」にもいらしてくれて、そんな話で盛り上がる。お寿司は相変わらず美味しい。高松の帰りに「江戸浜」というのは、わりとあるパターン。まずは「カニの酢の物」。酢の物はやはりこういう繊細な感じがいいね。
a0041150_10471168.jpg

「トロ」と「サメガレイのエンガワ」、サメガレイは珍しいから嬉しいね。旨い!
a0041150_10473723.jpg

「大トロ」「たい」、いつもの「サザエのつぼ焼き」。
a0041150_10475222.jpg
a0041150_10475850.jpg

「江戸浜」さんならではの美味しい貝を色々。
a0041150_10482876.jpg

これも珍しい「トゲシャコ」、下仕事が難しいということだけど、新鮮でおいしいね。「アジ」「アイナメ」等々。大満足。
a0041150_10485355.jpg

一応これで「海老フライ」中毒は収まりました。それを証拠に「富士㐂」ではトンカツ!
a0041150_10502265.jpg

いつもの厚切り。お値段にしては美味しい。ま、ささやかに幸せ。
by masa-hilton | 2017-10-20 11:02 | 日々の出来事
<< 11月頭、群馬で恒例のコンサー... 活動事後状況 >>