洋食「ネスパ」でAランチ

a0041150_23441434.jpg歩いていると、何でも売っていた昔ながらのよろづ屋さん「ひろみ屋」が取り壊されていた。レトロな店だったけど仕方がないかなあ。結構何でも高かったしね。飲み屋にでもなるのかなあ。でもまた文化がひとつ壊れた気分。

で、お昼は洋食のネスパに行く。ネスパは大阪に本店をもつ1949年開業の店。名物はコロペットというコロッケみたいなの、実はボクはこれが苦手。理由を言うとご主人が泣きますよ(笑)。コロペットはそのまま食べないといけないんですよ~。僕はソースをかけないとこの手のものは嫌なんです、それだけ。あはは、まずいんじゃないけど、コロッケの中が塩味は勘弁なんだよ。見るとテーブルにソースが置いてない・・・むむむ敵もさるものじゃ~(笑)。

前にオムライスがとてもおいしかったし、ハンバーグも一筋縄でない工夫の味。コクのある味が売りの店です。薄口好きには不向きだ。今日はランチの時間に行ったので、ありきたりのAランチ。エビフライにチキンライスかハヤシライスを選べて890円。安いし何も期待していなかったら、うまい!エビフライがプリプリだし、タルタルソースもとってもおいしい。ハヤシライスはかなり濃めの味ですね。そういえば日本橋付近は妙に甘いハヤシライスが多いのね。これも不思議です。でもここのはスタンダードでしたよ。とても得をしたような、楽しい気分でした。
by masa-hilton | 2006-10-21 00:10 | 趣味&グルメ
<< 土曜日は特別!鰻「大江戸」のい... 普通の生活&価値あるスタンダード >>