レコーディングに向けて

今月末、何と豪華!銀座ヤマハホールで新しいCDのレコーディングを3日間行います。今回はソロCD。デビュー40周年にリサイタルを行うのも良いのですが、記念に残るもののほうを選びました。

曲はお弟子さんや共演者、そして周りにいる人たちから「それいいね」「それもっと弾いて」とリクエストを戴いた曲の中から選んでみました。シューマンの謝肉祭、プーランクのナゼルの夜、スクリャービンのワルツです。全編舞踏会のような、夜会というか、インヴィテーションを差し上げるような感じの豪華さもありますし、夜のイメージもあり恋のイメージもあり、ロマンティックなCDが出来上がるのでは?と楽しみにしています。

個人的にはパーティーならば幽霊船の舞踏会のような(笑)、レトロな豪華さと怪しさや妖気が出れば良いなあと思います。スクリャービンのワルツと言えば今は「かわいい若い女の子もきれいに弾いている」ようなレパートリーですけど、これほどセクシャルなものと結びついている曲はありません。生あたたかい肌から立ち上る蒸気のような(笑)、昔のピアニストはその辺りをちゃんと弾けるんだから凄い。シューマンもプーランクもそのお祭りの中に実在の人物が登場してきますので、表向きはロマンティックでステキな描写でも現実感があり「明確な悪意」なども盛り込まれているのです。過去の名演奏家たちも、そこを捉えた人たちだけが「大人の演奏」というか、1つランクの上のものを弾いていると思います。なかなか手ごわいですね(笑)。実在の人、現実の行為そのものを描くということは、作曲者にとってはナマナマしいことなのでしょうけど、時を離れた私たちにとっては、まさに死者たちの舞踏会そのものになります。亡くなった人がパーティーに来ていて、キスをされた夢を見たことがありますが、その感触の冷たかったことが忘れられません。もしかして、その夢がこの選曲に結び付いたかもね(笑)。変なアニメの見過ぎかもしれません。

さて人形町は神田明神のお祭りの合同祭。小雨が降っていましたが、そんなことは関係ない。
a0041150_16195459.jpg
久松町や小伝馬町のほうでも、お神輿が!!
a0041150_16194545.jpg
江戸っ子ですが「お祭り野郎」ではないんです。性格はお祭り男っぽいかもしれないけど、人が集まるところが嫌いだし(笑)。人が集まるところが嫌いで、よく演奏家などやっていますよね。人間の持つ矛盾こそがすばらしい!人生そんなものです。

CDは年内にリリースの予定です。ぜひお楽しみに!!

by masa-hilton | 2017-05-14 15:25 | 音楽・雑記
<< 今年もやります!杉並公会堂での... 普段がいいと >>