イル・バンボリーノの復活を願う

バタバタしていると食生活がいい加減になりますから、そこで気楽に確実にわがままに、美味しいものが食べられるレストランが大事です。まさにそれが「イル・バンボリーノ」さんだったのですが、台風でビル自体が壊れて閉店。お店は人気でしたから、お店が一番ショックだろうし驚いただろうけど、何とか復活を望みたいところです。

そんなだから思いもかけない場所に行きます。あんまりいかない飲み屋チェーンの「北海道」。まあ困ったときの「北海道」という感じだったけど、最近はあまり美味しくなくなってきちゃって、全然行っていません。昔はね、現地のお刺身とかを食べられたりするメニューもあったりして、良かったときもあったんだけどね~~。

「イワシ」の天麩羅。イワシはイワシだ(笑)。いつも思いますね、刺身にしなくてよかった。
a0041150_18064859.jpg
「たまねぎ」の天麩羅のほうが美味しかったね。これは良かった。
a0041150_18070853.jpg
「さつま揚げ」は普通。「鹿肉のロースト」は、ローストビーフのノリだったんでしょうね。スモークしたハムのような風味です。
a0041150_18072834.jpg
a0041150_18074945.jpg
でも食べられる場所が時間で開いているのは助かります。トンカツの「富士㐂」さんも。ヒレカツを食べてみました。
a0041150_18081806.jpg
少しお高め。お値段が高いと、ここに来る価値はあるかな?と考えちゃいます。厚切りのロースは安いから、旨いとも思える。
a0041150_18090052.jpg
でもこれはお得な感じですよ。人形町内では、あまり美味しいカツはないので。

夜中は「磯丸水産」にもね、行きますよ(笑)。本当の夜中は凄いですよ、作っている人に日本人がいないんです(爆笑)。私の頼んだ「マグロ丼」も南の島の黒い肌のお兄さんが、ニコニコしながら刺身を作ってくれました。
a0041150_18100290.jpg
でも私は結構こういうの好きなんです。ヨーロッパに行っても、外人がやってる変な日本食!好んで行きます(爆笑)。あ、あとは「アジフライ」ね。この手のお店は「アジフライ」、わりと美味しいんですよ。
a0041150_18102008.jpg
もちろん朝の「六文そば」にも、まだ行ってますよ!ゴボ天とゲソ天のお蕎麦、好きです。
a0041150_18093907.jpg
夜中(早朝)と言えば「天下一」もたびたび。「麻婆豆腐」は見るからに、お安い中華のジャンクなメニューといった風情をかもし出していて哀愁すらある。しかしこれは悪くない。寒いときは特に良いね。
a0041150_18121548.jpg
普段「酢豚定食」ばかり食べている感じのある「龍盛菜館」での「エビチリ定食」もまた、安い中華のイメージがするビジュアル。そしてメッタラ味が濃い。
a0041150_18131848.jpg
味が濃いんだけど、妙にニンニクがたっぷり利いていてクセになる。特別に美味しいわけでもないのに、たまに食べたくなってしまうのだ(笑)。中華と言えば、土・日にお店が休みなところのご主人たちが多く食べに行く店「龍鳳」。私はほとんど行きません。箱崎のエアターミナルの中にある中華です。これがなんか人気なんですよね。有名なのが「タンタンメン」。
a0041150_18133070.jpg
正直全く理解ができません(笑)。ちょっと参ったなあ~という感じですらありました。でもとても人気(笑)、美味しいと言っている人多いです。私はもっと違う感じに美味しい「タンタンメン」を食べたことがあって、そっちが好き。餃子も、変わっていましたよ。四角いんです。
a0041150_18134117.jpg
こちらの味もイマイチかなあ(笑)、申し訳ない。普通に「鶏カシューナッツ炒め」、こちらも普通ですよ。
a0041150_18134811.jpg
ランチの「うま煮ライス」系のものが美味しいんだという話。それもまた全然趣味が違うかも。「天津飯」は私の好きなタイプの感じでしたので、万が一再訪した時はそれを食べてみます。趣味が違うと言えば、甘酒横丁の「ピッツァ・ダ・バッボ」、ホントに久しぶりに行きました。これもバンボリーノがないからですよ。
a0041150_18141448.jpg
生ハムメロンならぬ生ハム柿、これは普通に美味しい。そして見た目が超美味しそうな「テリーヌ」!
a0041150_18143665.jpg
ボリュームはとてもありますが、厚切りハムみたいな感じでしたね、良く言えば素朴に肉肉しい感じ。いつも満席な人気店なのが不思議だと思って見てたのですが、やはり最近は空席もあるようですね。不味いことは絶対にありません。けど、もしかしたら家でも食べられそうなお料理系です。私の好きな「ミートソース」(笑)、ボロネーゼを頼んでみました。
a0041150_18145798.jpg
これも「イタリアン」的なこだわりがなく、アルデンテとか、そういうものでもなく。1960年代だったと思うけど、渋谷の地下鉄駅にあった「つばめグリル」、これが今の「つばめグリル」かどうかわからないけど、そこで食べたミートソースに似ていたので、私は懐かしく食べられました(笑)。「ゴルゴンゾーラのピザ」はちゃんと窯で焼いている。
a0041150_18151900.jpg
でもこれも普通な感じ、悪くはないけどね。もっともっと美味しく個性的な店がいっぱいありますよね。ビジターにまかせて行ってなかったけど、やはり最初の印象通りでしたね、残念。もう再訪はないかな。

やはりバンボリーノがないから…で、新しくできたバンボリーノの3号店!に行ってみました。これが残念なことに焼肉屋なんですよね。どっちみちイタリアンやらないなら、鰻屋にして欲しかった(笑)。「マンツォヴィーノ」という名前です。
a0041150_18180041.jpeg
やはりテリーヌ!全然違う!美味しいじゃないですか。野菜はピクルスで出されます。普通の「韓国の焼肉」とは一線を画していますね。
a0041150_18174227.jpeg
これも非常に美味しいです。店先で売ったら良いのに。さすがさすが!そして「牡蠣のクリーム煮」。こういうイタリアン系のものは、もちろん外れようがありません。
a0041150_18181537.jpeg
そして「焼肉」、いわゆるタレもイタリアン踏襲したもので、それなりに美味しく、お肉はシェフが直々に焼いてくれます。
a0041150_18183193.jpeg
でもね、あれだけの美味しいお料理を見事に作っていたシェフが、テーブルでお肉を少し不器用そうに焼いているのは、やはり残念過ぎる。大体、焼き過ぎだし!シェフなんだから、もっと魔法のように(爆笑)!!ナマのように風のように焼いてほしいね。ま、私は生肉が好きだからね。〆はガーリックな石焼の焼肉ライスで。
a0041150_18184478.jpeg
3号店「マンツォヴィーノ」も悪くはないけど、やはり1号店「イル・バンボリーノ」の復活!早いとこお願いしますよ。また美味しいピザやパスタを戴きたいです。

by masa-hilton | 2017-11-10 20:44 | 趣味&グルメ
<< CDリリースの準備、写真を撮り... 12月の楽しいコンサート >>