「ほっ」と。キャンペーン

2・14事件(泣)

私は常日頃、はやりの健康茶「ジュアールティー」を飲んでいるのですが、昨日これを煮出している時に薬缶をひっくり返して、なんと熱湯を右半身に浴びてしまいました!体や腕は無事だったのですが、右の手のひらと中指&手首に大量の熱湯が!!!

「家庭の医学」によれば「30分は冷水を流して冷やすように」とあったのでそのようにしましたが、真冬の水が冷たくてこれも苦痛!しかし冷やすのを止めるととたんに痛みがジンジン。おかげさまでケロイドや水泡等は出来たりしなかったので、薬局に行っても「とにかく冷やすのみ」の治療しかなく、冷却スプレーを購入。これがまたシミて痛い。

やけどって痛いんだね。この程度で大騒ぎだけど、火事やそれこそ戦争やテロで負傷された人の想像を絶する痛みを考えて、さらに心も痛みました。一晩冷やしてオロナインH軟膏ぬって痛みも少し引いたところです。しかし1日前だったら本当に大変だったよ!リサイタルにやけどではピアノは弾けない(泣)。でもやらなければならないし多分やっただろうし言い訳はできませんからね。夕べも編曲の仕事が山積でしたが、結局鉛筆が持てませんでした。

その13日のヤマハホールのコンサートはチケットも完売状態で大盛況に終えることが出来ました。皆様には心から厚く御礼申し上げます。会場の温かい応援に支えられて楽しく終えることが出来ました。今だから言えますが、実は2・11にちょっと特殊な声の外来テノールとのコンサートがあって、その「超・気を遣うPPPPPのアンサンブル」で終演後に右手がつってしまうというアクシデントがありました。たまたま現場に遭遇し事情を知っていたファンの方は、13日は祈るように応援して下さっていたのだと思います。筋肉のアクシデントはとても大変ですけど、そういう言い訳をせずに終えられたことにホントに感謝です。ホッとしました。こうして何やら事故がおきるのも忙しすぎるからだと心配して下さる方もあります(*^_^*)

リサイタルや大切な演奏会を、周到な準備と余裕を持って出来るというのはうらやましいし、その達成感を味わうのは1つの喜びです。でも1つ1つのコンサートで達成感を感じているようでは、未熟者だし逆に思い上がりのようにも思えるのです。本来は弾けなくなった時や死の瞬間に達成感を得られるかどうかということでしょう?苛酷で忙しい環境の中で演奏をしていけることこそ、だれもが夢見ている演奏家人生なのですから。そしてそれは大変厳しい道であり、望んで出来ることでもないし、出来たとしてもその状態を維持するのが奇跡に近いことで、多くの方に応援していただき支えていただかなくてはありえないことです。今こうして忙しい中でリサイタルをできる幸せをかみしめて感謝をして、まだ皆様の応援やご期待にはお応え出来てはいませんが、これからもさらにがんばりたいと存じます!どうぞ皆様、今後共よろしくお願いいたします♪
a0041150_1714479.gif
さてさて↓の転倒事件から数えて、腕つり、やけどと災難3つになりましたぁ!! いよいよ打ち止めでしょうか(笑)?・・・・・いや、打ち止めでおねがいします。お祓いも必要でしょうか?

それにしても痛いよ、やけどは・・・・(泣)
by masa-hilton | 2005-02-15 08:12 | 日々の出来事
<< 3度目の正直ならず 2・06事件(笑) >>