休みの日のレパートリー

土日の人形町は店がほとんどお休み。そんな時は用を作って最寄の街に出かけてみる。CD買いに秋葉原へも行くが、つくばエキスプレスの開通や再開発が進み、秋葉原はもはや別の街になりつつある。オタク産業も盛んだしね(笑)。食べ物屋さんもあちこちにさまざまな店がオープン。人も多い。少し落ち着くまでは新しいところにはいけないね。こまごまとした店が並ぶ秋葉原ではファミレスの「デニーズ」も、写真のように普通のマンションの2階にあって笑ってしまった。のぞいて見ればよかったな~。

a0041150_227517.jpga0041150_228589.jpg今日はトンカツの有名店「丸五」に行く。店はカウンターまで満席で混んでいて、強いごま油のにおいが外にももれている。初めてなので、一番高いロースカツの「特」をいただく。ヒレにするか迷ったがまずはロースかな。3センチぐらいの厚い肉、これは食べでがあってかなり上等!で肉の味が濃い。その割には衣が薄い?色も薄いしパリッと行かないのは、油の温度が低いのかもしれない。肉と衣のバランス、さらにその質感は職人の「腕」にかかる。高級過ぎで衣が細かいのもおいしくないし、厚すぎるのは最悪。良い店だがボクにとってはバランス的に肉が勝ちすぎて好みではなかった。ソースは薬膳ぽい香があってくせがあるが、これはこれでおいしいと思った。2050円・・・「はしや」の650円の結構うまいトンカツがあるから考えちゃう。でも呼び水した~。今週は「宇田川」あたりに行くかな。

a0041150_1151522.jpgそれじゃ夜は和食!で、よく利用する「北浜」。この店は接待用の高級割烹の店だが、歴史も古く由緒ある風情だ。人形町に来て最初に行った店がここで、よくわからず値段の書いてない季節の魚を食べて、ものすごい高かった記憶が!選び方も悪くその割には・・・で、この値段を出すならやはり吉星辺りに行くほうがいいだろうし、ホテル吉兆の和食に行くほうが技がある感じだ。ただ味は標準的だし、広々落ち着いていて、デパートの「高級お好み特別食堂」のような感じに使えば便利だ。「うな重」とか色々食べたが、土日に行くとランチの御膳メニューが夜でも食べられるので、よく食べるのが「すき焼き膳」。ちょっとばかしだけど、お刺身もついて2000円ぐらい。もちろんトロトロの肉であるはずはないがそこそこにおいしいので、お気に入りである。「これ1人で食べるの?」と写真を見て驚いた人がいたが、肉は4枚だし普通の量だよ。「高いんだか安いんだか微妙ね」という意見が正しい。でもけっこう満足できるしゴキゲンだ。
by masa-hilton | 2006-08-28 00:31 | 趣味&グルメ
<< なかなか!人形町 「喜久川」の鰻 休日は怒涛の鑑賞 その5 >>