「ほっ」と。キャンペーン

今ひとつの人形市と三重丸のチキンカツ

a0041150_351173.jpga0041150_152725.jpg我家には人形や置物が多いし、好きなので、とても楽しみにしていた第1回人形市。人形町商店街でいよいよ開催されているのだが、どうも今ひとつだ。まず仕上がりの粗末な人形が非常に高い値段で売られているのが気に入らない。鑑定士ではないので、確かなことはわからないが、見るからに美しくない人形が、簡単に1万~3万で売られているのはどうなのだろう?少なくともうちには置けない感じのものばかりだった。怖そうな人形を売ってる店は、売ってるおばさんの顔も怖い(笑)。

お昼は先日おいしかった「かつ吉」の若鶏のカツを戴く。ここのお店のカツの中では1300円と一番安いが、いままで食べたチキンカツの中でおいしい部類に入るものだ。肉厚だし、柔らかすぎず適度な食感も嬉しい。皮とかすべてとられているので、あっさりササミに近いがこれがこの店の強いごま油系の脂っこさにはあっている。このカツはソースはウスターソースで戴いた方がうまいようだ。テーブルにあるウスターソースは市販のブルドック(笑)。充分充分!牡蠣フライも始まっていて食べている人も多かった。牡蠣フライは「三友」以外には考えられない。あとは盛り合わせ定食についている「一口ヒレ」カツが、なかなかおいしいよ。

三越に出かけていって小物を買った。人形市よりずっと落ち着いていて良い。さすが三越。以前買ったマイセンのフラワーベースの色違い、それと変なものといえば不気味な変なものにも見えるが(笑)、ヘレンドの動物ものを購入。細かい気持ち悪い模様が入っていればいるほど高いというのは、一種の遊び心なのかな?エルメスのスカーフだって、よく見るとハエとかいるもんね(笑)。高級品の心はよくわからん。今回買ったのは干支シリーズと同じような小指のサイズものだが、イノシシではなく「亀」。高かったけど、繊細で美しい色合いを一目で気に入った~!
by masa-hilton | 2006-10-17 04:22 | 日々の出来事
<< パエヴィ・ニスラさんのリサイタ... ついに出た「自動譜めくり機」 >>