普通の生活&価値あるスタンダード

いつもの日々。久しぶりにお昼の「太田鮨」に行って親父さんのお寿司を戴いておいしかった。夜はてんぷらの「中山」へといった感じ。

a0041150_1582694.jpga0041150_1585847.jpgレッスンで時間がない時とか、どうしてるかというと交差点の小さな鮨屋「中乃見家寿司」のランチとかが便利。元祖「あぶりづけ」丼はなかなか良いね。あぶらなくても十分美味しいんじゃないの?(笑)ランチの「海鮮丼」系としてはナンバーワンかもだね。三重丸!そして近くにある「ぐるとん」のハンバーグも良い、なんてったって「普通」においしい!これがなかなか難しいのだよ。スタンダードというのはとても価値のあることだ。

さて、今日みたいな中途半端な時間だと鰻の「喜久川」が多い。でも・・・いつも「上」がなくて「特上」と「並」のみ。特上と並は同じ小ぶりの鰻を使って量が多いか少ないかだけ。「上」だけが大ぶりの別ウナギなんだよね。そういうのってアリかな?って最近不満。2800円なんだよ「特」は~何か今ひとつ。そういうシステムなんだから仕方がない。友人が3000円出して疑問に感じる鰻屋には行ってはいけないと言っていたがどうしよう(笑)。うちのマンションの人は鰻は「三好」を薦めていたのだけど、前1度行ったときは焦げ臭く感心できなかったが、また行ってみるか。とにかくボクは毎日のように鰻を食べる人だから、普通気にならないことが気になるのよね~(笑)、こちらが悪いかもなんだけど。

a0041150_252251.jpg最近いっぱいに食べ過ぎているので、蕎麦屋としてはけっこう気に入っていた「金碇庵」の「蛎殻蕎麦」をさっぱり食べた。この店は細めの蕎麦でコシもあり、どちらかというと濃い目の味なので「もり蕎麦系」は割と気に入っている。味の濃さは丼物を食べると明らかで、ちょっと醤油が強いかな。「蛎殻蕎麦」は牡蠣の卵とじみたいなものだからまずいはずもないし牡蠣丼というのもある。が、しかし最初から唐辛子が入っていてボクにはダメだった。辛くしなくたっていいと思うんだけどな。ただこの程度なら一般的にはむしろ喜ばれるのかもしれない。飲んだ後ではこの方がすっきり来るんじゃないのかな?また昨日はオーナーが自分の大好きなバイクの話を大声でしていて、居住性も最悪だったので、食も進まなかったのである。確かに牡蠣の卵とじというのは、なかなかにおいしい食べ方だとは思うしアイデアも贅沢で良い。でも蕎麦としては「東嶋屋」の「たぬき蕎麦」のほうがずっと品格がある感じがするから不思議だ。やっぱりオーソドックスなものがうまいというのは凄いことだ。ピアニストだってそう。近現代曲の難曲もだけど、ショパンの誰でも弾けそうな曲をさりげなくうまく弾ける人こそ本当にうまい人。ホロヴィッツしかり。

そういえばチェーン店の焼鳥屋「鳥元」の「地鶏すき焼き定食」も非常に味が濃く、ここの蕎麦屋になんか似ている。この定食「温泉卵」が乗っていて、それを崩して食べていくのだが、普通のすき焼きのように生卵を別にくれないかなあ・・・(笑)
by masa-hilton | 2006-10-19 02:38 | 趣味&グルメ
<< 洋食「ネスパ」でAランチ パエヴィ・ニスラさんのリサイタ... >>