土用のウナギを「大和田」で

a0041150_14182346.jpg毎日次々と色んな人がやってくる日々が続いているが、今日は調律の花岡さん。新しいピアノの様子を見にやってきた。このヤマハのトップチューナーは我が家に来るのは、半分は「魚久」での買い物が目的なのだが(笑)、さすがに炎天下、今日は生ものは断念で残念でした。

昨日の記事の通り今日は「二の丑」、江戸っ子として土用の丑にウナギを食べるほど野暮なことはないと言いつつ半世紀。でもお昼になって「なに食べる?」と真剣に、仕事以上に真剣に語り合った結果、やはりウナギを食べることにしたのだ。

今日は「大和田本店」のウナギ。我が家からは一番近く馴染みの店。ふっくらとしていて柔らかな肉厚なウナギと、ややまったり目の甘いタレが特徴。一番上の桜はちょっと多いと思うときもあり、普通の場合は上から2番目の松を食べるのが定番と言うのは前述の通り。それにしても今日はさらにおいしかったな。こんな雑な日に良い物を出してくれるなんて、これも粋じゃござんせんか。とってもとっても満足した。ちなみに「大和田」という鰻屋は多い。どこも本店を名乗っているので関連はないそうだが、ウナギの特長はかなり共通している様子だ。

土用の日にウナギを食べるのは初めてだったが、ああ、ウナギにして良かった!ウナギウナギ!毎日ウナギだ。「大和田」万歳~最高だ!明日も行きたい!あさっても!
by masa-hilton | 2006-08-05 00:27 | 趣味&グルメ
<< 閑話二題 味わいの店 「との村」の鰻 >>