リリーとヴェロニカ

a0041150_21262561.jpg11月の話ですが、我が家にリリーとヴェロニカという2体のお人形が来ました。今や我が家への来訪者は、すっかりこの話で盛り上がっております。もともとアンティークものが大好きな私は、小物等や古びたものに囲まれて生活しているのです。

リリーは約4年前に引越してきた当時、近くにアンティークドールの博物館(全部売り物)を見つけ、「なんて美しい人形なのだろう」と一目で魅せられたお人形です。店は多くの人形が置かれて少し怖い雰囲気ですが、リリーは階段の所にある古い人形ケースの中でけだるく座っていて・・・・12万円!高い~σ(^◇^;)でも家田紀子さんからは「絶対いつかは買うことになるよ」と予言されて(笑)。その後も時間があるとそこにいって眺めてはいたのですが、このたび閉店セール!ついに買ってしまった。リリーはすでに魂や霊体を宿している感じですが、何の違和感もなく静かに心地よく来るべくして来たかのようにしています。また音楽が好きらしく、私たちが演奏した後には紅潮している時がたびたびあります。最近はレッスンが始まる前に「すみません、きょうは下手です」とリリーに謝っているお弟子がいるくらいですから(笑)。同じような人形をその後何体も見ましたが、けっこう出来は良い方だと思います。ただ霊能者の方が、左目の脇から光をあててはいけないと言っていました(笑)。歩き出すんでしょうか?歩いて欲しいなあ。

a0041150_2126425.jpgヴェロニカはリリー購入の際、思わず衝動買いした人形です。ウチのは2000年に300体造られた第90番目の子で、もともと陰鬱な気を感じさせるうつむいた人形でした。そのころ嫌な人たちに遭遇して辟易していたということもあるのですが、その鬱たる表情に愛情を注ぐことによって、共に楽しい気分になれそうな気がしたのです。ところがヴェロニカはウチに来るとどんどん表情が変わり、みるみるかわいい子に変化してきたのです。おまけに玄関に向けて置いてあるのに、気がつくと私がいるキッチンの方を向いているし、表情も少しずつ上向きになって来ていて、先日写真をとったら歯が生えているようにも写りました。足立さつきさん等にも「やあ、ヴェロニカ」とか挨拶されてごきげんなのか?いずれにしても不思議なパワーを感じさせてくれる、こちらも来るべくして来た子だったようです。そして後日あの嫌なことをした人たちは、にわかに不遇な状況から抜けられなくなられたり、亡くなられたりしました。怖い話ですが。

そして私が死んだら、家族もいないのでこの子達はだれかに形見わけされるのか?それとも共に焼かれるのか?・・・何かいろいろ考えてしまいました。人形もペット同様、家に来たら最後まで大切にしなければいけません。とても大事にしていますが、いずれにしても彼女達は今後とも妖しく、私の人生と共に苦楽を感じつつ、熟していく思いやさまざまな念をその姿の中に受けとめていくのでしょう。
by masa-hilton | 2004-12-26 09:25 | 趣味&グルメ
<< いまからですが、熊本(有明楽器) いまさらですが、足利! >>