月刊「ショパン」8月号に原稿と取材で

月刊「ショパン」8月号は「譜めくり」の特集だそうで、ならチャチャさんに聞けば面白い話も山とあろうにだけど、譜めくりさんとのことは色々あるよな~。事件簿に載っている様々な爆笑エピソードからマジ困ったこと助けられたことや、つかの間のマル秘なロマンスまで。そのようなマジメな原稿を依頼されています(笑)。どうぞどうぞお楽しみに!

その同じ8月号に立川でのピアノ三銃士のネーミング感謝企画、ボクとミフネでご接待!も載ります。こちらも楽しいお話を今半のステーキを囲んでやりました。名前を考えてくださった方は音大生の人、今卒業試験に向かってバーバーのソナタを勉強中とかで、夢多き未来のピアニストですね。高松の人だそうで「田舎ですけど高松に来てください!スルーしないで!」と言ってくれたんだけど、呼んでくれれば明日にでも行くんだよ(笑)。

ところでボクのファンの人たちって宴会やお食事を僕のツケで(笑)するのが普通なんだけど、けっこう他の演奏家の皆さんはガード固いんだね!なんか一般的には珍しいことだということで、このように取材になったわけです。ピアニストの皆さん、ファンとの食事会は楽しくていいモンですよ~。ストーカーの人とも平気平気!ストーカーの人はおごってくれるしね(爆笑)。

さてミフネとは、そのあと人形焼だのプリンだの和菓子だのと、食欲ゆえの買い物のために人形町を縦横無尽に走る走る~(笑)。目立つ・・・・。
by masa-hilton | 2006-06-08 00:03 | ニュース
<< 松山のサロンコンサート&レッスン ラヴェルの水の戯れ   アナト... >>