「ほっ」と。キャンペーン

ライヴなライヴ

さて、今日はBS日テレの収録最終回が無事終わりました。山下アナ、本当にお疲れ様。曲は簡単にした「別れの曲」ですが、両手の経験がないとさすがに難しく、苦労されていました。今回はディレクターが、ジャック・ルヴィエ門下のパリで学ばれたピアニスト出身の方だったので、だいぶ私の労力は軽減されました(笑)。しかしそのディレクター姫が少しやせられたかのような・・・・(笑)。とにかく素人が普通にピアノを弾こうってえのも大変なのに、いつも短い時間内での収録。これは基本的に無理なことなんですよね。ピアノは煮込み料理ですから、時間をかけてゆっくりと。これが肝心ですね。でもよくできました!

で、プロはどうしてるかっていうと立川のコンサート。たとえばアンコール曲の「エリーゼのためならず」という曲(爆笑)。どういう曲なのかまだ決まっていない(笑)。22日のリハでみんなで作りましょう・・・・ってさすがにジャズの人は言うことが違う。でもクラシック組も、昨日僕はヘアーサロンで及川さんから・・・・「どのパートを弾くんでしたっけね?」みたいな電話。ライヴなライヴに期待が高まるじゃないですか!でもこれで前回の前橋のデュオみたいに、リハに行ったら2人で同じパートを弾いていた!みたいなことはなさそうだし。でも今回けっこう難しい曲ばかりで・・・・三舩さん曰く「初見でパッと弾けるレベルの曲じゃなかったね(泣)」。つまり曲を決める時に即断だったけど、中身を確認せず題名だけで決めてた私達だったのじゃ(笑)。いやあ、楽しみだなあ。がんばります!
by masa-hilton | 2006-03-21 00:56 | 日々の出来事
<< NHK出演予定 単発ものですが >>