九州では、しっかり仕事をする!

さて、もともと九州は北九州の明治学園主催のコンサート、それも3回公演でスーパートリオでお邪魔したのでした。生徒さんたちがとても感じがよく、楽しかった。有難うございました。

a0041150_15585660.jpg最初の日、8日の本番後は、雨も凄かったので宿泊したホテルの中華にした。小倉のリーガロイヤルの中華「龍鳳」は広東料理だった。ま、何料理だろうと赤坂君はビールジョッキが8杯と紹興酒2合をスイスイ、「明日もあるからね」と遠慮気味に飲んでいた。チョイ甘めの酢豚がうまい!ザーサイがうまい!あとは「蟹の子のシュウマイ」がとてもおいしかった。他の料理も含めて、また行ってもいいなと思えるレベル。でもホテルでの中華は、ホテル内で1番平均的に収入が見込める場所。だからどこも力を入れているせいか、あまりはずれないね。あとのイタリアン、フレンチ、鮨、和食・・・昔と違って超一流シェフは自分の店を構えているし、仕入れにこだわりは不可能、そして値段は高い・・・と、普段の食べる楽しみのためには出かけていかないものだよね。でも広東料理は久しぶりだった。最近は四川の店とか辛い系が多くて、甘い味が好きなボクとしては嬉しかったのでした。満足。

a0041150_15594144.jpga0041150_164317.jpg次の日9日は本番を終えて福岡に。福岡と言えば「いかの活き造り」を食べるしかない!フグと言われる方も多いが、このイカは東京では食べられない。福岡でもポピュラーになってきたのは最近で、昔は高級なところに行かないと食べられない極秘料理(笑)だったよ。でもこれは本当にうまい!絶対だ!今ではそこら辺の飲み屋でも食べられるので、お試しあれ!もともとは呼子の名物。そして「いかの活き造り」の元祖と言えば「河太郎」。この中洲店の場所は風俗街のど真ん中だけど、うまいし超有名。ボクの大好きなホテル、グランド・ハイアットに泊まればすぐの所だよ。透明なイカをそのままいただき残った部分は天ぷら、塩焼き等々に、これもうまい。今回は伊勢海老の活き造り、こちらは残った部分を味噌汁にする、そしてひらめの活き造り、残った部分を煮物にしてという定番のコースで満足。河太郎の呼子の店にも行きたい。

a0041150_17273730.jpg福岡の泊まりは西鉄グランド。リニューアル後、久しぶりに泊まったけど部屋は良くなっていた。立地条件も良いし福岡ではお気に入りのホテルの1つ。ただ朝食は品数が少ないね、今時ありゃダメだろう。今は知らないけど昔大阪のヒルトンの朝食が豪華だったのよ、それを最近はよそが真似してるって感じなんだけど。ホテルの周りのブランドショップでブルガリのピンクの時計を発見!確かに品が良いし、かわいい店員さんにしつこく薦められたけど、今持ってるのが壊れてからだよね、やっぱり(笑)。いくら「夢響き」を安く買えたからって、ボクはネ、あの輸入家具を買わなければならないんだ(笑)!あ、でもキーフォルダーは壊れていたっけ(笑)。で、それを買う。見た目は重そうだけど軽い。おおお、良い良い!即ご愛用で満足満足!

a0041150_16312895.jpgさてお昼は浄水の方に出かけて、アンティーク店を併設しているお洒落な「花染由」に行く。少し甘めなしょうゆが良い。タイの刺身や揚げ出し豆腐のそぼろあんかけ等、見かけだけでなく思いのほか良い味だった。味噌汁にもう少し工夫があればと思ったが、お昼だから上出来としよう。アイスクリームは特許出願中とかだが、どうだろう?(笑)。ウチの近くのほうじ茶パフェの方が数段うまいんだが(汗)。むしろフグとかのお料理に素晴らしい予感が!夜のお料理も食べてみたいね。飾ってある「お面」にライトアップするのは「店が傾く」邪念を呼ぶのはご存知?・・・・もともと面は顔を「隠す」もの。隠すために魂を与えられしものは、暗き所にあってこその命。光を与えれば「拒絶」の叫びにて家相もゆがむ・・・・普段は黙って帰るが、おいしかったので支配人にそれを教えてあげることにした(笑)。タダでさえ怖いお面が壁に飾ってあったんだよ。

食べてばっかりみたいだけど、ちゃんとレッスンもした(笑)。小さいうちに色々変な癖がついてしまっている子はホントかわいそうだ。きちんと譜が読めて、確実に弾ける子は基礎もしっかりしているから当然進歩が早い。それもついている先生の責任かもしれないけど、ある程度は本人の勉強次第、やる気次第なんじゃないのかな。今回は講師の先生もレッスンしたけど素晴らしかった。講師の先生は忙しいせいもあって、アレだけのレベルを保てないのが普通だから。ぜひピアニストとしても頑張って欲しい。

a0041150_1761015.jpga0041150_176353.jpgささ、夜は焼肉だ。福岡で最も有名な店の「大東園」である。肉だ肉だ~!確かにうまい。それと混み過ぎ(笑)。予約で行ってるんだから待たせないで頂戴よ~。でもとっても満足。内蔵ものの種類も多い。レバ刺も普通、冷麺も普通、センマイも普通、ホルモンも普通、どれも普通の味付けでうまい!「普通においしい」というのは誉め言葉!オーソドックスにうまいというのは、とても価値のあることで大満足!ホント。それを証拠に食べだしたらもう止まらない、量も半端じゃなく食べたが、とっても美味しかった。ああもう、歩けない・・・やはり焼き肉は大好きだなあ・・・そんな感じ。ところでこの大東園は有名だから芸能人の来訪も多いらしいが、ボク的には何が驚いたってドッグフードまで作っているところだ。確かに人間が食べてうまいものは、犬だってうまいはずだろう・・・。

a0041150_16142335.jpga0041150_16213550.jpgそして11日、公開講座の日。仕事が終わってからのちょっと遅めのお昼ごはんは、迷わずニューオータニ博多のレストラン街の中華「大観苑」に行く。前日喫茶の方でプリン・アラモードも食べて満足。一流ホテルのパフェともあればビックリするような値段設定もアリだが、それほどでもないから少年少女にもおすすめできる(笑)。中華はコースにしないで春巻きや酢豚、オイスターソースやチリソースの料理の定番を注文。大阪のニューオータニの中華が以前お気に入りだったが、オードブルの酢の物のおいしさにそれを思い出した。満足満足。落ち着いた。

博多と言えば屋台でラーメンみたいなことばかりの人もいるが、むしろそっちは苦手なんだな~。まだ屋台でうまいものにあたっていないせいもあるけど、落ち着かない。食べ物というのは好みだからこればかりは仕方ないよね。
by masa-hilton | 2006-06-13 00:14 | 趣味&グルメ
<< リーズナブルでうまい中華「佳華... 松山のサロンコンサート&レッスン >>