鰻はデカく、タレはしっかりと甘いのが好き

まあ、何を今さらですが鰻好きで毎週3度は戴くような感じ。スキだから何でも良いという部分もありつつ、やはりデカイのが良い。「デカイ鰻」が「良い鰻」かどうかはわからないですよね。鰻の名店に行くと、お年寄向きじゃないか?と思うほどに、パサパサと脂が落ちているところもある。どちらかと言えば私はギトギトが好き(笑)。小ぶりな鰻出された時ほど、テンションが落ちることはないです。

神田須田町「きくかわ」の「特選丼」は大好き。大きいし美味しいが・・・でも高い。鰻頻度が高いので、普段使いで食べる鰻としてはね(笑)、やはり3000円台でせう~。
a0041150_15084688.jpg
その意味で新橋「鳥かど家」は最高のお店。いつも行くお店なんだけど、久しぶりに行くとその美味しさに感動してしまう。ホント美味しかったね。人形町に支店を出してほしい。毎日でも戴きたいお店だ。
a0041150_15080732.jpg
これは「竹」。3000円しない。すばらしい。「肝吸い」の肝も大きい気がしますね。「鰻の汽車ポッポ」なる煮こごりも定番。
a0041150_15081782.jpg
a0041150_15082794.jpg
最近よく行くのは新富町の「青葉」さん。濃い味のてんこ盛りが嬉しい。鰻を食べる幸せを感じさせてくれます。
a0041150_15073773.jpg
a0041150_15074792.jpg
食べごたえもあって、元気になりますよ。上品で薄味で、そんな鰻はもう食べないぞ。鰻はガッツリ行きましょう。

by masa-hilton | 2017-04-23 14:18 | 趣味&グルメ
<< 人形町で朝カレーとしたら 御徒町のディープゾーン再び >>