普段がいいと

私は社交的なように見えるのだけれど、本当はそうではないのです。だからパーティーとか宴会や接待は苦手。もちろん親しい人たちとの会は別の話ですが。けっこう、正直なところが顔に出ちゃうところが未熟者というか(笑)、歳を考えてもかなりヤバイ。普段が外食で人形町・日本橋のレベルが相当高いから、かなりゴージャスな接待をされても「うちの近所が旨い」と思ってしまうことも多々あり、どうもそれが顔に出ているらしいんだよね、ヤバくないか?とても失礼だし(笑)なるべくご辞退する方向が一番、でもそれでは人の輪も広がらずよろしくない。

お祝い事があってちょっと気分転換にコレドに入っている日本橋「鰤門」に再訪。一流なお寿司を比較的リーズナブルに戴けるお寿司の有名店だ。前回はテーブル席で一皿一皿出されるのが珍しく、好印象だったけど今回は普通という感じでした。行った時間が悪かったせいか、ちょっとシャリがホカホカというのも、一流店にあるまじきナメた姿勢だと思いますね。と言いつつ再訪はしたいお店なので、ぜひ改善されたし。
a0041150_14470393.jpg
a0041150_14473586.jpg
a0041150_14480554.jpg
キューブ状のガリ、大好きです。見れば見るほど崎陽軒のお弁当のタケノコに似ている。
a0041150_14483649.jpg
これという特徴はないのだけれど、吟味された素材のお寿司。セレブな空気は漂ってますね(笑)。そういう意味での充足感はあって、心静かに落ち着きます。
a0041150_14494103.jpg
a0041150_14501412.jpg
a0041150_14504424.jpg
a0041150_14513315.jpg
a0041150_14521563.jpg
a0041150_14524514.jpg
a0041150_14534238.jpg
a0041150_14541247.jpg
a0041150_14544281.jpg
でも結局そのあとに行った「江戸浜」さんで、味に関しては全然負けてないし、むしろ美味しいと思ってしまうんだよね。ガチャガチャした中で、やや会話も品がなくしている中で、一見粗雑そうに見えるけどそんなことはない。両方に行った管理人さんも同意見だ。またその会話の主が次期ノーベル賞候補の博士だったり、日本橋老舗の社長さんたちだったりするので、実は粋で手ごわい客筋に半端な仕事が許されるはずもない。
a0041150_14592577.jpg
a0041150_15000239.jpg
a0041150_15015937.jpg
貝類は特にオススメ。
a0041150_15030846.jpg
あら煮も最高!煮魚の味つけが江戸前なのです。
a0041150_15035217.jpg
普段がいいというのは、それが当たり前になってしまうと幸せだけれども、感覚も鈍る。何事にも感謝の気持ちが必要ですね。太田鮨にもまた行きたいなあ。

by masa-hilton | 2017-05-10 11:58 | 趣味&グルメ
<< レコーディングに向けて 萩原貴子さんのCD制作佳境に >>